KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2020.08.27

京成3050形3052編成と3053編成が赤と青の京成カラーに変更。京成本線に転用へ。

D34840.jpg

京成3050形 3053編成
2020.8.13/京成佐倉〜大佐倉

▲帯フィルムが変更されて京成本線へ転用になった3053編成。写真は転用直後に実施された重要部検査後の試運転の様子
X79952.jpg

京成3050形 車内
2020.8.25/**

▲床や壁はそのままで座席だけ京成本線仕様に交換された3053編成の車内。3050形に新たな形態が出現した

京成電鉄では今年度の新車として3100形3153編成と3154編成を導入したところであるが、これに伴い3050形が成田スカイアクセス線から京成本線に転用となっている。転用されたのは3052編成と3053編成で、車体の色を成田スカイアクセス線仕様のオレンジ色から青と赤の京成カラーに変更。3052編成は7月上旬から、3053編成は8月上旬からそれぞれ京成本線を走っている。3052編成と3053編成は昨年秋の3100形のデビューに合わせて青色のアクセス色からオレンジ色の新アクセス色に変更されたばかりだが、わずか1年たらずで再度デザインが変更される格好になった。

今回、京成本線仕様となった2編成のうち、3053編成については座席が交換されたことが特筆される。3050形の特徴であった飛行機柄のシートから、3000形で使用されている紫色(優先座席は青色)になった。交換されたのは座席のみとなり、青色の床や白無地のデコラはそのままなので、3050形に新たな形態が生じている。この変更が先に京成カラーになった3051編成と3052編成にも及ぶかどうかが気になるところ。

3052編成と3053編成のアクセス運用最終日と京成本線運用開始日は次のとおり。

  • 3052編成:6/17 11K運行 → 7/1 A13運行
  • 3053編成:7/26 07K運行 → 8/9 A27運行

関連記事

京成3400形3408編成 営業運転終了

京成3400形に初の廃車が発生。京成電鉄では今年度、新型車両となる3100形を2編成導入する予定となっているところだが、3153編成の導入に伴い3400形3408編成がこのほど運用を離脱、廃車に...

京成3400形3408編成 営業運転終了
京成3100形3153編成・3154編成 登場

7月上旬より、京成3100形の2次車にあたる3153編成と3154編成がお目見えしている。京成電鉄では、2020年度の予定として3100形8両編成2本の新造を計画していたが、3153編成と...

京成3100形3153編成・3154編成 登場
京成3600形3658編成 営業運転終了

京成3600形に廃車が発生。京成電鉄では今年度、新型車両となる3100形を2編成導入する予定となっているところだが、3154編成の導入に伴い3600形3658編成がこのほど運用を離脱。廃車と...

京成3600形3658編成 営業運転終了
京成3000形 3003編成のSiC-VVVFインバーター試験が終了

京成3000形、3003編成のSiC-VVVFインバーター試験が終了。2016年12月よりハイブリッドSiCを適用したVVVFインバーターに換装されていた3003編成だが、このほど試験を終了し...

京成3000形 3003編成のSiC-VVVFインバーター試験が終了
55K:3152編成 京成3100形が京成本線を走る

京成3100形が京成本線を走る。6月12日に京成本線青砥駅構内で発生した列車脱線事故。押上線八広〜青砥が終日運休になり、ダイヤが大幅に乱れるなど各線に大きな影響を及ぼした。翌13日7時40分ごろ...

55K:3152編成 京成3100形が京成本線を走る

最新記事

新京成8800形 機器非更新のリニューアル車が出現

新京成8800形に新たな形態が出現。新京成8800形で2016年度より進められている車体のリニューアル工事について、異変が生じている。8800形のリニューアル工事は、VVVFインバーター装置の...

新京成8800形 機器非更新のリニューアル車が出現
京成3400形 3418編成に残る「北総・公団線」表示

京成3400形に残る「北総・公団線」表記。京成高砂から東松戸、新鎌ヶ谷を抜けて千葉ニュータウンに至る北総線は、かつて北総・公団線と言っていた。千葉ニュータウン内の鉄道整備において、諸々の事情から...

京成3400形 3418編成に残る「北総・公団線」表示
京成3000形 「パンダ来日50周年記念」ヘッドマーク

パンダが日本に来てから半世紀。京成電鉄では、10月下旬から12月末まで3000形に「パンダ来日50周年記念」ヘッドマークの掲出を行った。1972年10月に日本で初めてジャイアントパンダ「カンカン...

京成3000形 「パンダ来日50周年記念」ヘッドマーク
新京成電鉄 新年ヘッドマーク(2023年)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、今年も毎年恒例の新年ヘッドマークの掲出を行っている。今年で15年目となるヘッドマークの干支は「卯」。新年...

新京成電鉄 新年ヘッドマーク(2023年)
京成3500形 走り続けて50周年

走り続けて半世紀。京成電鉄における最古参の車両として走る3500形。そんな3500形は2022年12月、めでたくデビュー50周年を迎えた。1972年12月26日に竣工(入籍)した3504編成...

京成3500形 走り続けて50周年

京成試運転