KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2021.01.31

5年目に突入した臨時シティライナー「成田山開運号」。

D36140.jpg

京成AE形 AE7編成
2021.1.1/京成臼井〜京成佐倉

▲毎年恒例となっている臨時シティライナー「成田山開運号」。毎年少しずつ変化のあるヘッドマークだが、今年は世相を反映して「祈」の文字が入れられた

京成電鉄では、成田山への多客対応として1月の土休日ダイヤ実施日に臨時シティライナー「成田山開運号」を運転した。2017年に運転が始まった「成田山開運号」はいよいよ今年で5年目。運転内容は昨年の列車とほぼほぼ同じであるが、細かいところで変化が生じているのでそのあたりのことを中心に見ていこう。

大晦日の終夜運転を取り止め

京成線では大晦日から元日にかけて終夜運転を実施する予定であったが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大による社会情勢や国土交通省からの要請を受け、終夜運転を中止とした。これにより、大晦日のシティライナー225号(京成上野22時40分発京成成田行)と元日のシティライナー226号(京成成田3時ちょうど発京成上野行)も運転が取り止められた。

上りシティライナー京成上野行:客扱いを京成成田駅5番線に変更

シティライナー92号京成上野行について、京成成田における客扱いを5番線に変更した。4番線で客扱いを実施していた昨年の運転では発車標が使えなくなるなどの不都合が生じていたが、これが解消された。

車両運用を変更:ヘッドマークを付けっぱなしに

今年のシティライナーの運転において昨年までと大きく変わったのが車両運用である。文末に記した編成の使用実績のとおり、全ての運転日でAE7編成が充当した。昨年までは週末ごとにシティライナーとして使用する車両にヘッドマークをいちいち貼ったり剥がしていたりしたが、今年はAE7編成にヘッドマークを付けっぱなしにしていた。

現在、新型コロナウイルス感染症の影響によりスカイライナーは一部の列車が運休になっている。AE形の運用に多少の余裕が生まれている中で、経費節減を兼ねてこのような変更を行ったものとみられる。

「成田山開運号」ヘッドマーク付のスカイライナー走る

ヘッドマークを付けっぱなしにしたことから、1月中AE7編成をシティライナーのみで使用することを目論んでいたものと思われる。ところが、実際には「成田山開運号」ヘッドマーク付のスカイライナーが走ってしまった。1月中旬よりAE9編成が何らかの作業のため運用を離脱した模様で、その代わりにAE7編成がスカイライナーの運用に入った。「成田山開運号」ヘッドマーク付のスカイライナーが走るのは、2017年にシティライナーが「成田山開運号」として運転されるようになってから初めてとなる珍事である。

D36315.jpg

京成AE形 AE7編成
2021.1.29/小室〜千葉ニュータウン中央

▲「成田山開運号」のヘッドマークを掲出したままスカイライナーとして走るAE7編成

ただし、スカイライナーが「成田山開運号」のヘッドマークを掲出して走るのはさすがにちょっとアレと判断されたのか、AE7編成のスカイライナー充当はかなり限定的なものにとどめられた。平日はスカイライナー13号(AE13運行)、土休日は同1号(AE01運行)という早朝の片道だけの運用を中心に充当し、なるべく人目につかないよう(?)ひっそりと走った。

それぞれの運転日における使用編成
  • 12/31、1/1(終夜臨):中止
  • 1/1〜3:AE7編成
  • 1/9〜11:AE7編成
  • 1/16、17:AE7編成
  • 1/23、24:AE7編成
  • 1/30、31:AE7編成

関連記事

京成AE形 試運転で再び千原線を走る

京成千原線vsAE形、第2R、ファイッ!! 12月19日の終電後、京成AE形が京成高砂○→ちはら台→京成高砂△という行路で試運転を実施した。AE形が千原線に入線するのは2回目となる。前回、11月...

京成AE形 試運転で再び千原線を走る
京成AE形「成田スカイアクセス線開業10周年」ヘッドマーク

祝・成田スカイアクセス線開業10周年。7月に開業10周年を迎えた成田スカイアクセス線。京成電鉄ではこれを記念したさまざまな施策が実施されているところであるが、この一環としてAE形がヘッドマークを...

京成AE形「成田スカイアクセス線開業10周年」ヘッドマーク
京成AE形 試運転で千原線ちはら台に入線

姉さん、事件です。11月1日の終電後、京成AE形が京成高砂○→ちはら台→京成高砂△という行路で試運転を実施した。AE形の千原線への入線確認を目的とした試運転だった模様で、ここのところ連続的に開催...

京成AE形 試運転で千原線ちはら台に入線
京成線 印旛日本医大始発「臨時ライナー」運転開始

印旛日本医大始発「臨時ライナー」が登場。京成電鉄では、10月1日よりAE形を使用した印旛日本医大始発「臨時ライナー」の運転を開始した。停車駅は印旛日本医大、千葉ニュータウン中央、青砥、日暮里...

京成線 印旛日本医大始発「臨時ライナー」運転開始
京成AE形 臨時シティライナー「成田山開運号」運転(2020年)

令和最初の臨時シティライナー「成田山開運号」。京成電鉄では、成田山への多客対応として1月の土休日ダイヤ実施日に臨時シティライナー「成田山開運号」を運転した。今年で4年目となる「成田山開運号」だが...

京成AE形 臨時シティライナー「成田山開運号」運転(2020年)

最新記事

夜行快速「ムーンライトながら」の思い出

さようなら、ムーンライトながら。1月22日、JR東海は春の臨時列車の運転計画の中で臨時快速「ムーンライトながら」の運転終了を発表した。人々の行動様式の変化による列車の使命の薄れや使用車両の...

夜行快速「ムーンライトながら」の思い出
京急線 神奈川新町駅構内における踏切脱線事故の調査報告書を読む

2月18日、運輸安全委員会は2019年9月5日に発生した京急線神奈川新町駅構内における踏切脱線事故についての調査報告書を公開した。私としてもこの事故がどうして起きてしまったのか気になっていた...

京急線 神奈川新町駅構内における踏切脱線事故の調査報告書を読む
京成AE形 「東京オリンピック・パラリンピック」ラッピング

やるのか、やらないのか。1月下旬より、京成AE形にて「東京オリンピック・パラリンピック」のラッピング電車が走っている。ラッピングの対象となっているのはAE8編成。当該のラッピングについては、京成...

京成AE形 「東京オリンピック・パラリンピック」ラッピング
京急大師線 干支ヘッドマーク(2021年)

京急大師線、毎年恒例の干支ヘッドマーク。京急電鉄では、1月1日より毎年恒例となっている大師線の干支ヘッドマークの掲出を実施した。今年の干支は丑で、大師線を走る1500形に2種類のヘッドマークが...

京急大師線 干支ヘッドマーク(2021年)
京成AE形 臨時シティライナー「成田山開運号」運転(2021年)

5年目に突入した臨時シティライナー「成田山開運号」。京成電鉄では、成田山への多客対応として1月の土休日ダイヤ実施日に臨時シティライナー「成田山開運号」を運転した。2017年に運転が始まった...

京成AE形 臨時シティライナー「成田山開運号」運転(2021年)