KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2020.07.13

京急に乗って神社を巡ろう!!

D34251.jpg

京急2100形 2149編成
2020.7.4/品 川

▲さわやかな夏らしいデザインの「夏詣」ヘッドマークを掲出して走る2100形

京急電鉄では、6月末より「夏詣」ヘッドマークの掲出を行っている。同社が8月末までの予定で実施している「夏詣」キャンペーンをPRするもので、2100形2149編成がヘッドマーク掲出の対象になっている。

「夏詣」とは、新しい年の始まりに寺社仏閣にお参りをする「初詣」に対して、1年の折返し地点を節目として7月1日以降にお参りに行くという新しい習慣。2014年に浅草神社が提唱し、全国に広まりつつあるものだという。京急ではこれを守り伝えるべき風習として育てていくべく、キャンペーンを実施したとのこと。

ヘッドマークは中央に「夏詣」の公式ロゴがあしらわれたデザイン。アジサイなどを描いた水色のヘッドマークは夏らしくて実にさわやかだ。

関連記事

京急大師線 干支ヘッドマーク(2020年)

京急電鉄では、1月1日から2月3日まで毎年恒例となっている大師線の干支ヘッドマークの掲出を実施した。今年の干支は子で、2種類のヘッドマークが大師線を走る1500形に掲げられた。大師線の干支...

京急大師線 干支ヘッドマーク(2020年)
京急600形「京急電鉄創立120周年×養老鉄道全通100周年記念」ヘッドマーク

京急電鉄と養老鉄道のコラボレーション。2019年1月より、京急600形607編成に「京急電鉄創立120周年×養老鉄道全通100周年記念」ヘッドマークが掲出されている。2018年2月に創立120...

京急600形「京急電鉄創立120周年×養老鉄道全通100周年記念」ヘッドマーク
京急1500形「かわさき楽大師」「川崎大師風鈴市」ヘッドマーク

6月末より京急大師線を走る1500形にヘッドマークが掲出されている。6月30日より川崎大師駅周辺の商店街で開催されている「夏のかわさき楽大師 願い事が叶う大師(まち)」に合わせたもので、同イベント...

京急1500形「かわさき楽大師」「川崎大師風鈴市」ヘッドマーク
京急・都営・京成「相互直通50周年記念」ヘッドマーク

京急電鉄と東京都交通局、京成電鉄では、2018年6月に三社局の相互直通運転50周年を迎えたことからこれを記念したキャンペーンを実施しているところである。昨年7月と8月に臨時列車「成田山号」と...

京急・都営・京成「相互直通50周年記念」ヘッドマーク
京急2100形「マリンパーク号」ヘッドマーク

20年ぶりに復活した「マリンパーク号」。​2018年で開業から50周年を迎えた「京急油壺マリンパーク」。京急電鉄では、これを記念したキャンペーンを実施、合わせて京急線にて記念ラッピング電車が...

京急2100形「マリンパーク号」ヘッドマーク

最新記事

京成線・北総線 デジタルSR無線を使用開始

半世紀ぶりの大変革。4月17日、京成線と北総線において始発列車よりデジタルSR列車無線(SR無線)の使用が開始された。SR無線を使用する区間は、京成線全線(北総線と重複する区間を除く)と北総線...

京成線・北総線 デジタルSR無線を使用開始
まだまだ頑張る京成3500形更新車

まだまだ頑張る京成3500形更新車。京成では現在3100形の導入と、3600形と3400形の廃車が進められていることは車両の動きでもお伝えしているとおりである。そんな3600形や3400形を...

まだまだ頑張る京成3500形更新車
都営浅草線 5500形導入と5300形の置換え状況

増える5500形、減る5300形。東京都交通局では2017年度より浅草線に5500形を導入している。5500形は2018年6月の営業運転開始以降、順次導入が続けられ、現在は22編成が運用入り...

都営浅草線 5500形導入と5300形の置換え状況
京成線 終電繰上げと始発繰下げに伴うダイヤ変更

3月27日、京成線では新型コロナウイルス感染症の流行による深夜の鉄道利用の減少と、夜間の保守作業の時間確保を目的としたダイヤ変更を実施した。終電の繰上げと始発の繰下げが主な内容となっているが...

京成線 終電繰上げと始発繰下げに伴うダイヤ変更
京成グループ 車両の動き(2020年度)

年度末ということで、京成グループにおける2020年度の車両の動きをまとめてみよう。2020年度、京成電鉄は3100形8両編成2本を導入した。2本はいずれも成田スカイアクセス線仕様の3150番台で...

京成グループ 車両の動き(2020年度)