KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2021.04.04

3月27日、京成線では新型コロナウイルス感染症の流行による深夜の鉄道利用の減少と、夜間の保守作業の時間確保を目的としたダイヤ変更を実施した1)。終電の繰上げと始発の繰下げが主な内容となっているが、どういった変更が行われたのか見てみよう。

X81684.jpg

京急新1000形 1169編成
2021.3.16/新鎌ヶ谷

▲緊急事態宣言の発出に伴い1月20日からアクセス特急品川行として運転していた2324H。3月27日のダイヤ変更では京成高砂で列車が分割され、2324Haアクセス特急京成高砂行、2324Hb普通品川行として運転されることになった

ダイヤ変更の内容は以下のとおりとなっている。

終電繰上げとそれに伴う変更(平日)
  • 2243普通京成成田行を宗吾参道行に変更
  • 2255Kb通勤特急京成成田行を快速特急に変更
  • 2307普通宗吾参道行を京成成田行に変更
  • 2313普通京成成田行を京成津田沼行に変更
  • 2391普通京成高砂行を23A03快速京成佐倉行に変更
  • 2361K通勤特急京成佐倉行を普通京成高砂行に変更
  • 2388K普通押上行〜2489K普通京成高砂行運転取り止め
  • 2337普通京成津田沼行を京成高砂行に変更
  • 21B12b回送(京成津田沼→京成高砂)運転取り止め
  • 2322普通京成津田沼行からの折返しで2323回送(宗吾参道行)を新設
京急線ダイヤ改正に伴う行先変更(平日)
  • 2252H普通三浦海岸行を京急久里浜行に変更
  • 2386H快速羽田空港行を神奈川新町行に変更
  • 2324Hアクセス特急金沢文庫行を2324Haアクセス特急京成高砂行〜2324Hb普通品川行に変更
始発繰下げ(平日・土休日)
  • 京成高砂4時45分始発普通京成上野行→10分繰下げ
  • 京成津田沼4時41分始発普通京成上野行→10分繰下げ
  • 宗吾参道4時35分始発普通京成上野行→4分繰下げ
Z04005.jpg

京成線 2021年3月27日ダイヤ変更

▲時刻表をもとに深夜時間帯の運行をダイヤグラムふうに描画したもの。左がダイヤ変更前、右が変更後。京成高砂〜京成成田で全体的に終電が繰り上がっているのがわかる。※下り列車のみ記載、回送列車は省略

ダイヤ変更については11月下旬に概要が発表されているが、概ねその通りになった。京成高砂〜京成津田沼で10分程度、京成津田沼〜京成佐倉で15〜20分程度、京成佐倉〜京成成田で15分程度の終電繰上げ、京成上野〜青砥と京成高砂〜京成津田沼で10分程度、青砥〜京成高砂と京成津田沼〜宗吾参道で5分程度の始発繰下げとなっている。

今回の終電繰上げで象徴的なのは、やはり最終の通勤特急京成佐倉行(2361K)がバッサリと切られたこと。同列車は普通京成高砂行に変更される。この列車については別の記事でもご紹介しているが、1992年4月ダイヤ改正で登場したもので、29年の歴史に幕を閉じることになった。その代わりに京成上野始発普通京成高砂行を区間延長する格好で快速京成佐倉行(23A03)が新設されているが、都営浅草線方面から利用する場合は青砥で乗換えが必要となり、いささか分かりづらいのが難点。今後のダイヤ改正等で改善が求められる。

終電繰上げに伴い行先変更等が多数生じているのに対し、始発の繰下げは単純に列車の時刻を繰下げる格好になった。ただし、京成上野での折返し列車に変更が生じており、運用にも一部で変更が見られる。

なお、1月20日に実施された緊急事態宣言発出に伴う終電繰上げは、今回のダイヤ変更・ダイヤ改正に伴い京成線と京急線、北総線ではその前日の26日に終了した。都営浅草線のみ現在も継続して終電繰上げが実施されており1)、平日2322T・土休日2334Tが所定の西馬込行から泉岳寺行に変更して運転されている。

関連記事

京急線 2021年3月27日ダイヤ改正

京急電鉄では、3月27日にダイヤ改正を行う。今回のダイヤ改正について、京急電鉄や直通各社局のプレスリリース、16日に公式Webサイトで公開された全線時刻表などを参照しながら、その内容を見てみよう...

京急線 2021年3月27日ダイヤ改正
京成線・北総線ほか 緊急事態宣言発出に伴う終電繰上げを実施

京成電鉄や北総鉄道などでは、新型コロナウイルス感染症の感染拡大による緊急事態宣言発出に伴い、1月20日より終電の繰上げを実施している。どういった内容なのか見てみよう。終電の繰上げは、新型コロナ...

京成線・北総線ほか 緊急事態宣言発出に伴う終電繰上げを実施
京成線の終電繰上げと始発繰下げ 新ダイヤを予想する

新型コロナウイルス感染症の流行による深夜の鉄道利用の減少と、夜間の保守作業の時間確保を目的に、JR東日本を始めとした首都圏の各鉄道事業者では終電の繰上げがひとつのトレンドになっている。このほど...

京成線の終電繰上げと始発繰下げ 新ダイヤを予想する
京成線 印旛日本医大始発「臨時ライナー」運転開始

印旛日本医大始発「臨時ライナー」が登場。京成電鉄では、10月1日よりAE形を使用した印旛日本医大始発「臨時ライナー」の運転を開始した。停車駅は印旛日本医大、千葉ニュータウン中央、青砥、日暮里...

京成線 印旛日本医大始発「臨時ライナー」運転開始
京急線 蒲田ローカルの運休状況

京急線で日中時間帯に運転されている品川〜京急蒲田間の普通列車、通称"蒲田ローカル"。現在、新型コロナウイルス感染症の影響で運休とされているが、その状況をレポートしよう。世界中で猛威を振るっている...

京急線 蒲田ローカルの運休状況

最新記事

京成線・北総線 デジタルSR無線を使用開始

半世紀ぶりの大変革。4月17日、京成線と北総線において始発列車よりデジタルSR列車無線(SR無線)の使用が開始された。SR無線を使用する区間は、京成線全線(北総線と重複する区間を除く)と北総線...

京成線・北総線 デジタルSR無線を使用開始
まだまだ頑張る京成3500形更新車

まだまだ頑張る京成3500形更新車。京成では現在3100形の導入と、3600形と3400形の廃車が進められていることは車両の動きでもお伝えしているとおりである。そんな3600形や3400形を...

まだまだ頑張る京成3500形更新車
都営浅草線 5500形導入と5300形の置換え状況

増える5500形、減る5300形。東京都交通局では2017年度より浅草線に5500形を導入している。5500形は2018年6月の営業運転開始以降、順次導入が続けられ、現在は22編成が運用入り...

都営浅草線 5500形導入と5300形の置換え状況
京成線 終電繰上げと始発繰下げに伴うダイヤ変更

3月27日、京成線では新型コロナウイルス感染症の流行による深夜の鉄道利用の減少と、夜間の保守作業の時間確保を目的としたダイヤ変更を実施した。終電の繰上げと始発の繰下げが主な内容となっているが...

京成線 終電繰上げと始発繰下げに伴うダイヤ変更
京成グループ 車両の動き(2020年度)

年度末ということで、京成グループにおける2020年度の車両の動きをまとめてみよう。2020年度、京成電鉄は3100形8両編成2本を導入した。2本はいずれも成田スカイアクセス線仕様の3150番台で...

京成グループ 車両の動き(2020年度)

京成タグはありません