KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2021.05.01

京成AE形がちはら台へ営業初入線!

D36906.jpg

京成AE形 AE7編成
2021.4.29/おゆみ野〜ちはら台

▲ミステリーツアーの団臨として千原線を走るAE形。営業運転としては初めてとなるが、実のところ4回目の入線である

4月29日、京成トラベルサービスが主催する「ゴールデンウィーク 京成線ミステリーツアー」が開催された。もはや恒例となっている京成トラベルサービス&京成電鉄のタッグによる鉄道ファン向けのツアーだが、今回はミステリーツアーということで、事前に明らかにされたのは京成上野発千葉中央行という情報のみ。ツアーの全容が謎につつまれたまま迎えた運転当日、蓋を開けてみれば車両はAE形が登板し、列車が向かった先は・・・ちはら台

当日は(宗吾参道→)京成上野→ちはら台→千葉中央(→京成上野→宗吾参道△)という行路がAE99運行として設定され、AE形が千葉・千原線を走行。史上初めて特急型車両による千原線での営業運転が実現することとなった。検査明けでピカピカなAE7編成が使用されたのも実に粋な配車であった。残念だったのは当日のあいにくな天気くらいなものであろう。

D36931.jpg

京成AE形 AE7編成
2021.4.29/ちはら台

▲ちはら台に停車中のAE形。いやはや凄い光景・・・!

AE形の千原線入線については、当Webサイトで昨年11月1日と12月9日の終電後に実施した試運転がビミョーな結果に終わったことをお伝えしていたところだが、その後さらに1月30日の終電後にも試運転を実施。3度目の試運転にしてようやく満足のいく結果が得られたことから、今回のツアーの開催に至ったものとみられる。

したがって、AE形の千原線入線は実のところ今回で4回目となるが、難産だったゆえにツアーが実現された喜びはひときわ大きい。スカイライナーの歴史に新たな1ページが加わった。

関連記事

京成AE形 特別装飾「KENTY SKYLINER(ケンティスカイライナー)」運転

お客様がお姫様になっちゃうスカイライナー。京成電鉄では、7月中旬よりAE形を使用した「KENTY SKYLINE(ケンティスカイライナー)」の運転を行っている。「KENTY SKYLINER」とは...

京成AE形 特別装飾「KENTY SKYLINER(ケンティスカイライナー)」運転
京成AE形 「東京オリンピック・パラリンピック」ラッピング

やるのか、やらないのか。1月下旬より、京成AE形にて「東京オリンピック・パラリンピック」のラッピング電車が走っている。ラッピングの対象となっているのはAE8編成。当該のラッピングについては、京成...

京成AE形 「東京オリンピック・パラリンピック」ラッピング
京成AE形 スカイライナー「成田山開運号」走る??

スカイライナー「成田山開運号」が走る??? 京成電鉄では、1月の土休日ダイヤ実施日に臨時シティライナー「成田山開運号」を運転したところである。臨時シティライナー「成田山開運号」は運転にあたり歌舞伎...

京成AE形 スカイライナー「成田山開運号」走る??
京成AE形 臨時シティライナー「成田山開運号」運転(2021年)

5年目に突入した臨時シティライナー「成田山開運号」。京成電鉄では、成田山への多客対応として1月の土休日ダイヤ実施日に臨時シティライナー「成田山開運号」を運転した。2017年に運転が始まった...

京成AE形 臨時シティライナー「成田山開運号」運転(2021年)
京成AE形 試運転で再び千原線を走る

京成千原線vsAE形、第2R、ファイッ!! 12月19日の終電後、京成AE形が京成高砂○→ちはら台→京成高砂△という行路で試運転を実施した。AE形が千原線に入線するのは2回目となる。前回、11月...

京成AE形 試運転で再び千原線を走る

最新記事

新京成8800形 機器非更新のリニューアル車が出現

新京成8800形に新たな形態が出現。新京成8800形で2016年度より進められている車体のリニューアル工事について、異変が生じている。8800形のリニューアル工事は、VVVFインバーター装置の...

新京成8800形 機器非更新のリニューアル車が出現
京成3400形 3418編成に残る「北総・公団線」表示

京成3400形に残る「北総・公団線」表記。京成高砂から東松戸、新鎌ヶ谷を抜けて千葉ニュータウンに至る北総線は、かつて北総・公団線と言っていた。千葉ニュータウン内の鉄道整備において、諸々の事情から...

京成3400形 3418編成に残る「北総・公団線」表示
京成3000形 「パンダ来日50周年記念」ヘッドマーク

パンダが日本に来てから半世紀。京成電鉄では、10月下旬から12月末まで3000形に「パンダ来日50周年記念」ヘッドマークの掲出を行った。1972年10月に日本で初めてジャイアントパンダ「カンカン...

京成3000形 「パンダ来日50周年記念」ヘッドマーク
新京成電鉄 新年ヘッドマーク(2023年)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、今年も毎年恒例の新年ヘッドマークの掲出を行っている。今年で15年目となるヘッドマークの干支は「卯」。新年...

新京成電鉄 新年ヘッドマーク(2023年)
京成3500形 走り続けて50周年

走り続けて半世紀。京成電鉄における最古参の車両として走る3500形。そんな3500形は2022年12月、めでたくデビュー50周年を迎えた。1972年12月26日に竣工(入籍)した3504編成...

京成3500形 走り続けて50周年