KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2020.12.27

E217系、終焉へのカウントダウンが始まる。

X79843.jpg

JR東日本E217系 横クラY-48編成ほか
2020.8.2/錦糸町

▲錦糸町の電留線に集う横須賀・総武快速線のE217系。今ならまだこういった風景が見たい放題見られる

12月21日、E235系が横須賀・総武快速線で営業運転を開始した。同線はE235系にとって山手線に続く第2の投入線区となり、分割・併合を伴う15両編成で運転する初めての事例となる。デビューの翌22日にドア故障が発生して山手線のデビュー時のことが頭をよぎったが、そのほかに大きなトラブルはなく、順調な滑り出しを見せている。

E235系の運転開始について、まずはおめでとうございますと言っておこう(何様)。総武線の快速を利用する機会が多い私としても、新型車両の登場は素直に嬉しいことである。なにせE217系は209系と同じくJR東日本が「寿命半分」をコンセプトに車両をつくっていた時代の産物。2007年より実施された更新工事ではVVVFインバーター装置をはじめとした床下主要機器類が一新されたものの、車体は基本的に製造時のままを保つ。経年劣化で床がベコベコになっている車両も存在し、コスト重視で設計が簡略化された薄暗い内装は、お世辞にも快適な車内空間を提供してもらっているとは言えない。それだけに、横須賀・総武快速線が山手線に続くE235系の投入先となることが発表された際は小躍りしたものである。

D34153.jpg

JR東日本E217系 横クラY-2編成
2020.6.20/物井〜佐倉

▲佐倉の田園地帯を走るE217系。E235系がデビューしたということは、E217系の終焉へのカウントダウンが始まったということでもある

E217系はJR東日本の中でもまれに見る専用形式である。黎明期の湘南新宿ラインでは新宿まで走ったり、一部の編成が一時的に東海道線へ転属したりしたことがあったものの、基本的には横須賀・総武快速線のみで見られる車両という認識で間違いあるまい。その総数、実に745両。同車はまさに横須賀・総武快速線にひとつの帝国を築いたと言っても過言ではない。E235系がデビューしたということは、E217系の終焉へのカウントダウンが始まったということ。帝国の崩壊が始まったのだ。

JR東日本と言えば、車両の置換えスピードのえげつなさが広く知られているところである。グループ傘下の鉄道車両メーカーである総合車両製作所(J-TREC)を使って古い車両をゴリゴリと淘汰していく。古くは中央線の201系や京浜東北線の209系、最近では山手線のE231系などなど、あれだけたくさんいたはずの車両があっという間に数を減らしていった。E217系も例外ではない。数年後、E217系が残りわずかとなったときに慌てることがないように、やれることは今のうちにやっておきたい。

関連記事

さようなら 武蔵野線205系

さようなら、武蔵野線の205系。10月19日、武蔵野線の205系として最後の1本となっていたケヨM20編成が運用を離脱。武蔵野線を走る205系は終了した。武蔵野線の205系と言えば、当時の豊田...

さようなら 武蔵野線205系
さようなら 山手線E231系500番台

山手線の世代交代、完了す。かねてよりE231系500番台からE235系への置き換えが進められていた山手線だが、このほどE231系として最後まで残っていたトウ506編成が中央総武線への転用改造の...

さようなら 山手線E231系500番台
JR東日本209系1000番台 中央快速線を走る

ほんと、世の中なにが起きるか分からんで。春は出会いの季節でもあり、別れの季節でもある。鉄道趣味の世界においては、JRグループとその直通各社で実施される春のダイヤ改正がそれに相当しよう。名門の...

JR東日本209系1000番台 中央快速線を走る
さようなら 横須賀・総武快速線「エアポート成田」

​JR東日本では、2018年3月のダイヤ改正にて横須賀・総武快速線で使用していた「エアポート成田」の愛称を廃止した。今さらながら、「エアポート成田」とはどんな列車だったのか、簡単に振り返って...

さようなら 横須賀・総武快速線「エアポート成田」
京葉車両センター「わくわく 京葉でんしゃまつり2015」開催

11月7日、JR東日本・京葉車両センターにて車両基地公開イベント「わくわく 京葉でんしゃまつり2015」が開催された。同所は定期的に施設公開をしている車両基地ではないが、今年は京葉線が...

京葉車両センター「わくわく 京葉でんしゃまつり2015」開催

最新記事

京成3500形 デジタルSR無線対応工事始まる

列車無線のデジタル化に新しい動き。2017年度より列車無線の更新を実施している京成電鉄。4月には新しい無線となるデジタルSR無線の運用が始まったところである。車両に対する改造工事は3000形や...

京成3500形 デジタルSR無線対応工事始まる
京成電鉄「2021年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

11月4日、京成電鉄は2021年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。例年は5月中旬頃に発表されている京成の鉄道事業設備投資計画だが、今年度も昨年度に...

京成電鉄「2021年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京成3100形3155編成・3156編成 登場

9月下旬より、京成3100形の3次車にあたる3155編成と3156編成がお目見えしている。3次車の特徴と営業運転開始までの動きをまとめておこう。京成電鉄では、2021年度の新造車として3100形...

京成3100形3155編成・3156編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 成田スカイアクセス線仕様のまま本線転用

京成3050形に異変。9月下旬より今年度新造の3100形が営業運転を開始したのに伴い、3050形が成田スカイアクセス線から京成本線に転用されている。3156編成の導入により3054編成が10月...

京成3050形3054編成・3055編成 成田スカイアクセス線仕様のまま本線転用
京成3500形3520編成 営業運転終了

京成3500形に廃車が発生。3100形3155編成の導入に伴い、車両に動きが生じている。3500形3520編成が11日の(B21→)05運行をもって営業運転を離脱。いっしょに編成を組んでいた...

京成3500形3520編成 営業運転終了

JR東日本日常