KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2021.07.22

さようなら、「ドレミファインバーター」。

D33194.jpg

京急1000形 1033編成
2019.12.6/品 川

▲20日に更新前最後の営業を終了し、久里浜工場に入場した京急1000形1033編成。音階調のメロディを奏でる独特なモーター音を持つ車両が消滅した
X80583.jpg

京急1000形 VVVFインバーター装置
2020.11.8/**

▲シーメンスの銘板が光る1000形のVVVFインバーター装置。主回路に関連する機器が集約された巨大な筐体はトラクションコンテナと呼ばれる

7月20日、京急1000形1033編成が更新工事前の運行を終了した。同編成は2100形より採用されたドイツ・シーメンス製のGTO-VVVFインバーターを搭載した最後の編成であった。このVVVFインバーターを搭載した車両は、起動時において音階調の楽しげな音を奏でることから「歌う電車」「ドレミファインバーター」などと通称されていたが、1033編成の更新により京急の「歌う電車」は消滅することとなった。

「ドレミファインバーター」の最後の営業運転となったのは20日の2113A快特京急久里浜行で、回送で久里浜検車区に入庫、そのまま入場となったようである。また、京急ではシーメンス製GTO-VVVFインバーターの終了にあたり、「さよならドレミファインバータ♪」と題したイベントを実施。記念乗車券が発売されたほか、18日には特別貸切イベント列車「ありがとうドレミファインバータ♪」が品川→京急久里浜で運転された。

◆ ◆ ◆

そもそも1000形から聞こえる「ドレミファ」とは何の音かというと、台車に搭載されたモーターの音である。1980年代後半から主流となっているVVVFインバーター制御の電車のモーターは、その制御により独特な磁励音を発する。本来、電車のモーター音なんてものは物好き以外にとってはただの騒音にしかならないが、ドイツの電機メーカーであるシーメンスはこの音が不快にならないようあえて音階調に鳴るようにチューニング。すなわち、あの「ドレミファ」はドイツ人の遊び心が作り出した音だったのである。

京急がシーメンス製VVVFインバーターを採用したのは1998年に登場した2100形から。2100形ではイニシャルコストやメンテナンスの低減、性能の向上を図って外国製品が積極的に導入され、その中で制御装置たるVVVFインバーターも外国製のものが採用された。続く2002年登場の1000形も引き続きシーメンスを採用。2004年度の車両で仕様変更されるまで、2100形と1000形合わせて8両編成15本・4両編成4本が「歌う電車」として製造され、走った。

一般的に国内を走る電車は国産の製品を中心に採用しており、特に電車の心臓部となる制御装置の採用は、鉄道の黎明期は別としても、VVVFインバーター世代の車両ではきわめて珍しい。京急2100形と1000形はその数少ない採用例であった。だからこそ「歌う電車」は京急の個性になり得たわけである。

◆ ◆ ◆

さて、京急の外国製品の積極採用という方針は成功を収めたか・・・というとビミョーなところだ。2006年度導入の1000形から方針が転換され、国産の製品を中心とした「ふつうの車両」に戻った。2100形や1000形に搭載されたシーメンス製VVVFインバーターについても、メンテナンスに手を焼いたのか車体更新などに合わせて国産のものに換装されている。2100形以前に導入された600形や1500形(1700番台)のVVVFインバーターがそのまま残置されていることを考えると、シーメンスはよほど扱いづらかったということだろうか。

こうして「歌う電車」は徐々に数を減らしていき、ついぞ最後となった1033編成も歌い終えることとなったわけだが、「ドレミファ」の音がここまで愛されて人々の印象に残ったことからすれば、必ずしも失敗ではなかったはずである。シーメンスの中の人たちもきっと喜んでいることだろう。

走行音

京急1000形デハ1040 八広→京成曳舟

京急1000形デハ1040 大門→三田

こちらもどうぞ:【走行音】京急新1000形シーメンスGTO-VVVF車 青砥→泉岳寺【ドレミファ】

関連記事

京急線・都営浅草線・京成線・北総線「相互直通運転30周年記念」ヘッドマーク

祝・相互直通運転30周年。都営浅草線を介して直通運転を行う東京都交通局と京成電鉄、京急電鉄、北総鉄道では、2021年3月31日に相互直通運転開始から30周年を迎えることを記念してヘッドマーク電車...

京急線・都営浅草線・京成線・北総線「相互直通運転30周年記念」ヘッドマーク
京急1000形1890番台 登場

5月6日、話題の新車、京急1000形1890番台が営業運転を開始した。遅ればせながら実車の様子を見に行ってきたので、レポートしよう。さて、1000形1890番台については最初にプレスリリースが...

京急1000形1890番台 登場
新型車両 京急新1000形1890番台デュアルシート車を考察する

京急電鉄では、2020年度に新造を予定してた4両編成2本分について、デュアルシートを装備した新1000形1890番台を新たに導入することを発表した。プレスリリースなどからこの1890番台がどう...

新型車両 京急新1000形1890番台デュアルシート車を考察する
京急新1000形1065編成 東京都所属になる??

京急新1000形1065編成が都営車になる??? 9月が始まって早10日、季節はまもなく夏から秋に移り変わろうとしている。今年の夏ほどイレギュラーな夏はなかった。例年通りのうだるような暑さとは...

京急新1000形1065編成 東京都所属になる??
京急新1000形SiC-VVVFインバーター車 直通運用へ

マイナーチェンジ仕様の京急新1000形、都営浅草線や京成線への直通運転を開始。5月16日、73H運行に新1000形1225編成が充当した。2016年度より導入されているマイナーチェンジ仕様の...

京急新1000形SiC-VVVFインバーター車 直通運用へ

最新記事

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b

ヤツは時刻表に2回現れる。土休日1846bレは、京成本線を走る珍列車である。この列車の面白さは時刻表に表れている。まずは京成時刻表を確認してみよう。時刻表で1846bレを探すと2本の列車が...

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b
京急大師線 干支ヘッドマークのない正月

京急大師線の少し寂しいお正月。1899年1月に開業した大師電気鉄道に始まり、現在も川崎大師への参拝の足として親しまれている京急大師線。2022年正月、そんな大師線に異変が生じている。毎年恒例の...

京急大師線 干支ヘッドマークのない正月
新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、今年も毎年恒例の干支ヘッドマークの掲出を行った。今年で14年目となるヘッドマークの干支は「寅」。干支...

新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)
北総7800形7838編成 登場

北総7800形にまさかの4本目の編成が登場。12月中旬より北総7800形7838編成が登場している。同編成はこれまでの7800形と同じく京成3700形のリース車両で、車両番号の変更は次の通り...

北総7800形7838編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更

京成3050形3054編成と3055編成、京成カラーになる。12月上旬より京成3050形3054編成と3055編成がオレンジ色のアクセス線カラーから赤と青の京成カラーに変更され、運用に入っている...

京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更

京急走行音