KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2020.08.06

7月上旬より、京成3100形の2次車にあたる3153編成と3154編成がお目見えしている。

D34349.jpg

京成3100形 3153編成
2020.7.17/京成臼井〜京成佐倉

▲営業運転に向けて試運転を行う3153編成。製造当初よりSRアンテナが載っかっているのが特徴である

京成電鉄では、2020年度の予定として3100形8両編成2本の新造を計画していたが、3153編成と3154編成が製造され、7月18日までに営業運転を開始した。製造は、日本車両が3153編成を、総合車両製作所(J-TREC)が3154編成をそれぞれ担当している。前年度の3151編成と3152編成からの仕様変更は特にない模様。大きな違いと言えば、デジタルSR無線用のアンテナ類が製造時より本設済みといった点くらいだろうか。

3154編成の導入により3050形3052編成が、3153編成の導入により3053編成がそれぞれ成田スカイアクセス線から京成本線に転用されており、この時点でアクセス専用車は3100形と3050形の本数が逆転した。アクセス運用のうち日中時間帯を走る運用が3100形だけという日も出現しており、成田スカイアクセス線の新しい日常風景が見られるようになっている。

なお、京成が6月26日に開示した有価証券報告書1)によれば、来年度も16両の鉄道車両を新造する予定とのこと。引き続き成田スカイアクセス線仕様の3100形を導入するものとみられ、3155編成と3156編成が製造される見込みである。

運転開始までのスケジュール
  • 3153編成(日本車両製)
    7月7、8日:日本車両(豊川)から総合車両製作所(逗子)まで輸送
    7月13日:金沢八景より回送、京成入線(2121K
    7月17日:八千代台〜東成田間にて試運転(S51、S53運行)
    7月18日:1706Kより営業運転開始
  • 3154編成(総合車両製作所(J-TREC)製)
    7月2日:金沢八景より回送、京成入線(2121K
    7月10日:八千代台〜東成田間にて試運転(S51、S75運行)
    7月11日:1706Kより営業運転開始
  • 1)有価証券報告書 - 第177期(2019年4月1日〜2020年3月31日)

関連記事

京成3600形3658編成 営業運転終了

京成3600形に廃車が発生。京成電鉄では今年度、新型車両となる3100形を2編成導入する予定となっているところだが、3154編成の導入に伴い3600形3658編成がこのほど運用を離脱。廃車と...

京成3600形3658編成 営業運転終了
55K:3152編成 京成3100形が京成本線を走る

京成3100形が京成本線を走る。6月12日に京成本線青砥駅構内で発生した列車脱線事故。押上線八広〜青砥が終日運休になり、ダイヤが大幅に乱れるなど各線に大きな影響を及ぼした。翌13日7時40分ごろ...

55K:3152編成 京成3100形が京成本線を走る
京成3050形3051編成 赤と青の一般色に変更

京成3050形3051編成、赤と青の京成カラーに変更。京成本線に転用へ。12月上旬より京成本線への転用のためのデザイン変更が実施されていた3051編成だが、このほど赤と青の京成カラーになって...

京成3050形3051編成 赤と青の一般色に変更
京成3100形(3150形) 営業運転開始 2 - 写真あれこれ

10月26日ダイヤ改正でデビューした京成電鉄の新型車両3100形(3150形)。ようやくあれこれ観察することができたので、今さらながら営業運転の様子などをまとめてみた。前回の記事で3100形の...

京成3100形(3150形) 営業運転開始 2 - 写真あれこれ
京成3100形(3150形) 営業運転開始 1 - デビューまでの動きと今後について

10月26日ダイヤ改正でデビューした京成電鉄の新型車両3100形(3150形)。ようやくあれこれ観察することができたので、今さらながら営業運転の様子とデビューまでの動きをまとめてみた。さらに...

京成3100形(3150形) 営業運転開始 1 - デビューまでの動きと今後について

最新記事

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

今年も大型連休が終わり、鉄道各社から今年度における設備投資計画が発表される季節がやってきた。京成電鉄でも17日の夕方に発表があったところなので、これを読んで今後の動きを探ってみよう。まず、この...

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成試運転