KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2020.11.08

山万ユーカリが丘線、路線バスの運行が始まる。

X80345.jpg

山万 こあら4号ほか
2020.10.30/女子大車両基地

▲山万鉄道事業部に所属する路線バスの車両たち。車庫はユーカリが丘線の車両基地内に併設され、車両基地はバスの営業所を兼ねることになった
X80383.jpg

山万 こあら4号
2020.11.2/ユーカリが丘駅前

▲路線バスの運行にあたり導入された中型車。中型車はユーカリが丘線の1000形電車と同じアイボリーに緑の帯を巻いたデザインが採用されている

不動産業を営む山万は、自社で開発したニュータウンの中に住民の利便のため鉄道を敷設してしまうという稀有な事業者であることが広く知られている。京成線のユーカリが丘駅からニョロっと飛び出ているラケット状の循環路線、ユーカリが丘線がそれだ。その山万が、このほど11月7日より路線バスの運行を開始した1)。はたしてどういった路線バスなのか、ざっくりと見てみよう。

ユーカリが丘線を補完する路線バス

山万は、今回の路線バスをユーカリが丘線を補完するものと位置づけている。その心は、ユーカリが丘ニュータウン内の住環境のさらなる向上の実現。路線バスをニュータウン内の住宅地や商業施設、病院などを網の目のように走らせることで、ユーカリが丘線と合わせてシームレスな交通手段の実現を目指すとしている。同社が路線バスを始めたとなると、未だ非冷房の車両を使い続けているユーカリが丘線の廃止が頭をよぎってしまうところだが、両者は併存するということなので一安心。それにしても、ディベロッパーが自ら鉄道を運行するだけでも驚きなのに、路線バスもやり始めてしまうのだからスゴイのだ。

路線バスを担当するのは同社の鉄道事業部。鉄道事業部はユーカリが丘線の運行を担う部署であり、ユーカリが丘線に加えて路線バスも担当することになった。鉄道とバスを同一の部署が運行するのは全国的にも珍しい事例かと思われる。同社の求人情報によれば、バス乗務員はシフトの中でユーカリが丘線の駅務を担当することもあるとのこと。

もとより山万ではユーカリが丘ニュータウン内におけるバスの運行に興味を持って動いてきており、2009年から実証実験と称して断続的に自家用のバスをコミュニティバスとして走らせてきた経緯がある2)。今回運行開始した路線バスは、山万のこれまでのバスにかかわる蓄積を事業という形に昇華させたものと言えそうだ。

路線バス「ユーカリが丘循環線」の概要

路線バスはユーカリが丘循環線として、ユーカリが丘ニュータウン内を走る6系統が設定されている。

Z00851.jpg
▲路線バスの路線網(筆者作成、周辺を走る東洋バスと佐倉市コミュニティバスの路線も描画してある)

路線は中型車を使用する1〜3系統と、小型車を使用する101〜103系統の2つに分けられる。全ての系統がユーカリが丘駅の北口あるいは南口を起点とする循環路線で、1系統の1便を除くほぼ全てのバスがイオンタウン西街区前を経由する。ユーカリが丘線の補完であると同時に、イオンタウンユーカリが丘店へのお買い物バスという性格を併せ持つ格好になっている。

本線格なのはユーカリが丘駅北口を発着する2系統と3系統で、それぞれ毎時1本ずつ、合わせて30分間隔で運行される。1〜3系統が大通りを素直に走るのに対し、ユーカリが丘駅南口を発着する101〜103系統は運行本数が少ないながらも住宅地の奥のほうまで入り込んでいくのが特徴的。ユーカリが丘線だけでは実現し得ない、まさにかゆいところに手が届く交通機関となっている。

運行時間帯が8時〜20時というのも特徴のひとつであろう。一般的な路線バスであれば朝の通勤時間帯に本数のピークがあるところだが、山万の路線バスではユーカリが丘線の補完という役割から特にそういったことは考慮されていない。ユーカリが丘線が京成線との接続のため4時台から24時台まで運行しているのとは対照的だ。

運賃は区間にかかわらず1回の乗車で200円。SuicaやPASMOなどのICカードは使用できない。興味深いのはユーカリが丘線の定期券や回数券、1日乗車券、シニアパスでも乗車可能なことで、両者が同一部署による運行というアドバンテージを活かしている。ユーカリが丘線が工事や輸送障害などで運休したときのバックアップ役になることも想定している。

山万鉄道事業部の車両たち

次に、山万の路線バスとして走る車両たちを紹介する。2020年11月7日現在、路線バスとして山万鉄道事業部に以下の7台が所属している。(※以下の表は横方向にスクロール可能)

愛称 登録番号 型式 備考
こあら4号 千葉200か3214 日野2KG-KR290J3 18 ←千葉200は685
こあら5号 千葉200か3215 日野2KG-KR290J3 18 ←千葉200は686
こあら6号 千葉200か3216 日野2KG-KR290J3 18 ←千葉200は687
こあら7号 千葉200か3217 日野2KG-KR290J3 18 ←千葉200は688
こあら8号 千葉200あ558 日野SDG-HX9JHBE 13 ←千葉200さ1537、旧ここらら1号
こあら9号 千葉200あ559 日野SDG-HX9JHBE 17 ←千葉200さ2156
こあら10号 千葉200あ560 日野SDG-HX9JHBE 17 ←千葉200さ2157

※このほか、ここらら2号という自家用のマイクロバスがいる。

X80322.jpg

山万 こあら4号ほか
2020.10.30/女子大車両基地

▲路線バスの運行にあたり導入された日野レインボー4台。車両自体は2018年の冬に納車され、しばらく車庫の肥やしになっていたが、ようやく役割が与えられて走り出すことができた
X80357.jpg

山万 こあら8号ほか
2020.10.30/女子大車両基地

▲3台が在籍する日野ポンチョのショートボディ車両。自家用のコミュニティバスとして使用されていたが、営業用のナンバーに付け替えられて路線バス用の車両に生まれ変わった

路線バス用の車両として、中型車は日野レインボー2KG-KR290J3が4台、小型車は日野ポンチョSDG-HX9JHBEが3台、合わせて7台が在籍している。デザインは中型車がアイボリーに緑の帯、小型車がローズピンク色で、いずれも車体全体にコアラのキャラクターをラッピングしてある。特に中型車はユーカリが丘線の1000形電車と同じデザイン。バスにもユーカリが丘線と同じこあらx号という愛称が付けられており、両者の一体感を演出している。

最古参は2013年式のこあら8号で、もともとここらら1号という名前で実証実験のコミュニティバス用として導入された車両である。残りのポンチョ2台(9・10号)は2017年に、中型車4台(4〜7号)は2018年にそれぞれ導入されており、実は2018年には路線バスとして使う予定の車両が揃っていた。

ただし、その時点で山万はまだ道路運送法に基づく路線バス事業者ではなかったため、いずれも自家用車(白ナンバー)として登録された。2020年5月28日付で路線バス事業が許可された3)ことから、これらの車両は順次事業用(緑ナンバー)として再登録され、改めて路線バス用の車両として整備されている。

小型車3台は前述のコミュニティバスとして使用されていたのでまだよかったが、中型車はとりあえず車両を購入しただけで何の役割も与えられず、車庫で昼寝する日々が続いていた。路線バスが運行開始されたことで、ようやく本来の役割で走り出すことができた。

今後は「顔パス決済乗車」も導入予定

以上、山万の路線バス事業を簡単にまとめてみた。ユーカリが丘線だけでは分からない、ディープなユーカリが丘を巡る路線バスにぜひ乗られたい。その際の参考にしてただければ幸いである。

今後、山万の路線バスでは2021年2月より顔認証による「顔パス決済乗車」の実証実験を行う予定であるとのこと。「顔パス決済乗車」は、ジョルダンの「Jorudan Style Point & Pass」(クラウドサービスによる決済チケット管理機能)とパナソニックの顔認証技術を活用したもので、顔認証によりその乗客と紐づいた電子マネーから自動で料金を引き去る仕組み。こうした実証実験を経た上で、ゆくゆくはユーカリが丘線も「顔パス」で乗れるようにするというから楽しみだ。未来は意外と近いかも? ローカルな交通機関と侮ることなかれ、山万は時代の最先端を走っている。

  • 1)11月1日〜6日は試運転として同一ルート・時刻で無料バスを運行。
  • 2)2009年と2010年に早稲田大学、昭和飛行機工業、日本ユニシスの協力を得て電気バスを使用した実証運行を実施。2013年より自社保有の車両にてコミュニティバスを運行開始。
  • 3)国土交通省関東運輸局報第1787号(2020年6月4日発行)

関連記事

しずてつジャストライン 復刻塗装車両が増えすぎな件

3月のある日、所用で静岡に行ってきたのでそのついでにしずてつジャストラインのバスなどをば。JR静岡駅で小一時間ほどスポッティング。このところバス界隈で賑わいをみせているものと言えば、復刻塗装...

しずてつジャストライン 復刻塗装車両が増えすぎな件
タイ バンコク交通見聞 2016年秋 1 - バンコク都バス モーチット2車庫

ちょうど1年前のことになってしまったのだが、タイに行ってきましたよっ。バンコクを中心にブラついてきたので、例によって備忘録的にあれこれ記していきたいと思う。さて、今回はバスネタから。前回の...

タイ バンコク交通見聞 2016年秋 1 - バンコク都バス モーチット2車庫
水戸駅前のバス 2016年初夏 1 - 茨城交通あれこれ

6月に水戸に行ったついでに小一時間ほど観察した水戸駅前のバスをば。茨城交通は茨城県央を営業エリアとするバス事業者である。水戸駅を発着する一般路線バスは茨城交通と関東鉄道、JRバス関東と3社あるが...

水戸駅前のバス 2016年初夏 1 - 茨城交通あれこれ
京王新宿高速バスターミナル 在りし日の風景

新宿の新しい高速バスターミナル「バスタ新宿」オープンのため、4月3日限りで廃止となる京王バスの新宿高速バスターミナル(新宿駅西口50番のりば)。いつも見慣れた光景が無くなってしまうのは残念って...

京王新宿高速バスターミナル 在りし日の風景
しずてつジャストラインの古参エアロスター

2015年初秋の静岡、時間に余裕があったので静岡駅にて小一時間バスも観察してみた。静岡市内を走るバスは静岡鉄道系列のしずてつジャストラインがそのほとんどを独占しており、静岡駅のバスターミナルを...

しずてつジャストラインの古参エアロスター

最新記事

京成線の終電繰り上げと始発繰り下げ 新ダイヤを予想する

新型コロナウイルス感染症の流行による深夜の鉄道利用の減少と、夜間の保守作業の時間確保を目的に、JR東日本を始めとした首都圏の各鉄道事業者では終電の繰り上げがひとつのトレンドになっている。このほど...

京成線の終電繰り上げと始発繰り下げ 新ダイヤを予想する
京成AE形「成田スカイアクセス線開業10周年」ヘッドマーク

祝・成田スカイアクセス線開業10周年。7月に開業10周年を迎えた成田スカイアクセス線。京成電鉄ではこれを記念したさまざまな施策が実施されているところであるが、この一環としてAE形がヘッドマークを...

京成AE形「成田スカイアクセス線開業10周年」ヘッドマーク
京成電鉄「2020年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

11月10日、京成電鉄より2020年度の鉄道事業設備投資計画が発表された。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。例年は5月中旬頃に発表されている京成の鉄道事業設備投資計画だが、今年度は...

京成電鉄「2020年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
四直珍列車研究 111 - 平日 1111T

ある列車で起こったミラクルな話。平日1111Tレはかつて運転されていた羽田空港国内線ターミナル発印旛日本医大行である。日中時間帯に設定されている羽田空港〜北総線系統の一列車にすぎず、見た目的には...

四直珍列車研究 111 - 平日 1111T
山万ユーカリが丘線 路線バス事業の概要

山万ユーカリが丘線、路線バスの運行が始まる。不動産業を営む山万は、自社で開発したニュータウンの中に住民の利便のため鉄道を敷設してしまうという稀有な事業者であることが広く知られている。京成線の...

山万ユーカリが丘線 路線バス事業の概要

バスその他タグはありません