KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2021.03.31

年度末ということで、京成グループにおける2020年度の車両の動きをまとめてみよう。

D36599.jpg

京成3150形 3153編成
2021.3.12/立会川

▲昨年度、17年ぶりの新型車両として登場した3100形(3150形)。昨年に引き続き8両編成2本が導入された
D34209.jpg

京成3600形 3688編成・3658編成
2020.6.30/町 屋

▲7月上旬に運用を終了した3658編成と中間車2両が廃車になった3688編成。3600形の8両編成が終了した
X73141.jpg

京成3400形 3408編成
2018.12.21/京成臼井〜京成佐倉

▲今年度、初めて廃車が発生した3400形。写真の3408編成が廃車になった

京成電鉄

- 新 造 - カッコ内は入線日
3153-8-3153-7-3153-6-3153-5-3153-4-3153-3-3153-2-3153-1(7/13)
3154-8-3154-7-3154-6-3154-5-3154-4-3154-3-3154-2-3154-1(7/2)

- 廃 車 - カッコ内は最終運行日
3658-3657-3656-3603-3602-3653-3652-3651(7/2)
-3663-3662-(7/3)
3408-3407-3406-3405-3404-3403-3402-3401(8/9)

2020年度、京成電鉄は3100形8両編成2本を導入した。2本は成田スカイアクセス線仕様の3150番台で、日本車両製の3153編成と総合車両製作所(J-TREC)製の3154編成がいずれも7月に営業運転を開始している。これに伴い、成田スカイアクセス線仕様の3050形2本(3052編成・3053編成)が京成本線仕様に変更された。

一方、廃車となったのは3600形10両と3400形8両。3600形は3658編成が編成丸ごと廃車になったほか、3688編成の中間車2両も廃車とされた。中間車が抜かれた3688編成は6両編成となり、合わせてリバイバルカラーとなったことは以前の記事でお伝えしたとおりである。これにより、3600形は8両編成の運用が終了し、他社線への直通列車から事実上の撤退になった。残る3600形は6両編成の3688編成とVVVFインバータ制御で4両編成の3668編成の2本となる。

3400形は8月上旬に3408編成が廃車になった。3400形に廃車が発生するのは初めてのこととなる。京成では2020年6月に開示した有価証券報告書1)の中で2021年度も16両の車両新造を明らかにしているが、このまま3100形の増備が続けば3400形の淘汰が進むことが予想される。もとより3400形は40両という小所帯なので、予断を許さない。

新京成電鉄

続いて、新京成の車両の動きも見てみよう。

X78427.jpg

新京成8800形 8803編成
2020.1.5/二和向台〜三咲

▲VVVFインバーターなどの機器更新だけ先行していた8800形8803編成。今年度になってようやく内装のリニューアルが実施された

- 新 造 -
なし

- 廃 車 -
なし

- 更 新 -
8803-6-8803-5-8803-4-8803-3-8803-2-8803-1(車体のみ)
8813-6-8813-5-8813-4-8813-3-8813-2-8813-1

2020年度の新京成は新造と廃車ともなかった。概ね1年度につき1編成が対象となっている8800形のリニューアル工事は、8803編成と8813編成が実施。8813編成は機器更新+内装リニューアルを実施、8803編成は内装リニューアルのみが行われた。8803編成は2015年度に機器更新だけ先行して実施しており、古い内装でSiC-VVVFというちぐはぐな状態が続いていたが、今回のリニューアルによってようやくそれが解消された。

新京成電鉄では2019年4月に発表した中期経営計画2)にて、2021年度中に80000形を1本新造することを明らかにしている。この80000形は8000形最後の1本である8512編成の置換え用である可能性が高く、そうなれば8000形は全廃、引退となる。8512編成の最終出場は2017年5月。年末年始などに休車させて検査周期の延長を図っているものの、来年度の早い段階で運用離脱するものと思われる。くぬぎ山のタヌキとして親しまれてきた8000形も、いよいよ終わりが近づいてきている。

  • 1)有価証券報告書 - 第177期(平成31年4月1日〜令和2年3月31日)
  • 2)中期経営計画「S4計画」(2019年度〜2021年度)

関連記事

京成3050形3052編成・3053編成 赤と青の京成カラーに変更

京成3050形3052編成と3053編成が赤と青の京成カラーに変更。京成本線に転用へ。京成電鉄では今年度の新車として3100形3153編成と3154編成を導入したところであるが、これに伴い...

京成3050形3052編成・3053編成 赤と青の京成カラーに変更
京成3400形3408編成 営業運転終了

京成3400形に初の廃車が発生。京成電鉄では今年度、新型車両となる3100形を2編成導入する予定となっているところだが、3153編成の導入に伴い3400形3408編成がこのほど運用を離脱、廃車に...

京成3400形3408編成 営業運転終了
京成3100形3153編成・3154編成 登場

7月上旬より、京成3100形の2次車にあたる3153編成と3154編成がお目見えしている。京成電鉄では、2020年度の予定として3100形8両編成2本の新造を計画していたが、3153編成と...

京成3100形3153編成・3154編成 登場
京成3600形3688編成 リバイバルカラーに

京成3600形3688編成がリバイバルカラーに! 7月31日、重要部検査のため入場していた3600形3688編成が出場し、宗吾参道〜八千代台にて試運転を行った。同編成は今回の重要部検査にあたり...

京成3600形3688編成 リバイバルカラーに
京成3600形3658編成 営業運転終了

京成3600形に廃車が発生。京成電鉄では今年度、新型車両となる3100形を2編成導入する予定となっているところだが、3154編成の導入に伴い3600形3658編成がこのほど運用を離脱。廃車と...

京成3600形3658編成 営業運転終了

最新記事

京成線・北総線 デジタルSR無線を使用開始

半世紀ぶりの大変革。4月17日、京成線と北総線において始発列車よりデジタルSR列車無線(SR無線)の使用が開始された。SR無線を使用する区間は、京成線全線(北総線と重複する区間を除く)と北総線...

京成線・北総線 デジタルSR無線を使用開始
まだまだ頑張る京成3500形更新車

まだまだ頑張る京成3500形更新車。京成では現在3100形の導入と、3600形と3400形の廃車が進められていることは車両の動きでもお伝えしているとおりである。そんな3600形や3400形を...

まだまだ頑張る京成3500形更新車
都営浅草線 5500形導入と5300形の置換え状況

増える5500形、減る5300形。東京都交通局では2017年度より浅草線に5500形を導入している。5500形は2018年6月の営業運転開始以降、順次導入が続けられ、現在は22編成が運用入り...

都営浅草線 5500形導入と5300形の置換え状況
京成線 終電繰上げと始発繰下げに伴うダイヤ変更

3月27日、京成線では新型コロナウイルス感染症の流行による深夜の鉄道利用の減少と、夜間の保守作業の時間確保を目的としたダイヤ変更を実施した。終電の繰上げと始発の繰下げが主な内容となっているが...

京成線 終電繰上げと始発繰下げに伴うダイヤ変更
京成グループ 車両の動き(2020年度)

年度末ということで、京成グループにおける2020年度の車両の動きをまとめてみよう。2020年度、京成電鉄は3100形8両編成2本を導入した。2本はいずれも成田スカイアクセス線仕様の3150番台で...

京成グループ 車両の動き(2020年度)

京成タグはありません