KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2020.07.09

京成3600形の8両編成が終了。

D34209.jpg

京成3600形 3688編成・3658編成
2020.6.30/町 屋

▲3658編成の廃車と3688編成の6両編成化で8両編成の運用が終了した3600形。写真のように特急として行き交う光景は過去のものになった

京成3600形8両編成の運用が終了した。3600形の8両編成については前回の記事で3658編成が7月1日の運行をもって運用離脱、廃車になったことをお伝えしたが、それに加えて3688編成が6両編成化の上で重要部検査のため入場となったため。現在、3688編成は宗吾車両基地の敷地外から見える位置で入場に伴う作業が行われている模様で、SNSなどで目撃情報が相次いでいる。

3688編成が最後に8両編成で走ったのは7月2日のA07運行であった。3600形の8両編成は1997年〜1999年に編成組換えによって登場したものだが、23年を経て幕を閉じることになった。

3688編成の6両編成化は次のとおりである。

3688-3687-3686-3663-3662-3683-3682-3681

3688-3687-3686-3683-3682-3681
-3663-3662-

過去に6両編成化された3638編成・3648編成と同様に、5号車と4号車が抜かれた格好になっている。3688編成は製造当初の6両編成に戻った。

編成から抜かれた3663-3662の2両は、検査の対象でないことから廃車になるものとみられる(あるいは既に廃車になったものとみられる)。デジタルSR無線工事の進捗に伴う3600形の6両編成化は前述の2編成に続いて3例目となるが、中間車2両を休車とした3638編成と3648編成が8両編成復活の可能性をわずかながら残していたのに対し、3688編成は廃車まで6両編成となることが確定した。これにより、3600形は都営浅草線や北総線から事実上の運用撤退となり、今後は基本的に京成線内のみを走ることになる。

D33769.jpg

京成3600形 3688編成
2020.3.20/菅野〜京成八幡

▲2019年10月ダイヤ改正で設定された日中時間帯の京成本線快速特急。3600形にとっては約7ヶ月だけだったが、最後にこういった運用で走ることができたのは幸運であったか
D31381.jpg

京成3600形 3658編成
2019.2.9/実籾〜八千代台

▲快速西馬込行として走る3658編成。現状では他社局線直通列車は8両編成だけなので、直通運転からは事実上の撤退となった

関連記事

京成3600形3688編成 リバイバルカラーに

京成3600形3688編成がリバイバルカラーに! 7月31日、重要部検査のため入場していた3600形3688編成が出場し、宗吾参道〜八千代台にて試運転を行った。同編成は今回の重要部検査にあたり...

京成3600形3688編成 リバイバルカラーに
京成3600形3658編成 営業運転終了

京成3600形に廃車が発生。京成電鉄では今年度、新型車両となる3100形を2編成導入する予定となっているところだが、3154編成の導入に伴い3600形3658編成がこのほど運用を離脱。廃車と...

京成3600形3658編成 営業運転終了
73K:3658編成 京成3600形が定期運用で北総線に入線

(ダイヤ改正から)147日後に北総線に入る京成3600形。3月21日、京成3600形3658編成が73K運行に充当し、北総線を走った。今回の3600形の北総線入線のポイントは、何もなかったことだ...

73K:3658編成 京成3600形が定期運用で北総線に入線
京成3600形3638編成 営業運転終了

京成3600形に廃車が発生。京成電鉄では今年度、新型車両となる3100形を導入、3151編成と3152編成の8両編成2本が先日のダイヤ改正より営業運転を開始したところである。これに伴い...

京成3600形3638編成 営業運転終了
京成3600形3668編成 京急線を走る(2019年)

京成3600形3668編成、9年ぶりの京急線入線。京成電鉄の新型車両3100形(3150形)の実車が初お目見えするということで、大きな注目を集めた24〜26日の牽引回送。総合車両製作所...

京成3600形3668編成 京急線を走る(2019年)

最新記事

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b

ヤツは時刻表に2回現れる。土休日1846bレは、京成本線を走る珍列車である。この列車の面白さは時刻表に表れている。まずは京成時刻表を確認してみよう。時刻表で1846bレを探すと2本の列車が...

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b
京急大師線 干支ヘッドマークのない正月

京急大師線の少し寂しいお正月。1899年1月に開業した大師電気鉄道に始まり、現在も川崎大師への参拝の足として親しまれている京急大師線。2022年正月、そんな大師線に異変が生じている。毎年恒例の...

京急大師線 干支ヘッドマークのない正月
新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、今年も毎年恒例の干支ヘッドマークの掲出を行った。今年で14年目となるヘッドマークの干支は「寅」。干支...

新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)
北総7800形7838編成 登場

北総7800形にまさかの4本目の編成が登場。12月中旬より北総7800形7838編成が登場している。同編成はこれまでの7800形と同じく京成3700形のリース車両で、車両番号の変更は次の通り...

北総7800形7838編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更

京成3050形3054編成と3055編成、京成カラーになる。12月上旬より京成3050形3054編成と3055編成がオレンジ色のアクセス線カラーから赤と青の京成カラーに変更され、運用に入っている...

京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更