KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2020.08.11

京成3400形に初の廃車が発生。

D09735.jpg

京成3400形 3408編成
2011.4.6/京成酒々井〜宗吾参道

▲3400形の廃車第1号になってしまった3408編成

京成電鉄では今年度、新型車両となる3100形を2編成導入する予定となっているところだが、3153編成の導入に伴い3400形3408編成がこのほど運用を離脱、廃車になった模様である。最終運用は8月9日のA25運行であった。現在、同編成は解体・搬出を前提として、3658編成と同様に宗吾車両基地内に留置されている状態になっている。3400形に廃車が発生するのは初めてのことで、3408編成がその第1号になってしまった。

興味深いのは、3688編成を延命させた上で3408編成が廃車になった点だ。3688編成は先日にも重要部検査を施工して出場し、廃車を逃れたばかりだった。普通に考えれば、2016年度より廃車が進行している3600形の方が先に淘汰されてもおかしくないはず。言わば、3408編成が3688編成の代わりに廃車になったようにも見える。この車両の動きには、はたしてどういう意図があるのだろうか。

ポイントは、3688編成が6両編成になったことにあると思われる。現在、京成では車両に対するデジタルSR無線の設置工事が絶賛進行中であり、予備車はその役回りとして時に8両編成から6両編成になることが求められる。このような状況の中で、2018年度、2019年度と6両編成化の実績のある3600形と、そうでない3400形1)、どちらが選択されるかと言うと・・・? 3688編成を残して3408編成を廃車とした裏には,そのような事情があったのではないかと推察される。

  • 1)3400形も3600形と同様に中間の2両を抜いて6両編成として走ることは可能である。実際に、登場当初の3400形は6両編成だったし、8両編成化以降もさまざまな理由で一時的に6両編成で運用に入ることがあった。しかし、やはり直近で6両編成化の実績のある3600形に軍配が上がったものとみられる。

関連記事

京成3050形3052編成・3053編成 赤と青の京成カラーに変更

京成3050形3052編成と3053編成が赤と青の京成カラーに変更。京成本線に転用へ。京成電鉄では今年度の新車として3100形3153編成と3154編成を導入したところであるが、これに伴い...

京成3050形3052編成・3053編成 赤と青の京成カラーに変更
京成3100形3153編成・3154編成 登場

7月上旬より、京成3100形の2次車にあたる3153編成と3154編成がお目見えしている。京成電鉄では、2020年度の予定として3100形8両編成2本の新造を計画していたが、3153編成と...

京成3100形3153編成・3154編成 登場
京成3600形 8両編成の運用終了

京成3600形の8両編成が終了。京成3600形8両編成の運用が終了した。3600形の8両編成については前回の記事で3658編成が7月1日の運行をもって運用離脱、廃車になったことをお伝えしたが...

京成3600形 8両編成の運用終了
京成3600形3658編成 営業運転終了

京成3600形に廃車が発生。京成電鉄では今年度、新型車両となる3100形を2編成導入する予定となっているところだが、3154編成の導入に伴い3600形3658編成がこのほど運用を離脱。廃車と...

京成3600形3658編成 営業運転終了
京成3000形・3700形・3400形「創立110周年記念ミュージアムトレイン」運行

祝、110周年。京成電鉄では、8月上旬より「創立110周年記念ミュージアムトレイン」を運行している。6月30日に創立110周年を迎えたことを記念した関連事業の一環によるもの。車両の前面には投票で...

京成3000形・3700形・3400形「創立110周年記念ミュージアムトレイン」運行

最新記事

まだまだ頑張る京成3500形更新車

まだまだ頑張る京成3500形更新車。京成では現在3100形の導入と、3600形と3400形の廃車が進められていることは車両の動きでもお伝えしているとおりである。そんな3600形や3400形を...

まだまだ頑張る京成3500形更新車
都営浅草線 5500形導入と5300形の置換え状況

増える5500形、減る5300形。東京都交通局では2017年度より浅草線に5500形を導入している。5500形は2018年6月の営業運転開始以降、順次導入が続けられ、現在は22編成が運用入り...

都営浅草線 5500形導入と5300形の置換え状況
京成線 終電繰上げと始発繰下げに伴うダイヤ変更

3月27日、京成線では新型コロナウイルス感染症の流行による深夜の鉄道利用の減少と、夜間の保守作業の時間確保を目的としたダイヤ変更を実施した。終電の繰上げと始発の繰下げが主な内容となっているが...

京成線 終電繰上げと始発繰下げに伴うダイヤ変更
京成グループ 車両の動き(2020年度)

年度末ということで、京成グループにおける2020年度の車両の動きをまとめてみよう。2020年度、京成電鉄は3100形8両編成2本を導入した。2本はいずれも成田スカイアクセス線仕様の3150番台で...

京成グループ 車両の動き(2020年度)
四直珍列車研究 113 - 平日 2361K

29年間、おつかれさま。平日2361Kレは、西馬込始発通勤特急京成佐倉行である。京成本線の下り終電として走る同列車だが、3月27日に実施される終電繰上げ・始発繰下げに伴うダイヤ変更により運転を...

四直珍列車研究 113 - 平日 2361K

京成タグはありません