KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2020.01.09

京成3100形に続き、新京成80000形もデビュー。

X78444.jpg

新京成80000形 80016編成
2020.1.5/二和向台〜三咲

▲12月27日より営業運転を開始した新京成80000形80016編成。今のところ松戸〜京成津田沼の新京成線内のみで運用されている

12月27日、新京成電鉄の14年ぶりとなる新型車両である80000形が営業運転を開始した。営業初日となった27日はくぬぎ山7時3分発松戸行(720系統)に充当。翌28日にはさっそく終日運用にも入っている。プレスリリースで明らかにされていたように、80016編成は今のところ京成線直通非対応の車両として、松戸〜京成津田沼の新京成線内のみで運用されている。

X78457.jpg

新京成80000形 車内
2020.1.7/**

▲車内の様子。カラースキームは2017年の8800形リニューアル車に準じたものを適用している。京成3100形で採用されたスーツケース置き場は設定されていない
A11799.jpg

新京成80000形 LCD案内表示器
2020.1.7/**

▲ドア上のLCD案内表示器。京成3100形が案内用1面+広告用1面で使っているのに対し、80000形では2面とも案内用として使用。余裕のある案内表示を行っている
X78496.jpg

新京成80000形 行先表示「松戸」(側面)
2020.1.7/**

▲側面の行先表示。駅ナンバリングが特徴だが、表示される言語は日本語と英語のみで、3100形のように韓国語・中国語には切り替わらない
多くの独自仕様が盛り込まれた共同設計車両

京成グループ標準車両として第2世代となる3100形と80000形だが、京成と新京成が共同で設計したいうのが第1世代である3000形とN800形との大きな違いのひとつであろう。N800形が3000形をベースにして導入されたという新京成にとってはやや不本意な格好に甘んじたのに対し、80000形では京成・新京成両社それぞれのよさが取り入れられることになった。京成3100形の特設Webサイトに掲載されたインタビュー記事で見られる新京成の担当者の満足そうな表情からは、80000形への手応えが伝わってくるというものである。

他方、80000形は、3000形に対するN800形よりもますます独自仕様に磨きがかかることとなった。既報のとおり、80000形では制御装置として三菱電機製のフルSiC適用VVVFインバーターが採用されている。3100形は東洋電機製なので、これらは3100形と80000形の大きな違いのひとつとなっている。編成におけるMT比は4M2Tで、編成両端の2両ずつがM車、中間車がT車となる。VVVFインバーターは1C4M2群が2号車と5号車に搭載されている。

車内も3100形とは異なる、新京成独自のデザインが採用されている。2017年に登場した8800形リニューアル車に準じた、新京成のコーポレートカラーであるジェントルピンクでまとめられたデザインとなった。ドア上のLCD案内表示器は、京成3100形が案内用と広告用で1面ずつ使っているのに対し、80000形では両面を案内用として使用。2画面を使った余裕のある案内表示が行われている。新京成伝統の鏡ももちろん装備。おなじみの海側「玉川石材」と山側「松戸家」のドアステッカーは、車両がいくら新しくなろうとも不変なものとして利用者に安心感を与えてくれる。

X78492.jpg

新京成80000形 運転台
2020.1.7/**

▲運転台。モニタや行路表差しの位置など京成3100形とは異なるレイアウトとなっている。「乗入非対応」の文字が見えるが、京成線への直通運転で使用する京成/新京成の無線切り替えスイッチを装備
将来的には京成千葉線に直通へ

さて、運転台をのぞいてみよう。力行5段・ブレーキ7段のワンハンドルマスコンや計器類は京成3100形と同じながら、モニタ装置や行路表差しなどの位置が異なるレイアウトとなっている。ここで着目したいのは、向かって右側に設置されている京成/新京成の無線切り替えスイッチ。無線切り替えスイッチは京成千葉線への直通運転で使用するものだが、このスイッチがあるということは、80000形が京成線への直通運転を前提にした車両であるということで間違いないだろう。

80000形が今のところ「乗入非対応」とされているのは、京成線で使用しているIR無線用のアンテナや機器を装備していないためである。しかし、京成は2022年度までにデジタルSR無線への更新を予定している。京成線内でデジタルSR無線の使用が開始されれば、IRアンテナのない80000形も京成線を走ることができるようになるとみられる。2022年度以降、京成線内で80000形が見られる日がやってくるかもしれないということだ。

走行音はこちら:【走行音】新京成80000形 新津田沼→くぬぎ山【三菱電機SiC-VVVF】(YouTube)

関連記事

京成3100形(3150形) 営業運転開始 2 - 写真あれこれ

10月26日ダイヤ改正でデビューした京成電鉄の新型車両3100形(3150形)。ようやくあれこれ観察することができたので、今さらながら営業運転の様子などをまとめてみた。前回の記事で3100形の...

京成3100形(3150形) 営業運転開始 2 - 写真あれこれ
京成3100形(3150形) 営業運転開始 1 - デビューまでの動きと今後について

10月26日ダイヤ改正でデビューした京成電鉄の新型車両3100形(3150形)。ようやくあれこれ観察することができたので、今さらながら営業運転の様子とデビューまでの動きをまとめてみた。さらに...

京成3100形(3150形) 営業運転開始 1 - デビューまでの動きと今後について
新京成80000形 日中時間帯の試運転始まる

新京成80000形、日中時間帯の試運転が始まる。11月13日、新京成電鉄の新型車両80000形が松戸〜京成津田沼で試運転を実施した。80000形のトップナンバーとなる80016編成は、10月5日...

新京成80000形 日中時間帯の試運転始まる
新型車両 京成3100形(3150形)を考察する

ついにベールを脱いだ京成電鉄の新型車両、3100形(3150形)。京成電鉄では、かねてより2019年度中における新形式通勤型車両の導入を明らかにしていたが、このほどその新型車両が3100形として...

新型車両 京成3100形(3150形)を考察する
新京成N800形N858編成 登場

8月上旬より、新京成N800形の5次車にあたるN858編成がお目見えしている。N858編成の仕様は、2015年度に新造されたN848編成から大きく変わっている。特に車内については、2016年度...

新京成N800形N858編成 登場

最新記事

まだまだ頑張る京成3500形更新車

まだまだ頑張る京成3500形更新車。京成では現在3100形の導入と、3600形と3400形の廃車が進められていることは車両の動きでもお伝えしているとおりである。そんな3600形や3400形を...

まだまだ頑張る京成3500形更新車
都営浅草線 5500形導入と5300形の置換え状況

増える5500形、減る5300形。東京都交通局では2017年度より浅草線に5500形を導入している。5500形は2018年6月の営業運転開始以降、順次導入が続けられ、現在は22編成が運用入り...

都営浅草線 5500形導入と5300形の置換え状況
京成線 終電繰上げと始発繰下げに伴うダイヤ変更

3月27日、京成線では新型コロナウイルス感染症の流行による深夜の鉄道利用の減少と、夜間の保守作業の時間確保を目的としたダイヤ変更を実施した。終電の繰上げと始発の繰下げが主な内容となっているが...

京成線 終電繰上げと始発繰下げに伴うダイヤ変更
京成グループ 車両の動き(2020年度)

年度末ということで、京成グループにおける2020年度の車両の動きをまとめてみよう。2020年度、京成電鉄は3100形8両編成2本を導入した。2本はいずれも成田スカイアクセス線仕様の3150番台で...

京成グループ 車両の動き(2020年度)
四直珍列車研究 113 - 平日 2361K

29年間、おつかれさま。平日2361Kレは、西馬込始発通勤特急京成佐倉行である。京成本線の下り終電として走る同列車だが、3月27日に実施される終電繰上げ・始発繰下げに伴うダイヤ変更により運転を...

四直珍列車研究 113 - 平日 2361K

新京成電鉄新型車両