KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2021.05.25

芝山鉄道3500形に異変。

X81738.jpg

芝山鉄道3500形 3540編成
2021.5.7/高砂〜柴又

▲芝山鉄道の3540編成に異変が生じている。8年ぶりに車体広告のない「すっぴん状態」で走っている
X81740.jpg

芝山鉄道3500形 車内
2021.5.7/**

▲車内もご覧のとおり。広告が全くない

芝山鉄道所属の3500形3540編成が、3月末より広告なしの状態で走っている。2013年4月より芝山鉄道所属になった3540編成は、同年5月より成田国際空港による車体広告と車内の広告ジャックを開始。それ以降、広告の内容を変えながらも車体広告をずっとしっぱなしだったので、3540編成が広告なしの「すっぴん状態」で走るのは実に8年ぶりという珍事となっている。

これはもしかして3540編成を京成に返却、新たな車両がリースされる予兆・・・? ということを疑いたくなるが、3540編成がそうだったように車両を取り替えるなら年度が切り替わるタイミングだっただろうし、3540編成を返却する理由も特に見当たらないし・・・。というわけで、3540編成が広告なし状態なのは、なんのことはない、ただ単に広告を出していないだけだからと考えられる。

それでは、なぜ広告を出していないのだろうか。広告の枠があるなら出さないともったいないような気がしてしまう。

これには芝山鉄道に籍を置く3540編成特有の事情がある。同編成の広告の枠は、同社の株主である成田国際空港によって独占的に使用されており、掲出される広告は空港会社という性質上、旅行を想起させる内容のものが多かった。しかし、新型コロナウイルス感染症の流行がおさまらず、緊急事態宣言の発出も続いているような社会情勢では、そういった広告は不適切であるばかりか有害にさえなりうる。広告を出したくても出せない、広告を出す意味を見いだせないという状況なのだろうと思う。

関連記事

芝山鉄道3500形に「SR」ロゴステッカーを貼付

芝山鉄道3500形に小変化。7月末より、芝山鉄道所属の3500形3540編成が前面に同社のロゴである「SR」を貼り付けて運用に入っている。この「SR」ロゴは先代の所属車両である3600形...

芝山鉄道3500形に「SR」ロゴステッカーを貼付
四直の異端車たち 4 - 芝山鉄道3500形

東京都交通局、京成電鉄(芝山鉄道)、京急電鉄、北総鉄道(千葉ニュータウン鉄道)の様々な車両が入り乱れ、百花繚乱の直通運転を行なっている"四直"。その中でも、唯一無二の形態を持つ車両たちが我々を...

四直の異端車たち 4 - 芝山鉄道3500形
芝山鉄道3500形 重検出場

4年に1度の一大イベントである。3月27日、芝山鉄道3500形の重要部検査に伴う試運転が八千代台〜芝山千代田間で実施された。3540編成が入場したのは3月上旬のこと。平日朝の宗吾参道〜芝山千代田...

芝山鉄道3500形 重検出場
芝山鉄道3500形 京成金町線を走る

京成金町線を走る3500形。一見すると何ら変哲のないごく普通の日常のように映るけれども、よく見たら番号が3540だし、車体の側面には緑色のプレートと成田空港の広告がチラチラ見えとるし...

芝山鉄道3500形 京成金町線を走る
芝山鉄道3500形 京成カラーのままで全検出場

芝山鉄道カラー、消ゆ。3月3日、3500形3540編成が宗吾工場を出場、八千代台〜芝山千代田間で試運転を行なった。今回の検査でついに緑と赤の芝山カラーの3500形が登場かと思われたところ、従前の...

芝山鉄道3500形 京成カラーのままで全検出場

最新記事

京急大師線 干支ヘッドマークのない正月

京急大師線の少し寂しいお正月。1899年1月に開業した大師電気鉄道に始まり、現在も川崎大師への参拝の足として親しまれている京急大師線。2022年正月、そんな大師線に異変が生じている。毎年恒例の...

京急大師線 干支ヘッドマークのない正月
新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、今年も毎年恒例の干支ヘッドマークの掲出を行った。今年で14年目となるヘッドマークの干支は「寅」。干支...

新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)
北総7800形7838編成 登場

北総7800形にまさかの4本目の編成が登場。12月中旬より北総7800形7838編成が登場している。同編成はこれまでの7800形と同じく京成3700形のリース車両で、車両番号の変更は次の通り...

北総7800形7838編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更

京成3050形3054編成と3055編成、京成カラーになる。12月上旬より京成3050形3054編成と3055編成がオレンジ色のアクセス線カラーから赤と青の京成カラーに変更され、運用に入っている...

京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更
2021年 四直界隈10大ニュース

2021年がまもなく終わろうとしている。というわけで、「2021年四直界隈10大ニュース」と題して2021年に都営浅草線を筆頭とした京成線、京急線、北総線のいわゆる四直界隈で起こったできごとを...

2021年 四直界隈10大ニュース

芝山鉄道車体広告