KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2021.07.27

京成3600形3688編成がリバイバルカラーとなってからまもなく1年が経とうとしている。リバイバルカラーの1周年を記念して、3688編成のこの1年の動きを振り返ってみよう。

D36701.jpg

京成3600形 3688編成
2021.4.7/検見川〜京成稲毛

▲2020年7月よりファイヤーオレンジのリバイバルカラーとなっている京成3600形3688編成。リバイバルカラーとなってからまもなく1年が経とうとしている
D35127.jpg

京成3600形 3688編成
2020.9.19/ユーカリが丘〜京成臼井

▲リバイバルカラーということでイベント関係には引っ張りだこ。臨時列車で走る機会も多く与えられた

3688編成がリバイバルカラーとなって出場したのは昨年7月31日のこと。翌8月1日には京成トラベルサービス主催のツアー開催に伴うイベント列車として、3日から一般の営業列車として運行を開始した。以降、6両編成として走っているが、予備車という役回りなのか、運用はどことなく限定的。何もなければ宗吾車両基地で予備となっていることが多く、他の編成に比べるとちょっと休みがち。運用に入る際も宗吾車両基地出入庫の運用に偏っており、特に平日07運行〜B01運行〜11運行への充当は3688編成の定番になっている。

一方、リバイバルカラーということでイベントには引っ張りだこ。この1年、イベント列車や団臨として走ったのが7回、ツアーにおける撮影会などで展示されたのが6回。これらは同一編成としては最多である。いかに同編成が人気者かということが伺えよう。ツアーでは、金町線や成田スカイアクセス線にも入線。3688編成がリバイバルカラーになってから走っていない区間は、今のところ押上〜八広と柴又〜京成金町だけである。

他方、リバイバルカラーになってから1年ということは、同編成が8両編成から6両編成に短縮されてから1年ということでもある。過去、同じくデジタルSR無線工事用の予備車として6両編成になった3638編成と3648編成が編成短縮からわずか半年足らずでそれぞれ廃車になったのと比べると、長生きしている。目下、3600形(チョッパ車)は3400形とともに廃車候補の筆頭であると思われるが、せっかくリバイバルカラーにしたのだからぜひとも長く走り続けてほしい。はたしていつまで走ってくれるだろうか。

◆ ◆ ◆

以下、3688編成の1年の足跡を記す。

  • 試運転、重検出場(7/31) - リバイバルカラー化は重要部検査に合わせて実施されたため、試運転が本線初走行となった。翌日にイベント列車の運転を控えていて試運転実施日が予想できたこともあり、沿線はすさまじいカメラの砲列であった。
  • 団体臨時「懐かしの京成電車運行ツアー」(8/1) - 3688編成のリバイバルカラーお披露目イベント。3688編成は東成田→八千代台の片道を担当。
  • 一般運用開始(8/3) - 606普通京成上野行より営業運転開始。
  • 試運転で成田スカイアクセス線に初入線(8/15) - 終電後、3688編成がツアー開催に向けた入線確認のため試運転で成田スカイアクセス線に入線した。3600形が同線に入線するのは初めて。
  • 団体臨時「京成電車今昔ツアー」(8/29) - 3688編成が成田スカイアクセス線経由で京成上野→成田空港を営業運転した。
D34884.jpg

京成3600形 3688編成
2020.8.29/小室〜千葉ニュータウン中央

▲成田スカイアクセス線を走る3688編成。ツアーでは成田スカイアクセス線のほかに金町線にも入線するなど、通常ではあり得ないことが次々と実現している
  • 団体臨時「懐かしの京成電車運行ツアー」(9/19) - 8月1日と同一内容。
  • 団体臨時「京成電車今昔ツアー」(9/22) - 8月29日と同一内容。
  • 「けいせいキッズデー」展示(10/24)
  • 団体臨時「3600形リバイバルカラー金町線入線ツアー」(10/31) - その名の通り3688編成の金町線入線ツアー。ツアーは八広〜柴又を1往復した後、成田スカイアクセス線経由で成田空港へ。
  • 団体臨時(11/13) - 岩倉高等学校による貸切列車。京成上野→宗吾参道、東成田→京成上野。
  • 「宗吾車両基地見学ツアー」展示(1/17)
  • 「宗吾車両基地見学ツアー」展示(1/24)
  • 「宗吾車両基地見学ツアー」展示(2/27)
  • 団体臨時(3/21) - 株主向けに企画されたイベントに伴う貸切列車。船橋競馬場→千葉中央。
  • 初の快速運転(4/27) - リバイバルカラー化後初めてA31運行に充当し、9A30快速京成上野行として走った。この後、7月13日にも再度充当。
D36846.jpg

京成3600形 3688編成
2021.4.27/京成臼井〜京成佐倉

▲9A30快速上野行として走る3688編成。同編成がリバイバルカラー化後、快速として走ったのは今のところ2回だけ
  • 「宗吾車両基地見学ツアー」展示(5/29)
  • 「宗吾車両基地見学ツアー」展示(6/12)

関連記事

京成線 京成トラベルサービス主催の鉄道ファン向けツアーまとめ

京成トラベルサービスが主催する鉄道ファン向けのツアーをまとめてみた。京成電鉄と京成トラベルサービスでは、京成トラベルサービス主催・京成電鉄後援という格好で鉄道ファン向けのツアーを開催している...

京成線 京成トラベルサービス主催の鉄道ファン向けツアーまとめ
京成3600形 リバイバルカラーの快速上野行走る

9ヶ月間の沈黙を破って、ついに・・・! 4月27日、A31運行に京成3600形3688編成が充当し、9A30レ快速上野行として走った。同編成は昨年8月よりファイヤーオレンジのリバイバルカラーとして...

京成3600形 リバイバルカラーの快速上野行走る
京成3600形 成田スカイアクセス線を走る

京成3600形が成田スカイアクセス線を走る。8月15日、京成3600形が終電後に宗吾参道○→京成高砂→印旛日本医大△、印旛日本医大○→空港第2ビル→宗吾参道△という行路で試運転を実施した。試運転...

京成3600形 成田スカイアクセス線を走る
京成3600形3688編成 リバイバルカラーに

京成3600形3688編成がリバイバルカラーに! 7月31日、重要部検査のため入場していた3600形3688編成が出場し、宗吾参道〜八千代台にて試運転を行った。同編成は今回の重要部検査にあたり...

京成3600形3688編成 リバイバルカラーに
京成3600形 8両編成の運用終了

京成3600形の8両編成が終了。京成3600形8両編成の運用が終了した。3600形の8両編成については前回の記事で3658編成が7月1日の運行をもって運用離脱、廃車になったことをお伝えしたが...

京成3600形 8両編成の運用終了

最新記事

京成本線 実籾〜八千代台間の線形改良が完了

京成本線実籾〜八千代台間、実籾カーブの線形改良が完了。京成電鉄が進めている本線実籾〜八千代台間の線形改良工事に大きな動きが生じている。5月19日終電後から翌20日未明にかけて上り線の切り替え工事...

京成本線 実籾〜八千代台間の線形改良が完了
京成線 駅別乗降人員ランキング(2022年度)

2022年度の京成線の駅別乗降人員ランキング! 京成線の全69駅において、どの駅の利用が多いのか少ないのか。京成電鉄が毎年公表しているデータを基に、2022年度の駅別乗降人員をランキング形式で見て...

京成線 駅別乗降人員ランキング(2022年度)
京成電鉄「2023年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

今年も大型連休が終わり、鉄道各社から設備投資計画が発表される季節がやってきた。京成電鉄でも18日に発表があったところなので、これを読んで今後の動きを探ってみよう。2023年度における鉄道事業の...

京成電鉄「2023年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
ちばレインボーバス197号車 リゾートカラーの日野ブルーリボン

リゾートカラーのちばレインボーバスが登場。北総線沿線の印西市に本社を構えるちばレインボーバスは、自社導入の車両のほか、京成バスグループ各社からの経年の移籍車で営業を行っている。同社の移籍車に...

ちばレインボーバス197号車 リゾートカラーの日野ブルーリボン
京成AE形 特別装飾「KENTY SKYLINER(ケンティスカイライナー)」運転(第2期)

お客様がお姫様になっちゃうスカイライナー。第2弾。京成電鉄では、2021年7月より運行を開始したAE形「KENTY SKYLINE(ケンティスカイライナー)」についてリニューアルを実施、2022年...

京成AE形 特別装飾「KENTY SKYLINER(ケンティスカイライナー)」運転(第2期)