KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2020.10.11

新京成8000形、京成線への乗入れを終了。

D29470.jpg

新京成8000形 8512編成
2018.1.10/幕張本郷〜幕張

▲9月下旬をもって京成千葉線への乗入れを終了した8512編成。写真の区間を走る8000形は見ることができなくなった

2017年6月よりリバイバルカラーとして走っている新京成8000形8512編成だが、9月下旬をもって京成千葉線への乗入れを終了した模様である。既に直通運転で使用する機器類の一部が撤去されているほか、運転台には乗入非対応と書かれたシールが貼られており、京成線に入線できない状態となっているようだ。8512編成が最後に京成千葉線に入線したのは9月25日のこと。8512編成は廃車が進む8000形のラスト1本でもあるので、この日をもって京成千葉線を走る8000形の姿は見納めということになった。

8000形については、昨年度に廃車になった8518編成も引退より先に乗入非対応とされており、結果的には8512編成もこの流れを踏襲した。なお、8518編成の乗入れ終了ではその代わりに8800形8814編成が新しく乗入対応となり、京成千葉線への直通運転を開始。これと同じ動きがあるならば、8512編成の代わりになる京成乗入対応車が新たに登場することになると思われる。

新京成電鉄では中期経営計画にて2021年度中にも80000形を1本新造することを明らかにしており、この80000形(80026編成になるとみられる)が8512編成の置換え用になる見込みである。くぬぎ山のタヌキとして親しまれてきた8000形も、いよいよ終わりが近づいてきている。

関連記事

新京成8000形8518編成 営業運転終了

新京成8000形8518編成が運用終了。8000形は残り1編成に。新京成8000形8518編成が営業運転を終了した。新京成電鉄の公式Twitterによれば、最終運行となったのは14日の朝で...

新京成8000形8518編成 営業運転終了
新京成80000形 営業運転開始

京成3100形に続き、新京成80000形もデビュー。12月27日、新京成電鉄の14年ぶりとなる新型車両である80000形が営業運転を開始した。営業初日となった27日はくぬぎ山7時3分発松戸行...

新京成80000形 営業運転開始
新京成N800形N858編成 登場

8月上旬より、新京成N800形の5次車にあたるN858編成がお目見えしている。N858編成の仕様は、2015年度に新造されたN848編成から大きく変わっている。特に車内については、2016年度...

新京成N800形N858編成 登場
新京成8000形 三者三様で走る日常

廃車が進み、残り3編成となっている新京成8000形。現在、奇しくもこれら3本の8000形は互いに異なる装いで走っており、ちょっと楽しい状態になっている。三者三様となっている8000形をそれぞれ...

新京成8000形 三者三様で走る日常
新京成8000形8512編成 茶色帯リバイバルカラー

新京成8000形の茶色帯が復活。新京成電鉄では、2017年6月より8000形のリバイバル塗装車両の運転を行なっている。リバイバルカラーになったのは8512編成で、くぬぎ山工場への入場を機に...

新京成8000形8512編成 茶色帯リバイバルカラー

最新記事

京成3000形「船橋〜千葉間開業100周年」ヘッドマーク

祝・京成船橋〜千葉中央間開業100周年。京成電鉄では、7月中旬より3000形3021編成にて「船橋〜千葉間開業100周年」ヘッドマーク電車の運行を実施している。1921年7月17日に船橋〜千葉...

京成3000形「船橋〜千葉間開業100周年」ヘッドマーク
京成3600形3688編成 リバイバルカラーの1年

京成3600形3688編成がリバイバルカラーとなってからまもなく1年が経とうとしている。リバイバルカラーの1周年を記念して、3688編成のこの1年の動きを振り返ってみよう。3688編成が...

京成3600形3688編成 リバイバルカラーの1年
京急1000形 さようなら「ドレミファインバーター」

さようなら、「ドレミファインバーター」。7月20日、京急1000形1033編成が更新工事前の運行を終了した。同編成は2100形より採用されたドイツ・シーメンス製のGTO-VVVFインバーターを...

京急1000形 さようなら「ドレミファインバーター」
京成線 京成トラベルサービス主催の鉄道ファン向けツアーまとめ

京成トラベルサービスが主催する鉄道ファン向けのツアーをまとめてみた。京成電鉄と京成トラベルサービスでは、京成トラベルサービス主催・京成電鉄後援という格好で鉄道ファン向けのツアーを開催している...

京成線 京成トラベルサービス主催の鉄道ファン向けツアーまとめ
京成3000形「ふたごの赤ちゃんパンダ誕生」ヘッドマーク

赤ちゃんパンダ、お誕生おめでとう。京成電鉄では、6月末より「ふたごの赤ちゃんパンダ誕生」ヘッドマーク電車を運行している。これは、6月23日に上野動物園のジャイアントパンダであるリーリーとシンシン...

京成3000形「ふたごの赤ちゃんパンダ誕生」ヘッドマーク