KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2020.05.26

さようなら、千葉シーサイドバスのKC-MK219J。

X72695.jpg

千葉シーサイドバス 1592号車
2018.11.18/本社営業所

▲千葉シーサイドバス1592号車。1996年から導入されたエアロミディKC-MK219Jのうちの1台で、最後まで残っていた車両であった
X72745.jpg

千葉シーサイドバス 1592号車
2018.11.18/ZOZOマリンスタジアム

▲うしろ側

千葉シーサイドバスでラスト1台となっていたツーステップのエアロミディ、1592号車がこのほど除籍された。これにより、東洋バス・千葉シーサイドバスからKC-MK219Jの型式の車両が消滅した。

1592号車はもと東洋バスで、1996年から導入されたKC-MK219Jのうちの1台。同社でツーステップ車両最末期となる1999年に導入された車両となっている。千葉シーサイドバスに移籍したのは2006年のことであった。2015年ごろより同型の車両が次々と落ちる中、1592号車は幸運にも(しぶとく?)生き残り、晩年は習志野市茜浜の物流倉庫にて企業輸送用の車両として動いていた。

ツーステップ世代の東洋バスと言えば、1980年代後半から1990年代にかけての角目ヘッドライトやブルーガラスの引き違い窓(いわゆるメトロ窓)という、他の事業者とは一線を画したコテコテの仕様が思い出される。残念ながらそのこだわりは1998年式と1999年式の車両で薄らいでしまい、1592号車もメトロ窓ではないのだが、腰部に装着した側面方向幕や前後ドアという扉配置からは、一昔前の東洋バスの中型車の雰囲気を十分に残していた。よく令和の時代まで生き残ったものだと思う。

X72838.jpg

千葉シーサイドバス1592号車 車内
2018.11.18/**

▲車内も一昔前の雰囲気。この世代の車両の特徴であった淡い色のモケットの座席が並ぶ

1592号車で面白いのは、車体における千葉シーサイドバスの表記の多さだ。冒頭の写真、何ヶ所に千葉シーサイドバスと書いてあるでしょう?

答えは、9ヶ所。車体に大書きされた社名表記(側面・後面合わせて3ヶ所)のほか、LED行先表示器に1ヶ所ずつ(3ヶ所、側面のLEDはCHIBA SEASIDE BUSと表示してある)。そして、側面方向幕と前扉の上、運転席側引き違い窓の上に1ヶ所ずつで計9ヶ所である。側面方向幕は行先表示のLED化に伴い使わなくなったので千葉シーサイドバスの社名表示で固定したもの、ドア上と運転席上の表記は広告ラッピングをしていた際の名残となっている。さらに、前面に千葉シーサイドバスと書かれたサボを装着していたこともあったので、最大で10ヶ所もの社名表記が見られるという、やたらと愛社精神(?)に溢れた1台であった。

なお、先に除籍された同型車には、地方のバス事業者への移籍例がある。この車両も新天地での活躍はあるのだろうか。はたして・・・?

関連記事

東洋バス2095号車 いすゞエルガミオ2KG-LR290J3

東洋バスにいすゞエルガミオが初登場。当Webサイトでも再三にわたりお伝えしているように、東洋バスにおける2018年は特異な年であった。同社の創立70周年ということもあり、これを記念した路線バス...

東洋バス2095号車 いすゞエルガミオ2KG-LR290J3
東洋バス70号車 創立70周年記念の復刻塗装車両

祝・東洋バス創立70周年。今年で創立70周年を迎えた東洋バス。当Webサイトでもご報告したように、これを記念したツアーが東洋バスと千葉シーサイドバスで合わせて3回開催されてきたところである...

東洋バス70号車 創立70周年記念の復刻塗装車両
東洋バス1107号車 三菱ふそうPDG-AJ820NAN

東洋バス1107号車は2009年に導入された中型ロング車である。​​型式は三菱ふそうPDG-AJ820NANで、スペースランナーJPのOEM版のエアロミディSである。当時、三菱ふそうでは日産...

東洋バス1107号車 三菱ふそうPDG-AJ820NAN
千葉シーサイドバス 車両一覧

本稿は千葉シーサイドバスに在籍している車両および過去に在籍していた車両を表にまとめたものである。2003年の設立からの全車両を掲載しているつもりである。千葉シーサイドバスではいわゆる社番が...

千葉シーサイドバス 車両一覧
東洋バス 車両一覧

東洋バスに在籍している車両および過去に在籍していた車両を表にまとめたものである。車両一覧というからには本来は創業時からの全車両を掲載すべきだが、過去にさかのぼればさかのぼるほどよくわからなく...

東洋バス 車両一覧

最新記事

東京BRT プレ運行開始 1 - 東京BRTの概要

祝・東京BRTプレ運行開始。2020年10月1日、東京BRTが開業した。まずはプレ運行(1次)ということで虎ノ門ヒルズ~新橋~晴海BRTターミナルの1系統のみの運行となっているが、11月のある日...

東京BRT プレ運行開始 1 - 東京BRTの概要
夜行快速「ムーンライトながら」の思い出

さようなら、ムーンライトながら。1月22日、JR東海は春の臨時列車の運転計画の中で臨時快速「ムーンライトながら」の運転終了を発表した。人々の行動様式の変化による列車の使命の薄れや使用車両の...

夜行快速「ムーンライトながら」の思い出
京急線 神奈川新町駅構内における踏切脱線事故の調査報告書を読む

2月18日、運輸安全委員会は2019年9月5日に発生した京急線神奈川新町駅構内における踏切脱線事故についての調査報告書を公開した。私としてもこの事故がどうして起きてしまったのか気になっていた...

京急線 神奈川新町駅構内における踏切脱線事故の調査報告書を読む
京成AE形 「東京オリンピック・パラリンピック」ラッピング

やるのか、やらないのか。1月下旬より、京成AE形にて「東京オリンピック・パラリンピック」のラッピング電車が走っている。ラッピングの対象となっているのはAE8編成。当該のラッピングについては、京成...

京成AE形 「東京オリンピック・パラリンピック」ラッピング
京急大師線 干支ヘッドマーク(2021年)

京急大師線、毎年恒例の干支ヘッドマーク。京急電鉄では、1月1日より毎年恒例となっている大師線の干支ヘッドマークの掲出を実施した。今年の干支は丑で、大師線を走る1500形に2種類のヘッドマークが...

京急大師線 干支ヘッドマーク(2021年)

東洋バスタグはありません