KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2020.07.01

東京ベイシティ交通6301号車は、研修車として使用している日野ポンチョである。

X74747.jpg

東京ベイシティ交通 6301号車
2019.4.24/新浦安駅

▲東京ベイシティ交通6301号車。研修車として使用している真っ白塗装の日野ポンチョである。
X74790.jpg

東京ベイシティ交通 6301号車
2019.4.24/新浦安駅

▲うしろ側

浦安市を走る「おさんぽバス」。2002年4月に運行開始したこのコミュニティバスは、市民病院線(現・医療センター線)を皮切りに、2006年3月には舞浜線を、2018年4月にはじゅんかい線をそれぞれ開設し、現在は3路線が浦安市民の足として走っている。2012年12月には累計の利用者数が1000万人を達成。年間の利用者数は140万人1)にも及び、コミュニティバスの成功事例として挙げられることも多い。

運行は3路線とも東京ベイシティ交通に委託している。車両は当初クセニッツのCITY-IIIが使用されていたが、現在は全て日野ポンチョとなっている。「おさんぽバス」に使用されるポンチョは全て専用のラッピングが施されたもので、13台が在籍。同社の中で一大勢力を築いている。

X74808.jpg

東京ベイシティ交通 2322号車・1308号車
2019.4.24/新浦安駅

▲新浦安駅で待機中の日野ポンチョ2台。「おさんぽバス」専用車のほかに東京ベイシティ交通オリジナル塗装の車両もおり、あわせて20台超が在籍している

そんな中登場したのが6301号車である。2019年に登場した車両で、2007年式の日野ADG-HX6JLAEとなっている。もとは同社の2306号車として「おさんぽバス」専用車だった車両で、後継の車両の登場に伴う退役により研修車に転用、改番されたもの。営業用ではなくなったので、登録も習志野230す6301という自家用のナンバーに変更されている。真っ白な塗装が特徴となっているが、これはただ単に「おさんぽバス」のラッピングを剥がしたゆえであろう。主にコミュニティバス乗務員向けの研修や実習に使用されている模様で、浦安市内をウロウロしているようだ。こういった車両を捕まえるのは難しいものだが、たまたま新浦安駅で見かけることができた。

鋭い方ならお気づきかもしれないが、この6301号車は実は2代目。かつて習志野230さ6301というナンバーを付けた6301号車がいた。同じく日野ポンチョの研修車(2008年式、ADG-HX6JLAE)であった。先代の6301号車は名鉄バスからの移籍という変わった経歴の持ち主だったが、2018年より1年ほど使用された後、今の6301号車へ早々に置き換えられてしまう。理由は不明だが、研修車として使うならやはり自社の余剰車の方が使い勝手がよかったということなのだろうか。

関連記事

船橋新京成バスF-132号車 さようなら船橋バス

さようなら、船橋バス。かつて船橋バスというバス事業者があったのを憶えているだろうか。船橋市高根町に本社を構えていた船橋バスは、船橋グリーンハイツの団地輸送のために設立されたバス会社であった...

船橋新京成バスF-132号車 さようなら船橋バス
ちばグリーンバスCG-762号車 凄い経歴を持つレインボーHR

ちばグリーンバスCG-762号車の凄い経歴をご紹介しよう。ちばグリーンバスCG-762号車は、2003年式の日野レインボーである。2019年10月に発生した豪雨災害に対する復旧支援で関東鉄道から...

ちばグリーンバスCG-762号車 凄い経歴を持つレインボーHR
ちばグリーンバスCG-302号車 奇跡の復活を遂げたV8エルガ

ちばグリーンバスCG-302号車、奇跡の復活劇。ちばグリーンバスCG-302号車は、2003年式のいすゞエルガ(KL-LV280N1)である。ちばグリーンバスオリジナルのカラーではなく京成バス...

ちばグリーンバスCG-302号車 奇跡の復活を遂げたV8エルガ
松戸新京成バス3307号車 創立15周年記念特別塗装車両

新京成バスの分社化から15年。松戸新京成バスでは、昨年12月よりこれを記念した特別塗装の車両を走らせている。2018年10月1日に創立15周年を迎えた松戸新京成バスでは、同年12月よりこれを...

松戸新京成バス3307号車 創立15周年記念特別塗装車両
京成バスE504号車 カモメカラーの日野ポンチョ

カモメカラーの京成バスが東京都内を走る。​​京成バスE504号車は、江戸川営業所に所属する日野ポンチョ(SDG-HX9JLBE、2012年式)である。同営業所が担当する臨海病院線「りんかい...

京成バスE504号車 カモメカラーの日野ポンチョ

最新記事

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

今年も大型連休が終わり、鉄道各社から今年度における設備投資計画が発表される季節がやってきた。京成電鉄でも17日の夕方に発表があったところなので、これを読んで今後の動きを探ってみよう。まず、この...

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成バスタグはありません