KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2020.09.17

京急線で日中時間帯に運転されている品川〜京急蒲田間の普通列車、通称"蒲田ローカル"。新型コロナウイルス感染症の影響で運休とされているが、その状況をレポートしよう。

Y54846.jpg

京急新1000形 1065編成
2018.7.1/大森海岸

▲京急線で日中時間帯に運転されている京急蒲田行の普通列車、通称"蒲田ローカル"。エアポート急行停車駅の停車本数確保を目的に2012年10月ダイヤ改正で登場した運行系統だが、新型コロナウイルス感染症の影響で5月上旬より運休が続いている

世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルス感染症は、特に運輸業界に暗い影を落としている。京急線でも4月中より運行計画を変更し、5月の連休から品川〜京急蒲田間の普通列車、通称"蒲田ローカル"のほぼ全ての列車が運休になるなどの大きな影響が出ている。

蒲田ローカルで運休となっているのは、平日下り:品川11時14分発〜15時34分発、平日上り:京急蒲田10時46分発〜15時6分発、土休日下り:品川10時14分発〜18時54分発、土休日上り:京急蒲田9時46分発〜18時26分発の各列車(平日28本、土休日54本)。通常ならば日中時間帯の品川〜京急蒲田間では毎時9本の普通列車が運転されているが、蒲田ローカルが運休のため同区間の普通列車は浦賀などを発着する運行系統のみ10分間隔での運転となっている。

平日に3本のみ運転される蒲田ローカル

さて、蒲田ローカルが運休になっている日中時間帯、京急蒲田駅を訪れてみると、切り欠きホームの2番線と5番線に蒲田ローカルの回送車が停まっているではないですかい。お前ら、運休になったはずでは・・・?

X79794.jpg

京急新1000形 1417編成
2020.7.21/京急蒲田

▲京急蒲田駅5番線に停車中の77運行:1417編成。あれ、蒲田ローカルは運休になったんじゃ・・・
X79781.jpg

京急新1000形 1481編成
2020.7.21/京急蒲田

▲3階に上がると2番線にも蒲田ローカルの71運行が。運用の都合で平日に限り4時間ほど京急蒲田で待機する

蒲田ローカルが全て運休になっているかというと、そうではない。平日の品川10時54分発京急蒲田行(1070)と京急蒲田15時36発・15時56分発品川行(1577・1571)の3本のみが運休とならずに運転されている。これらの列車が生き残っている理由は前後の運用の都合による。1070は金沢文庫始発普通からの折返し、1577と1571は品川で折返し浦賀行あるいは神奈川新町行になるため、運休したくてもできないのだ。

これに伴い、蒲田ローカルの充当車両は平日に限り京急蒲田2番線と5番線で長時間の待機を行っている。2番線で待機するのは71運行。1070で京急蒲田2番線に到着した車両はそのまま15時台まで待機、1470として京急川崎に回送の後、折返し1571に充当する。5番線で待機するのは77運行で、神奈川新町を出庫した1177回送車が京急蒲田5番線に到着の後、1577普通品川行になるまで待機となる。日中時間帯の営業中のホームに車両が延々と停車しっぱなしという光景は少し異様だが、車庫に戻っても邪魔になるだけだろうし、余計な回送を運転しないためにも都合のよいやり方なのだろう。

土休日ダイヤの蒲田ローカルは全列車が運休となるため、平日のような光景は見られない。土休日ダイヤの蒲田ローカルは813A〜903Aの金沢文庫からの増結車が充当される運用となっているが、京急川崎で分割の後、そのまま折り返して神奈川新町まで回送、新町検車区に入庫する。

京急線におけるそのほかの運行計画変更

京急線では蒲田ローカルの運休のほかにも運行計画の変更を実施した。時系列の順に記す。

  • 4月11日より、土休日ダイヤの一部快特で実施している「ウィング・シート」を休止。
  • 4月18日、25日、上り特急および下り快特の増結を中止(813A〜903Aを除く)。
  • 5月2日〜6日、上り特急および下り快特の増結を中止(813A〜903Aを含む)。蒲田ローカル運休。
  • 5月9日より、蒲田ローカルを運休(現在も運休中)。土休日ダイヤにおいては上り特急および下り快特の増結を中止(813A〜903Aを含む)。
  • 6月6日、土休日ダイヤの増結を再開。
  • 7月18日、「ウィング・シート」再開。なお、この時より座席指定券(Wing Ticket)が車内にて現金で購入できるようになった。
  • 7月20日、平日ダイヤを一部変更。887SHと976SHの品川〜金沢文庫間を12両編成化。これに伴い、871の車両交換を金沢文庫から神奈川新町に、915の車両交換を神奈川新町から金沢文庫にそれぞれ変更。

関連記事

京急線 さようなら新逗子行

さようなら、新逗子行。3月14日に予定されている京急線の駅名変更まで残すところ1週間。駅名変更は羽田空港国際線ターミナル(→羽田空港第3ターミナル)と同国内線ターミナル(→同第1・第2ターミナル...

京急線 さようなら新逗子行
京急線 座席指定サービス「ウィング・シート」に乗る - 考察編

京急線の座席指定サービス「ウィング・シート」に乗ってみた。京急線にて2019年10月ダイヤ改正で新設された、座席指定サービス「ウィング・シート」。サービス開始からもうすぐ3ヶ月が経とうとして...

京急線 座席指定サービス「ウィング・シート」に乗る - 考察編
京急線 座席指定サービス「ウィング・シート」に乗る - 乗車編

京急線の座席指定サービス「ウィング・シート」に乗ってみた。京急線にて2019年10月ダイヤ改正で新設された、座席指定サービス「ウィング・シート」。サービス開始からもうすぐ3ヶ月が経とうとして...

京急線 座席指定サービス「ウィング・シート」に乗る - 乗車編
京急線 品川〜京急蒲田間の普通列車"蒲田ローカル"を見る その2

京急本線において日中時間帯に品川~京急蒲田間を走る通称"蒲田ローカル"。運行開始から5年を記念して、蒲田ローカルがどういった運行をしているのかを見てみよう(今さら)。さて、品川~京急蒲田間を走る...

京急線 品川〜京急蒲田間の普通列車
京急線 品川〜京急蒲田間の普通列車"蒲田ローカル"を見る

京急本線において日中時間帯に品川~京急蒲田間を走る通称"蒲田ローカル"。運行開始から5年を記念して、蒲田ローカルがどういった運行をしているのかを見てみよう(今さら)。蒲田ローカルは日中時間帯に...

京急線 品川〜京急蒲田間の普通列車

最新記事

京成線の終電繰り上げと始発繰り下げ 新ダイヤを予想する

新型コロナウイルス感染症の流行による深夜の鉄道利用の減少と、夜間の保守作業の時間確保を目的に、JR東日本を始めとした首都圏の各鉄道事業者では終電の繰り上げがひとつのトレンドになっている。このほど...

京成線の終電繰り上げと始発繰り下げ 新ダイヤを予想する
京成AE形「成田スカイアクセス線開業10周年」ヘッドマーク

祝・成田スカイアクセス線開業10周年。7月に開業10周年を迎えた成田スカイアクセス線。京成電鉄ではこれを記念したさまざまな施策が実施されているところであるが、この一環としてAE形がヘッドマークを...

京成AE形「成田スカイアクセス線開業10周年」ヘッドマーク
京成電鉄「2020年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

11月10日、京成電鉄より2020年度の鉄道事業設備投資計画が発表された。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。例年は5月中旬頃に発表されている京成の鉄道事業設備投資計画だが、今年度は...

京成電鉄「2020年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
四直珍列車研究 111 - 平日 1111T

ある列車で起こったミラクルな話。平日1111Tレはかつて運転されていた羽田空港国内線ターミナル発印旛日本医大行である。日中時間帯に設定されている羽田空港〜北総線系統の一列車にすぎず、見た目的には...

四直珍列車研究 111 - 平日 1111T
山万ユーカリが丘線 路線バス事業の概要

山万ユーカリが丘線、路線バスの運行が始まる。不動産業を営む山万は、自社で開発したニュータウンの中に住民の利便のため鉄道を敷設してしまうという稀有な事業者であることが広く知られている。京成線の...

山万ユーカリが丘線 路線バス事業の概要