KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2021.04.14

まだまだ頑張る京成3500形更新車。

D33643.jpg

京成3500形 3508編成
2020.3.12/ユーカリが丘〜京成臼井

▲まだまだ頑張る3500形更新車。現在、芝山鉄道所属の3540編成を含めて6両編成6本、4両編成4本の体制で運用に入っている
X80874.jpg

京成3500形 3504編成
2020.11.17/京成酒々井〜宗吾参道

▲1972年製造、3500形のトップナンバーである3504編成。同編成は昨年11月にもめでたく全検出場しており、車齢50年を突破するのはほぼ確実か

京成では現在3100形の導入と、3600形と3400形の廃車が進められていることは車両の動きでもお伝えしているとおりである。そんな3600形や3400形を尻目に、元気いっぱい走り回っているのが3500形更新車。3500形は2016年度までに未更新車が、2018年度には4両編成の運用削減のため3532編成が廃車になったものの、52両が直流モーターの音を轟かせながら走っている。

しかも、中途半端に終わった更新工事の都合で残っているのは3556までのより若い番号の車両。1972年度製造の3501〜3516は何もなければ来年度にも車齢50年を迎えることとなるが、特に昨年11月にめでたく全検出場したトップナンバー・3504編成の車齢50年達成はほぼ確実な情勢か。特急や直通運用で走るといった派手さはないが、4両編成ではいまだ主力になっているなど、京成の車両運用上なくてはならない存在になっている。

D35881.jpg

京成3500形 3524編成・3516編成
2020.11.25/柴又〜京成金町

▲金町線を走る3500形更新車。3500形は4両編成の主力となっているが、将来的にこの4両編成をどうやって置換えるつもりなのだろうか

とは言え、3500形更新車もいつまでも安泰というわけにはいかないだろう。少なくとも3600形と3400形の置き換えが一段落すれば、次は3500形の番となることは想像に難くない。3100形の導入ペースからして、2〜3年後には淘汰が始まっているものと予想される。

3500形の置き換えを難しくしているものとして、4両編成という存在がある。現在、3500形は芝山鉄道所属の3540編成を含めて6両編成6本、4両編成4本という体制で運用に入っているが、このうち6両編成の置き換えは比較的容易であると考えられる。6両編成の3100形を導入して直接置き換えてもよいし、あるいは8両編成の3700形や3000形を6両編成に短縮して置き換えてもよいからだ。

しかし、4両編成はそういうわけにはいかない。3700形以降、3000形、3100形に至るまで、京成が1990年代から導入してきた車両の機器構成では6両編成と8両編成を組むことはできるものの、4両編成にはできないためである。したがって、3500形の4両編成を置換えるためには、4両編成に特化した車両を新たに用意する必要がある。

それがはたして新型車両になるのか、3100形の亜種をつくるのか、はたまた既存車両の改造車になるのかはわからないが、京成の車両の今後を考える上で避けて通れない道であることは間違いないはず。個人的にはこれを4両編成どうするの問題と勝手に呼んでいるが、いよいよこの問題と真剣に向き合わなければならない時が来ている。

関連記事

京成グループ 車両の動き(2020年度)

年度末ということで、京成グループにおける2020年度の車両の動きをまとめてみよう。2020年度、京成電鉄は3100形8両編成2本を導入した。2本はいずれも成田スカイアクセス線仕様の3150番台で...

京成グループ 車両の動き(2020年度)
京成線 4両編成の現況

京成線の4両編成の今。2018年12月ダイヤ修正で大幅な削減が実施された京成線の4両編成。その4両編成の現在の状況を少しばかり整理しておこう。まずは2018年12月ダイヤ修正以降、4両編成が...

京成線 4両編成の現況
芝山鉄道3500形に「SR」ロゴステッカーを貼付

芝山鉄道3500形に小変化。7月末より、芝山鉄道所属の3500形3540編成が前面に同社のロゴである「SR」を貼り付けて運用に入っている。この「SR」ロゴは先代の所属車両である3600形...

芝山鉄道3500形に「SR」ロゴステッカーを貼付
京成3500形 8両編成が2本同時に走る

京成電鉄において、車両事情が怪しくなってくると登場する3500形の8両編成。10月末から11月頭にかけて車両不足が続いたため、3500形の8両編成が見られた。3500形の8両編成が出現すること...

京成3500形 8両編成が2本同時に走る
京成3500形3532編成 営業運転終了

3500形更新車に初の廃車が発生。京成3000形3039編成・3040編成の導入により、3500形3532編成が営業運転を終了した。廃車とされたのは9月末だった模様だが、9月11日に3039編成...

京成3500形3532編成 営業運転終了

最新記事

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化
京急600形 大師線を走る

京急大師線の新たな日常風景。京急電鉄では2020年度よりL/C座席を装備した新型車両1000形1890番台を導入し、1500形4両編成を置き換えているところである。1500形はこれまでに...

京急600形 大師線を走る

京成タグはありません