KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2019.12.18

祝・新鎌ヶ谷駅付近の高架化完了!

X78056.jpg

新京成8000形 8518編成
2019.12.11/**

▲12月1日より使用開始されたくぬぎ山〜鎌ヶ谷大仏の上り高架線を走る新京成8000形。写真は列車が北初富駅に進入するところ

千葉県が主体となり新京成電鉄、鎌ヶ谷市と連携して進められている新京成線くぬぎ山〜鎌ヶ谷大仏間の連続立体交差事業について、12月1日の始発列車より上り線が切り替えられ、この区間における高架化が完了した。合わせて、区間内12ヶ所の踏切が廃止されている。遅ればせながら高架化が完了した区間の様子をようやく見に行ったので、いくつか写真を掲載しよう。

なお、写真については2年前の下り線高架化の記事に掲載した写真と同一アングルで撮影したものもあるので、ビフォー・アフター的な感じも楽しんでいただければ幸いである。

北初富駅
X77957.jpg

北初富駅 ホーム
2019.12.11/**

▲北初富駅。2年前の下り線高架化の時点で上り線側も構築済みであったが、それらも晴れて使用開始となった

高架区間では唯一の相対式ホームとなる北初富。今回高架化された区間のうち北初富〜新鎌ヶ谷は上下線同時施工のため、2年前の下り線高架化の時点で敷設されていた線路にようやく列車がやってきたという感じである。北初富では上り線高架化に合わせて仮駅舎での営業を終了し、新駅舎の供用が開始となっている。また、駅そのものが地上時代より新鎌ヶ谷方に約150mほど移動したため、今回の高架化に合わせて営業キロが正式に京成津田沼方に0.1km移動することとなった(これに伴う運賃の変更はなし)。

新鎌ヶ谷駅
X78010.jpg

新鎌ヶ谷駅 ホーム
2019.12.11/**

▲工事用の仮囲いが取り払われ、上り線が供用開始された新鎌ヶ谷の高架ホーム
X78017.jpg

新鎌ヶ谷駅 松戸方を見る
2019.12.11/**

▲松戸方のホーム端の様子。出発信号機が両線に、入換信号機が下り線に設置されている。松戸方に新設された渡り線により、当駅にて折返し運転ができるようになった
X77934.jpg

新鎌ヶ谷駅 入口
2019.12.11/**

▲高架化に合わせて新京成独自の駅舎が誕生。2019年6月より使用を開始し、北総線と改札が分離された

高架化で最も大きく変わったのがこの新鎌ヶ谷であろう。まずひとつは連動駅(出発信号機がある駅)になったこと。駅の松戸方に渡り線が新設されており、当駅において折返し運転ができるようになった。花火開催における多客対応や運行障害時などに活用されるものとみられる。

信号機の設置の仕方から推察するに、通常の下り出発と上り出発のほかに上り逆出発(下りホームから上り松戸方に出発)と上りホーム→松戸方→下りホームの入換が設定されているものと思われ、これらを用いて松戸方と京成津田沼方の両方向への折返し運転が可能となっている模様。これに合わせて車両の行先表示も改修され、新たに「新鎌ヶ谷」と「普通新鎌ヶ谷」の表示が加わっている。

ふたつめは、新京成独自の駅舎を持つようになったことである。新京成線の新鎌ヶ谷は開業時より北総線の駅舎を共同使用しており、駅の業務については北総鉄道へ委託していた。高架化により新京成の駅舎が新たに設けられ、駅が分離されることになった。新駅舎は高架化工事の進捗に伴い、高架化完了より一足早く2019年6月に供用開始されている。

初富駅
X78023.jpg

初富駅 ホーム
2019.12.11/**

▲6年10ヶ月ぶりに島式ホームに戻った初富駅

初富は2年前の下り線高架化の時点では影も形もなかった上り線も無事に工事が進み、晴れて使用開始となった。地上時代は島式ホームであった初富だが、2013年2月の上り仮線使用開始で相対式ホームとなって以来、6年10ヶ月ぶりに元の島式ホームに戻った。

鎌ヶ谷大仏駅
X77947.jpg

鎌ヶ谷大仏駅 京成津田沼方を見る
2019.12.11/**

▲高架化完了に伴い、停留所(非連動駅)となった鎌ヶ谷大仏。写真はホームから京成津田沼方を見たものだが、入換信号機や下り線の出発信号機が使用停止となり、×印が付けられている

高架化とは直接関係がなさそうな鎌ヶ谷大仏だが、今回の高架化完了に伴って大きな変化が見られている。新鎌ヶ谷の連動駅化に伴い、こちら鎌ヶ谷大仏は非連動化され、単なる中間駅となった。京成津田沼方にある両渡り線や出発信号機、入換信号機は使用停止にされており、そのうちに撤去されるものとみられる。かつては定期列車の行先としても設定があった鎌ヶ谷大仏だが、その役割を新鎌ヶ谷に譲ることになった。

◆ ◆ ◆

おまけ:新鎌ヶ谷対応で新しくなった行先表示

X78013.jpg

新京成N800形 行先表示「松戸」(側面)
2019.12.11/**

▲新鎌ヶ谷対応で新しくなった行先表示。駅ナンバリングを表示するようになったのが最大の特徴。今のところ、8518編成を除く8000形、8800形、N800形が対応済み
Z08800.jpg

新京成8800形 行先表示「松戸」「千葉中央」(側面)
2019.12.11/**

▲8800形の行先表示あれこれ。LEDだけでなく方向幕も新しくなり、同様に駅ナンバリングが表示されるようになった。千葉中央行の駅ナンバリングがきちんと京成の青丸なっているあたり芸が細かい

関連記事

新京成線 新鎌ヶ谷駅付近の下り線高架化

祝・新鎌ヶ谷駅付近の下り線高架化! 千葉県が主体となり新京成電鉄、鎌ヶ谷市と連携して進められている新京成線くぬぎ山〜鎌ヶ谷大仏間の連続立体交差事業について、10月21日の始発列車より下り線が...

新京成線 新鎌ヶ谷駅付近の下り線高架化
新京成線 ふなっしーな三咲駅「みさっきー駅」

新京成線の三咲駅、ふなっしーに乗っ取られる。新京成電鉄では、新京成線の開業70周年と船橋市の非公認ゆるキャラふなっしーの地上降臨5周年を記念したコラボレーション企画を実施している。7月1日より...

新京成線 ふなっしーな三咲駅「みさっきー駅」
京成押上線 曳舟駅付近の高架化完了

祝・曳舟駅付近の高架化完了! 京成電鉄と東京都、墨田区で進められている京成押上線押上〜八広間の連続立体交差事業において、8月22日より下り高架線の使用が開始された。これにより、2013年8月に...

京成押上線 曳舟駅付近の高架化完了
新京成電鉄 新CI&新デザイン駅名標

急にどうした、新京成。それは5月末のことであったが、新京成電鉄は「『シンボルマーク』と『スローガン』が新しくなります」というプレスリリースを出した。新津田沼〜京成津田沼間のくねくね線形を...

新京成電鉄 新CI&新デザイン駅名標
京成押上線 曳舟駅付近の上り線高架化

祝・曳舟駅上り線高架化! 京成電鉄と東京都、墨田区で進められている京成押上線押上〜八広間の連続立体交差化工事において、8月24日より上り高架線の使用が開始された。高架化区間に存在する曳舟駅も...

京成押上線 曳舟駅付近の上り線高架化

最新記事

京急2100形「夏詣」ヘッドマーク

京急に乗って神社を巡ろう!! 京急電鉄では、6月末より「夏詣」ヘッドマークの掲出を行っている。同社が8月末までの予定で実施している「夏詣」キャンペーンをPRするもので、2100形2149編成が...

京急2100形「夏詣」ヘッドマーク
京成3600形 8両編成の運用終了

京成3600形の8両編成が終了。京成3600形8両編成の運用が終了した。3600形の8両編成については前回の記事で3658編成が7月1日の運行をもって運用離脱、廃車になったことをお伝えしたが...

京成3600形 8両編成の運用終了
京成3600形3658編成 営業運転終了

京成3600形に廃車が発生。京成電鉄では今年度、新型車両となる3100形を2編成導入する予定となっているところだが、3154編成の導入に伴い3600形3658編成がこのほど運用を離脱。廃車と...

京成3600形3658編成 営業運転終了
東京ベイシティ交通6301号車 日野ポンチョ研修車

東京ベイシティ交通6301号車は、研修車として使用している日野ポンチョである。浦安市を走る「おさんぽバス」。2002年4月に運行開始したこのコミュニティバスは、市民病院線(現・医療センター線)を...

東京ベイシティ交通6301号車 日野ポンチョ研修車
京成線 めっちゃガラガラなスカイライナーに乗る

めっちゃガラガラなスカイライナーに乗ってみた。新型コロナウィルスの世界的な感染拡大は、社会や暮らしに大きな影響を与えている。4月7日に政府より発令された新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく...

京成線 めっちゃガラガラなスカイライナーに乗る

新京成電鉄駅施設