KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2020.10.30

ちばグリーンバス随一の変わりモノ、水害に沈む。

Y51982.jpg

ちばグリーンバス CG-157号車
2017.8.10/墨入口

▲ちばグリーンバスで唯一無二のエアロスターだったCG-157号車。写真は酒々井プレミアム・アウトレット線で走る姿を捉えたものだが、急行の表示が実に似合う車両であった
Y52693.jpg

ちばグリーンバス CG-157号車
2017.8.10/酒々井プレミアム・アウトレット

▲うしろ側

ちばグリーンバスを襲った豪雨災害から1年が経った。弊サイトではこれまでに災害に伴う復旧車両の話題を取り上げてきたが、今回は水害で沈んでしまった側の車両を追悼の意を込めてご紹介しようと思う。

ちばグリーンバスCG-157号車は、三菱ふそうのエアロスター(KL-MP35JM)である。2005年に導入された車両で、メトロ窓にハイバックシートといういわゆるワンロマ仕様が採用された。京成バス佐倉営業所の時代からいすゞを中心に導入してきたちばグリーンバスで、三菱ふそうの車両が導入されたのは異例なこと。同仕様の車両はこの1台のみとなり、ちばグリーンバスにおけるエアロスターは今のところこの車両が最初で最後となっている。メーカーの選択といい仕様といい、きわめて特異な1台であった。

CG-157号車がワンロマ仕様で導入されたのは、深夜急行バスで使うためであった。日中時間帯には一般路線で、夜になると深夜急行バスで走るという1台2役を担った。ただ、酔客の利用も多い深夜急行バスにおいて、しかも銀座〜佐倉という比較的長距離の路線でトイレなしというのは不評だったようで、深夜急行バスは後年のダイヤ改正でトイレ付きのハイデッカー車が担当するようになっている。

深夜急行の任を外されたCG-157号車は佐倉市内の一般路線で使用されるが、ここでもその仕様が仇となってしまう。着席を重視したハイバックシートが並ぶ車内では乗客の詰め込みがきかず、このことが嫌われて晩年は比較的閑散な京成酒々井駅発着の路線で使用されるようになった。さらに、最晩年には一般路線での営業も外れて、貸切用車両として主に企業輸送で動いていたようである。

そして発生した、2019年10月の豪雨災害。営業所の近くを流れる鹿島川の水が大量に流れ込む中、逃げ遅れて水没したCG-157号車は再起不能と判断され、無念の廃車となった。こうして振り返ってみると、当初の役目を全うすることができず、最後は水没するという、ちょっとツイてない車両だったかもしれない。いずれにせよ、唯一無二の個性的な車両がこのような形での引退となってしまったのはたいへん残念なことである。

関連記事

京成バス1009号車 いすゞエルガデュオLX525Z1

初物づくしの1台。2020年10月、東京都心と臨海副都心を結ぶ新しい交通機関として東京BRTが開業した。開業時より9台の車両で運行していることは以前の記事でご紹介したとおりだが、ここでは特に...

京成バス1009号車 いすゞエルガデュオLX525Z1
船橋新京成バスF-132号車 さようなら船橋バス

さようなら、船橋バス。かつて船橋バスというバス事業者があったのを憶えているだろうか。船橋市高根町に本社を構えていた船橋バスは、船橋グリーンハイツの団地輸送のために設立されたバス会社であった...

船橋新京成バスF-132号車 さようなら船橋バス
東京ベイシティ交通6301号車 日野ポンチョ研修車

東京ベイシティ交通6301号車は、研修車として使用している日野ポンチョである。浦安市を走る「おさんぽバス」。2002年4月に運行開始したこのコミュニティバスは、市民病院線(現・医療センター線)を...

東京ベイシティ交通6301号車 日野ポンチョ研修車
ちばグリーンバスCG-762号車 凄い経歴を持つレインボーHR

ちばグリーンバスCG-762号車の凄い経歴をご紹介しよう。ちばグリーンバスCG-762号車は、2003年式の日野レインボーである。2019年10月に発生した豪雨災害に対する復旧支援で関東鉄道から...

ちばグリーンバスCG-762号車 凄い経歴を持つレインボーHR
ちばグリーンバスCG-302号車 奇跡の復活を遂げたV8エルガ

ちばグリーンバスCG-302号車、奇跡の復活劇。ちばグリーンバスCG-302号車は、2003年式のいすゞエルガ(KL-LV280N1)である。ちばグリーンバスオリジナルのカラーではなく京成バス...

ちばグリーンバスCG-302号車 奇跡の復活を遂げたV8エルガ

最新記事

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化
京急600形 大師線を走る

京急大師線の新たな日常風景。京急電鉄では2020年度よりL/C座席を装備した新型車両1000形1890番台を導入し、1500形4両編成を置き換えているところである。1500形はこれまでに...

京急600形 大師線を走る

京成バスタグはありません