KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2021.07.07

2ヶ月間だけ走った浅草橋行。京成車編。

D36649.jpg

京成3000形 3035編成
2021.3.20/東日本橋

▲普通浅草橋行として走る京成3000形。1月8日に発出された緊急事態宣言に伴い、土休日2373K京成高砂行が一時的に浅草橋行に変更された
  • [土休日]2373K 普通浅草橋
  • 始発:西馬込2349 → 終着:京成高砂----
  • ダイヤ:2021.1.20変更
  • 備考:浅草橋から回送

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い政府より1月8日に発出された2回目の緊急事態宣言では、夜間の外出抑制のため各線で終電の繰り上げが実施されることになった。都営浅草線では、1月20日より北行と南行それぞれの最終電車を途中駅止まりに変更。以前の記事で平日ダイヤにおける特急浅草橋行(2259H、所定京成高砂行を行先変更)をご紹介したところだが、土休日ダイヤではこれに相当する列車が西馬込始発の京成車だったため、京成車の浅草橋行が走ることになった。2373K普通浅草橋行である。

京成車の浅草橋行が走るのは、2011年3月に発生した東日本大震災に伴い設定された震災臨時ダイヤ以来のこととなる。先に紹介した2259Hもそうだったように、1月20日からの終電繰り上げは車両運用や乗務員の行路が変更にならない範囲で行先変更を行ったため、2373Kは浅草橋到着後、所定の行先である京成高砂まで回送列車として走った。

D36655.jpg

京成3000形 行先表示「普通浅草橋」(側面)
2021.3.20/**

▲京成3000形の普通浅草橋の表示。これまでイベントなどでしか見られなかった京成車の浅草橋表示が営業運転で使われる日がくるとは・・・
A15880.jpg

京成3000形 LCD案内表示器
2021.3.20/**

▲普通浅草橋行運行時におけるLCD案内表示器の表示。LCD案内表示器は動作せず、終始この画面を表示したままであった

特筆すべきは浅草橋の行先表示を使用していた点で、京成車の中でも行先表示器がLED式の車両だけが装備する浅草橋表示を活用する格好となった。前述の2011年の浅草橋行では基本的に「臨時」の表示を使用していたので、京成車が浅草橋を表示して定期運行するのは、1960年の都営浅草線浅草橋開業時以来、ひょっとして60年ぶりだったりする・・・?

京成車の浅草橋表示は表示が存在するだけで、乗務員が通常行う行先表示の設定方法では表示を出すことができない。通常、行先表示は設定器と呼ばれる機器を操作することでドア上の案内表示器などとまとめて一括で設定が行われるが、この設定器が浅草橋を始発・終点とする列車の設定に対応していないからである。そこで、浅草橋の行先表示をするにあたっては、行先表示の制御を司る表示制御器を直接操作して、行先表示のみを強制的に呼び出す格好で表示を出している1)

したがって、2373K運行時においてはドア上のLCD案内表示器は動作せず、終始にわたり飛行機柄のKEISEIの画面を表示しているだけであった。なお、都営としては浅草橋表示のない方向幕の車両(=3400形)が充当したときのために浅草橋の貼り紙を用意していたようだが、意図的なのかたまたまなのか行先変更実施期間中に3400形は充当しなかったので、ほとんど使われることがなかった。

3月27日に実施されたダイヤ改正により2373Kの浅草橋行は終了し、もとの京成高砂行に戻された。平日の2259Hともども2ヶ月あまりの短命な珍列車であった。

  • 1)このような方法が必要な行先表示は、浅草橋のほかに、市川真間、空港第2ビル、八広、矢切、千葉ニュータウン中央がある。

関連記事

四直珍列車研究 116 - 土休日 回1070・回1072

蒲田ローカル廃止に伴う回送列車。回1070・回1072は、土休日に設定されている定期回送列車である。2021年3月ダイヤ改正で新設された列車で、運転区間はいずれも京急川崎→神奈川新町となっている...

四直珍列車研究 116 - 土休日 回1070・回1072
四直珍列車研究 114 - 平日 2259H

2ヶ月間だけ走った浅草橋行。京急車編。新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い政府より1月8日に発出された2回目の緊急事態宣言では、国や自治体などから鉄道事業者に対して夜間の外出抑制のため終電...

四直珍列車研究 114 - 平日 2259H
四直珍列車研究 113 - 平日 2361K

29年間、おつかれさまでした。平日2361Kレは、西馬込始発通勤特急京成佐倉行である。京成本線の下り終電として走る同列車だが、3月27日に実施される終電繰り上げ・始発繰り下げに伴うダイヤ変更に...

四直珍列車研究 113 - 平日 2361K
四直珍列車研究 112 - 土休日 20A04

お前、なんで快速なん??? 今回、珍列車としてご紹介するのは、土休日20A04レ快速京成成田行である。2019年10月ダイヤ改正で登場した列車である。快速京成成田行といっても、京成成田は京成線の...

四直珍列車研究 112 - 土休日 20A04
四直珍列車研究 111 - 平日 1111T

ある列車で起こったミラクルな話。平日1111Tレはかつて運転されていた羽田空港国内線ターミナル発印旛日本医大行である。日中時間帯に設定されている羽田空港〜北総線系統の一列車にすぎず、見た目的には...

四直珍列車研究 111 - 平日 1111T

最新記事

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

今年も大型連休が終わり、鉄道各社から今年度における設備投資計画が発表される季節がやってきた。京成電鉄でも17日の夕方に発表があったところなので、これを読んで今後の動きを探ってみよう。まず、この...

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成珍列車