KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2020.09.11

京急新1000形1065編成が都営車になる???

D34902.jpg

京急新1000形 1065編成
2020.8.30/青砥〜京成高砂

▲3月上旬から東京オリンピック・パラリンピックの広告ラッピング電車として走っていた1065編成

9月が始まって早10日、季節はまもなく夏から秋に移り変わろうとしている。今年の夏ほどイレギュラーな夏はなかった。例年通りのうだるような暑さとは対照的に、一言で言えば虚無。新型コロナウイルス感染症の世界的流行のおかげで、中止や縮小になったイベントが多かった。頼みの綱だったGo To Travel キャンペーンもいまいち不発で、夏という季節を満喫できずに終わってしまった人も多いのではないかと思う。

その最たるものが東京オリンピック・パラリンピックの開催延期であろう。本来であれば7月22日からオリンピックが、8月25日からパラリンピックがそれぞれ開催され、日本中が熱気に包まれるはずだった。今ごろはその余韻に浸っていたことだろう。大会開催に伴う興味深い臨時列車も走っていたかもしれない。同大会は2021年にも同日程で行われる予定とされているが、開催できるかどうかは新型コロナウイスル感染症の状況次第であり、予断を許さない。

前置きが長くなってしまったが、四直における東京オリンピック・パラリンピックを象徴する存在として、新1000形1065編成が3月上旬より同大会の広告ラッピング電車として走っていた。ラッピングは、公式マスコットであるミライトワとソメイティを車体に散りばめたデザイン。前述のように同大会は3月下旬にも開催延期が決定され、広告ラッピング電車はどうなるかと思ったが、中止になったわけではないのでそのまま継続とされた。ラッピングが終了したのは9月6日。この日は本来パラリンピックの閉会式が行われる予定だった日なので、広告ラッピングだけは当初予定していた通りに実施されたものとみられる。

さて、この広告ラッピング電車、ひとつだけ面白いところがあった。ドアの周囲に目をやると、と、東京都・・・?? もしかして、1065編成が東京都に転属?!?!

D34764.jpg

京急新1000形 デハ1072の側面
2020.8.8/**

▲1065編成の側面に燦然と輝く緑色のイチョウマーク。都営車になっちゃった??

もちろんそんなわけはなく、ただ単に広告主が東京都で、それを表示したというだけである。ただ、やはり四直における東京都と言えば泣く子も黙る交通局。緑色のイチョウマークがあるだけで、その車両があたかも都営車のように見えてしまうのだから面白いものだ。来年、同大会の開催があるならぜひとももう一度ラッピングをやってほしい。

関連記事

京急1500形「けいきゅん号」運転(2020年)

祝・けいきゅん9周年。京急電鉄では、10月中旬より「けいきゅん号」の運転を行っている。10月21日に同社のマスコットキャラクターである「けいきゅん」が9歳を迎えることを記念したお誕生日...

京急1500形「けいきゅん号」運転(2020年)
京急2100形「夏詣」ヘッドマーク

京急に乗って神社を巡ろう!! 京急電鉄では、6月末より「夏詣」ヘッドマークの掲出を行っている。同社が8月末までの予定で実施している「夏詣」キャンペーンをPRするもので、2100形2149編成が...

京急2100形「夏詣」ヘッドマーク
京急大師線 干支ヘッドマーク(2020年)

京急電鉄では、1月1日から2月3日まで毎年恒例となっている大師線の干支ヘッドマークの掲出を実施した。今年の干支は子で、2種類のヘッドマークが大師線を走る1500形に掲げられた。大師線の干支...

京急大師線 干支ヘッドマーク(2020年)
京急600形 ロゴ無しKEIKYU BLUE SKY TRAIN(2019年)

京急600形606編成"KEIKYU BLUE SKY TRAIN"に異変(5年半ぶり、2度目)。600形606編成の"KEIKYU BLUE SKY TRAIN"がロゴ無し状態で走っている。7月下旬に...

京急600形 ロゴ無しKEIKYU BLUE SKY TRAIN(2019年)
京急600形「京急電鉄創立120周年×養老鉄道全通100周年記念」ヘッドマーク

京急電鉄と養老鉄道のコラボレーション。2019年1月より、京急600形607編成に「京急電鉄創立120周年×養老鉄道全通100周年記念」ヘッドマークが掲出されている。2018年2月に創立120...

京急600形「京急電鉄創立120周年×養老鉄道全通100周年記念」ヘッドマーク

最新記事

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

今年も大型連休が終わり、鉄道各社から今年度における設備投資計画が発表される季節がやってきた。京成電鉄でも17日の夕方に発表があったところなので、これを読んで今後の動きを探ってみよう。まず、この...

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化