KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2020.02.04

京急大師線、毎年恒例の干支ヘッドマーク。

D33398.jpg

京急1500形 1509編成
2020.2.2/港 町

▲毎年恒例の干支ヘッドマークを掲出して走る1500形
D33405.jpg

京急1500形 1513編成
2020.2.2/港 町

▲ヘッドマークは2種類。上の1509編成とは異なるデザインのものを掲出した1513編成

京急電鉄では、1月1日から2月3日まで毎年恒例となっている大師線の干支ヘッドマークの掲出を実施した。今年の干支は子で、2種類のヘッドマークが大師線を走る1500形に掲げられた。大師線の干支ヘッドマークは2010年よりデザインを一般から募集しており、今年も京急大師線ヘッドマークデザイン選考委員会によりヘッドマークとして掲出される優秀作品が選ばれている。

どうなる? 大師線干支ヘッドマークの今後

さて、気になるのは大師線の干支ヘッドマークの今後である。干支ヘッドマークは先代の1000形が引退してから1500形のみが掲出の対象となっており、時おり大師線の運用に入る新1000形などでは干支ヘッドマークの掲出期間中でもヘッドマークなしで走っている。

そして、2000形や800形がなき今、1500形は京急で最古参の形式1)となっている。特に、大師線を中心に走る1500形鋼製車は1500形の中でも最初期に導入された車両。制御方式もアルミ車がVVVFインバーター制御に改造された2)のに対し、鋼製車は界磁チョッパのままだ。次に置き換えの対象となるのは、この1500形鋼製車であることは想像に難くないところである。

1500形4両編成がいなくなれば、干支ヘッドマークを掲出する車両がなくなってしまう。京急としてはどうするつもりなのだろうか。干支ヘッドマークそのものをやめてしまうのか、それとも新1000形に貼り付けられるステッカーのヘッドマークを作るのかetc... 京急伝統の大師線干支ヘッドマークの大転換は着々と近づいてきている。

  • 1)デトなどの事業用車両を除く。
  • 2)1521編成と1525編成の4両編成2本は界磁チョッパ制御のままになっている。

関連記事

京急1500形「かわさき楽大師」「川崎大師風鈴市」ヘッドマーク

6月末より京急大師線を走る1500形にヘッドマークが掲出されている。6月30日より川崎大師駅周辺の商店街で開催されている「夏のかわさき楽大師 願い事が叶う大師(まち)」に合わせたもので、同イベント...

京急1500形「かわさき楽大師」「川崎大師風鈴市」ヘッドマーク
京急1500形 特別ラッピング電車「京急120年の歩み号」運転

京急電鉄120年の歴史が凝縮された列車が登場。2018年2月25日に創立120周年を迎えた京急電鉄では、2017年10月から2018年度末までを京急創立120周年期間としてさまざまな記念イベント...

京急1500形 特別ラッピング電車「京急120年の歩み号」運転
京急2000形 大師線を走る

京急2000形2451編成、最後のご奉公。10月9日および10日の両日、京急2000形で最後の4両編成となっている2451編成が大師線の運用に入った。2000形が大師線を走るのはこれが4度目の...

京急2000形 大師線を走る
京急1500形「大師線赤札号」運転

名鉄では、ない。京急電鉄では、5月1日からの10年に1度の川崎大師大開帳奉修に合わせて、川崎大師に深いゆかりを持つ京急大師線で「大師線赤札号」の運行を行なっている。「大師線赤札号」は川崎大師の...

京急1500形「大師線赤札号」運転
京急創立110周年記念ラッピング電車 運行開始

京急の報道発表の通り、110周年となる25日に1000形の1321編成・1309編成に往年の塗装のラッピングを施した110周年記念ラッピング電車が運行を開始した...

京急創立110周年記念ラッピング電車 運行開始

最新記事

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化
京急600形 大師線を走る

京急大師線の新たな日常風景。京急電鉄では2020年度よりL/C座席を装備した新型車両1000形1890番台を導入し、1500形4両編成を置き換えているところである。1500形はこれまでに...

京急600形 大師線を走る