KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2019.09.16

約7年ぶりに復活した京急車の特急佐倉行。

D32633.jpg

京急新1000形 1033編成
2019.8.10/仲木戸

▲特急佐倉行として走る新1000形1033編成。土曜日に限り金沢文庫で後ろに4両増結し、神奈川新町まで12両編成で走る
  • [土休日]779H 特急佐 倉
  • 始発:浦 賀757 → 終着:佐 倉1026
  • ダイヤ:2017.10.28修正
  • 備考:品川から快速、土曜日は金沢文庫〜神奈川新町間で後4両増結

土休日779Hは、浦賀始発の特急佐倉行である。2017年10月ダイヤ修正で設定されたもので、もとより同じ列車番号で走っていた浦賀発7時57分発特急青砥行を京成本線方面に延長した格好の列車として登場した。品川から種別を快速に変更し、都営浅草線・京成線内は快速佐倉行として走行。佐倉到着後は折返し快速西馬込行となり、西馬込〜佐倉を往復する運用に入る。京急車が京成線内を快速として走る運用は2015年12月より平日81H運行で設定されていたが、これが土休日にも見られるようになった。

京急線内で特急佐倉行が定期列車として走るのは、2007年12月から2010年7月まで設定されていた平日717H(2010年5月から723H)以来2度目のこと。約7年半ぶりの復活となっている。ここでは同じ特急佐倉行ながら、かつての717Hにはなかった、779Hならではの特徴を取り上げてみよう。

ひとつ目は、12両運転。779Hは、土曜日に限り金沢文庫〜神奈川新町間で12両運転を実施している。717Hも金沢文庫〜品川間で12両となっていたが、大きな違いは増結車の連結位置。717Hが品川方に増結だったのに対し、779Hでは浦賀方への増結となっている。この結果、717Hでは見られなかった、特急佐倉の表示を前面に掲げた12両編成が実現することとなった。717Hでは、金沢文庫で前に4両増結すると8両編成側で表示している特急佐倉の行先表示が増結車で隠れてしまっていたのである。

ふたつ目は、浦賀始発という点。快特や特急の多くが京急久里浜・三崎口発着のため勘違いしそうになるが、浦賀は京急本線の終着駅。そんな京急本線の末端部からの佐倉行というのも779Hならではの特徴であろう。浦賀から京成本線へ直通列車が定期的に走るのは、当列車が史上初めてのことと思われる。

Y53680.jpg

京急600形 607編成
2018.3.31/ユーカリが丘〜うすい

▲品川で種別を快速に変更。京急車ではもはやお馴染みの姿となっている快速佐倉行で京成本線を下る

京成本線に乗入れる京急車と言えば、車両に搭載している機器の関係からかつては原則的に600形と新1000形10次車(1121以降の編成)に限定されていたが、2018年7月より1500形やその他の新1000形も乗入れられるようになった。779Hにおいても冒頭の写真のように新1000形アルミ車がもはや当たり前のように充当しており、京成本線を走る車両のバリエーションを増やすのに一役買っている。

関連記事

四直珍列車研究 106 - 土休日 911T

まもなくダイヤ改正が行なわれる。というわけで、ダイヤ改正直前の恒例にしている消えてしまう珍列車を取り上げてみよう。土休日911Tレは、都営車で運転されるエアポート急行佐倉行である。空港線を発着...

四直珍列車研究 106 - 土休日 911T
四直珍列車研究 104 - 平日 1706K

京成車の三崎口乗入れが23年半ぶりに復活! 平日1706Kレは、京成車の特急三崎口行である。2018年12月ダイヤ修正で登場した列車で、もともと京急車で運転していた1870Hレ〜2071Hレの...

四直珍列車研究 104 - 平日 1706K
四直珍列車研究 103 - 土休日 2318

夜な夜な走る、上大岡行。深夜時間帯は珍列車の宝庫だ。車庫外の停泊や乗務員の労働条件などが絡んで、日中時間帯には見られない中途半端な行先の列車を見ることができる。過去に当Webサイトでご紹介した...

四直珍列車研究 103 - 土休日 2318
四直珍列車研究 102 - 平日 1050

さて、まもなくダイヤ修正が行なわれる。というわけで、例によってダイヤ修正で消えてしまう珍列車を取り上げてみよう。今回の京成線のダイヤ修正は、修正ということで比較的おとなしい内容となっているが...

四直珍列車研究 102 - 平日 1050
四直珍列車研究 101 - 平日 1657H

京急車が北総線内を急行として走る。平日1657Hレは、2015年12月ダイヤ改正で登場した京急車による急行印西牧の原行である。北総線の2015年12月ダイヤ改正と言えば、夜間下りにおける特急列車...

四直珍列車研究 101 - 平日 1657H

最新記事

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化
京急600形 大師線を走る

京急大師線の新たな日常風景。京急電鉄では2020年度よりL/C座席を装備した新型車両1000形1890番台を導入し、1500形4両編成を置き換えているところである。1500形はこれまでに...

京急600形 大師線を走る

京急珍列車