KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2021.05.30

初物づくしの1台。

X80516.jpg

京成バス 1009号車
2020.11.7/中央区晴海

▲東京BRTで今のところ唯一の連節バスとして走る京成バス1009号車、いすゞエルガデュオ。初物づくしのめでたい1台となっている
X81847.jpg

京成バス 1009号車
2021.6.6/港区汐留

▲うしろ側

2020年10月、東京都心と臨海副都心を結ぶ新しい交通機関として東京BRTが開業した。開業時より9台の車両で運行していることは以前の記事でご紹介したとおりだが、ここでは特に現時点で唯一の連節バスである1009号車(いすゞエルガデュオ、LX525Z1)について取り上げてみよう。いろいろと初物づくし、実にめでたい1台なのだ。

国産初の連節バス

いすゞエルガデュオを採用した京成バス1009号車だが、そもそもこのエルガデュオ自体が国産初の連節バスとなっている。海外では日常的に見られる連節バスだが、日本では道路運送車両法に基づく保安基準の適用外1)ということもあり、ほとんど走ってこなかった。このため市場が育たず、連節バスを導入しようとした場合には海外のメーカーに頼るしかなかった。

他方、昨今、バス乗務員が慢性的に不足する中で、大人数を一気に輸送できる連節バスが労働力不足に対する切り札のひとつとして注目が高まっていた。2000年代まで国内を走る連節バスは千葉の幕張や神奈川の湘南台、厚木などかなり限定的なものだったが、こうした背景もあいまって2010年代より徐々に全国的な広がりを見せた。

国内において連節バスの需要が増えてきたことや、バス事業者から国産の連節バスの要望が高まったことから、日野自動車といすゞが連節バスを共同開発。国産初の連節バスとしてブルーリボンハイブリッド連節バス(日野)とエルガデュオ(いすゞ)が2019年5月より発売された。

京成バス初のエルガデュオ

というわけなので、京成バスとしても1009号車のいすゞエルガデュオは初導入の車種となっている。前述のように連節バスは日野からもブルーリボンハイブリッド連節バスが発売されているが、エルガデュオが選択されたのは、いすゞ製の車両を中心に導入している奥戸営業所への投入のためとみられる。東京BRTでは一般的なディーゼル・単車タイプの車両も導入されているが、こちらもいすゞ製である。

エルガデュオ全国第1号車

京成バスにとって初めてのエルガデュオは、いすゞとしてもエルガデュオの栄えある納入第1号車ということのよう。実にめでたい。1009号車は京成バスにとってもいすゞにとっても記念すべき車両になった。

初めての「江東ナンバー」

1009号車は京成バスで初めて江東ナンバーを付けた車両となっている。同車が所属する奥戸営業所東雲車庫の車両はもともと足立ナンバーだったが、2020年5月より江東区を対象としたご当地ナンバー「江東」が誕生。江東区に位置する東雲車庫の車両にはこの江東ナンバーが付けられることになった。1009号車導入と江東ナンバー誕生のタイミングがばっちり合ったことで実現したものだが、偶然とは重なるものである。めでたい。

東京23区内で初導入

全国で徐々に普及しつつある連節バスだが、東京BRTが東京23区内における連節バスの初めての導入事例となった2)。めでたい。現時点でも23区内を走る連節バスは東京BRTだけなので、23区内で乗車可能な連節バスは1009号車だけである。海外の大都市では連節バスを見られるのが当たり前なので、これをきっかけに都内でも連節バスが普及することを願う。

  • 1)したがって、連節バスの運行には道路運送法に基づく国土交通省運輸局の特例措置を受ける必要がある。この際、使用路線や回送ルートが制限される。
  • 2)東京都下では神奈川中央交通が2012年5月より町田バスセンター〜山崎団地にてメルセデス・ベンツ・シターロG「ツインライナー」を運行している。

関連記事

京成バス 新都心営業所に新型連節バス(3代目)が登場

幕張新都心を走る連節バス。3月末より3代目となる新型車両が登場している。京成バス新都心営業所では、3月末より新都心・幕張線で3代目となる連節バスの運行を開始した。新型となる連節バスは3代目という...

京成バス 新都心営業所に新型連節バス(3代目)が登場
東京BRT プレ運行開始 2 - 東京BRTの車両たち

2020年10月1日に運行開始した東京BRT。前回の記事では東京BRTの概要や将来の計画などを紹介したが、今回東京BRTの車両たちを見てみよう。東京BRTでは、運行開始より9台の車両を使用して...

東京BRT プレ運行開始 2 - 東京BRTの車両たち
東京BRT プレ運行開始 1 - 東京BRTの概要

祝・東京BRTプレ運行開始。2020年10月1日、東京BRTが開業した。まずはプレ運行(1次)ということで虎ノ門ヒルズ~新橋~晴海BRTターミナルの1系統のみの運行となっているが、11月のある日...

東京BRT プレ運行開始 1 - 東京BRTの概要
船橋新京成バスF-132号車 さようなら船橋バス

さようなら、船橋バス。かつて船橋バスというバス事業者があったのを憶えているだろうか。船橋市高根町に本社を構えていた船橋バスは、船橋グリーンハイツの団地輸送のために設立されたバス会社であった...

船橋新京成バスF-132号車 さようなら船橋バス

最新記事

京急車の京成押上線内快速特急運転

京急車が京成線内を快速特急で走る。京成線で2022年2月に実施されたダイヤ改正は、スカイライナー青砥停車の正式ダイヤ化や日中時間帯の京成本線特急の快速への格下げなど、新型コロナウイルスの感染拡大...

京急車の京成押上線内快速特急運転
北総7500形 「会社創立50周年記念」ヘッドマーク

祝・北総鉄道会社創立50周年。2022年5月10日に会社創立50周年を迎えた北総鉄道では、これを記念したヘッドマーク電車の運転を行っている。ヘッドマークを掲出しているのは7500形7502編成...

北総7500形 「会社創立50周年記念」ヘッドマーク
芝山鉄道3500形 赤と緑の「芝鉄カラー」に変更

赤と緑の「芝鉄カラー」が約8年半ぶりに復活! 芝山鉄道は今年の10月に開業から20周年を迎える。そんな節目の年に、赤と緑の「芝鉄カラー」の電車が蘇った。京成から芝山鉄道にリースされている3500形...

芝山鉄道3500形 赤と緑の「芝鉄カラー」に変更
東洋バス路線図 2022年5月1日版

当Webサイトでは、2019年4月の「東洋バス路線図 2019年4月16日版」と題する記事にて東洋バスの路線図を公開していたところであるが、約3年ぶりに改訂版を発行する。東洋バスでは5月1日に路線...

東洋バス路線図 2022年5月1日版
四直珍列車研究 121 - 平日 2386H

平日深夜に運転されていた快速神奈川新町行。平日2386Hレは、かつて平日深夜に運転されていた快速神奈川新町行である。快速神奈川新町行が定期列車として走るのは、2002年10月ダイヤ改正で現行の...

四直珍列車研究 121 - 平日 2386H

京成バスBRT