KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2019.11.23

祝、110周年。

D33125.jpg

京成3000形 3042編成
2019.11.10/谷津〜船橋競馬場

▲8月上旬より運行されている「創立110周年記念ミュージアムトレイン」。前面にはヘッドマークが掲出されている

京成電鉄では、8月上旬より「創立110周年記念ミュージアムトレイン」を運行している。6月30日に創立110周年を迎えたことを記念した関連事業の一環によるもの。車両の前面には投票で決定された「創立110周年記念ロゴマーク」がヘッドマークとして掲出されているほか、車内には京成電鉄の歴史を振り返る全11種類のポスターの展示が行なわれており、車内も車外も楽しめる内容になっている。

「創立110周年記念ミュージアムトレイン」となっているのは3000形と3700形、3400形の3形式。各形式1本ずつ、3042編成、3768編成、3418編成がヘッドマークを掲出して走っている。

「創立110周年記念ミュージアムトレイン」の運行期間は特にアナウンスがなく、プレスリリースにおいても未定となっている。110周年記念事業であるから、長くとも来年6月ごろまでとみられる。

D33029.jpg

京成3000形 3042編成
2019.10.9/うすい〜佐倉

▲ヘッドマークを掲出した3418編成。3400形にヘッドマークが付くのは2008年の「羽田空港〜成田空港直結10周年」以来11年ぶり
D33009.jpg

京成3700形 3768編成
2019.10.2/酒々井〜宗吾参道

▲3700形は3768編成が「ミュージアムトレイン」に
X75702.jpg

創立110周年記念ミュージアムトレイン 車内
2019.8.15/**

▲車内の様子。京成の歴史を振り返る全11種類のポスターが展示されている
Z00110.jpg

創立110周年記念ロゴマーク

▲「創立110周年記念ロゴマーク」の案。3種類が提示され、公式Webサイト上での投票により青電と3100形が描かれたB案に決定した。A案は線路の上での110年を表現したもの、C案は100周年記念ロゴをそのまま110周年ロゴにしたもの

関連記事

京成3000形・3700形「宗吾車両基地キッズフェスタ」ヘッドマーク(2019年)

9月上旬より、京成3000形と3700形に「宗吾車両基地キッズフェスタ」ヘッドマークが掲出されている。ヘッドマークは10月26日に開催されるイベント「宗吾車両基地キッズフェスタ」をPRするものと...

京成3000形・3700形「宗吾車両基地キッズフェスタ」ヘッドマーク(2019年)
2019年「京成グループ花火ナイター号」

今年も夏がやってきた。京成電鉄では、7月8日より「京成グループ花火ナイター号」の運転を行なっている。京成グループが協賛する「第18回京成グループ花火ナイター」(7月27日、千葉ロッテマリーンズ...

2019年「京成グループ花火ナイター号」
京急・都営・京成「相互直通50周年記念」ヘッドマーク

京急電鉄と東京都交通局、京成電鉄では、2018年6月に三社局の相互直通運転50周年を迎えたことからこれを記念したキャンペーンを実施しているところである。昨年7月と8月に臨時列車「成田山号」と...

京急・都営・京成「相互直通50周年記念」ヘッドマーク
京成3000形「京成パンダ号」ヘッドマーク&ラッピング電車

京成電鉄では、12月26日より「京成パンダ号」ヘッドマーク&ラッピング電車の運転を行なっている。​上野動物園のジャイアントパンダ「シャンシャン(香香)」。2017年6月に誕生してからその...

京成3000形「京成パンダ号」ヘッドマーク&ラッピング電車
「直通10周年」ヘッドマーク - 京成車篇

京急の「直通10周年」ヘッドマークは京急車だけでなく直通各社にも掲出されている...

「直通10周年」ヘッドマーク - 京成車篇