KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2021.08.23

蒲田ローカル廃止に伴う回送列車。

D37332.jpg

京急1000形 1461+1445編成
2021.6.6/生 麦

▲2021年3月ダイヤ改正で新設された定期回送列車、回1070。列車は4+4の8両編成で運転される
  • [土休日]回1070 回送
  • 始発:京急川崎---- → 終着:神奈川新町----
  • ダイヤ:2021.3.27改正
  • 備考:
  • [土休日]回1072 回送
  • 始発:京急川崎---- → 終着:神奈川新町----
  • ダイヤ:2021.3.27改正
  • 備考:

回1070・回1072は、土休日に設定されている定期回送列車である。2021年3月ダイヤ改正で新設された列車で、運転区間はいずれも京急川崎→神奈川新町となっている。

列車の設定理由はいたって単純。4本の快特泉岳寺行813A、815A、901A、903Aに連結される京急川崎止まりの増結車を新町検車区に入庫させるための回送列車となっている。もともと813A〜903Aの増結車は京急川崎で分割の後、そのまま品川〜京急蒲田間を走る普通列車(通称:蒲田ローカル)に流れる運用だったが、同改正で蒲田ローカルが廃止されたため、車両を車庫に戻す必要が生じたのである。

これらの列車がユニークなのは、4+4の8両編成で運転されること。すなわち、増結車として使われた4両編成4本を2本ずつまとめる格好での回送となる。しかし、4両編成2本はいったいどこで8両編成になるのやら?? それは・・・

D37352.jpg

京急600形 652編成
2021.6.6/京急川崎

▲というわけで、京急川崎駅に行ってみた。写真は901A増結車が分割の後、引上線に入線しているところ。4両編成のわりに停車位置がずいぶんと奥すぎる???
D37364.jpg

京急600形 652編成
2021.6.6/京急川崎

▲・・・と思っていたら、903A増結車が登場。引上線に入線し、先に入線していた901A増結車と併合
D37380.jpg

京急600形 655+652編成
2021.6.6/京急川崎

▲引上線での併合作業が完了し、回1072として出発を待つ

ご覧の通り、4両編成どうしの併合は京急川崎駅の品川方にある引上線で行われる。まず、813Aの増結車が快特から分割の後、引上線の奥に入線。20分後、815Aの増結車が同じく分割の後、引上線に入り、先に入線している4両編成と併合。こうして4+4両編成となり、折り返し回1070として神奈川新町に向けて走る。901Aと903Aの増結車→回1072も同様。さすが京急、分割・併合はお手のもの。どこでも車両をくっつけちゃうよ。京急川崎の引上線は普通列車やT急行の折り返し、D特急の快特待避などさまざまな使われ方をしてきたが、併合を伴う運用は初めてのことかと思われる。

なお、昨年5月からの蒲田ローカル運休では4本の増結車をそれぞれ単独で新町検車区まで戻していたが、4+4両編成でまとめて回送というように改められたのは、ダイヤ改正で鉄道係員の労働環境の改善という内容が盛り込まれたためであろう。列車を削減すれば、それだけ乗務員の行路に余裕が生まれるというわけだ。

前述のようにもとは快特の増結車なので、車両は1500形鋼製車を除く全ての4両編成が充当しうる。私が様子を見に行った日は回1070:1000形ステンレス+1000形アルミ、回1072:600形+600形という組み合わせだったが、日によっては1500形や1000形1800番台も混ざることもあり、それはまさにガチャ。こうした面白さがあるのは回送列車ならではである。

とは言え、回1070と回1072の存在は、蒲田ローカル廃止に対する応急策という印象は否めない。蒲田ローカルが消滅した以上、もはや前述4本の快特の増結車を京急川崎までとする理由はないだろうからだ。ここらへんのことが発展的に解消されたとき、この2本の珍列車は消え行く運命にある。

関連記事

四直珍列車研究 117 - 平日 1730T

京成本線を走る都営車の特急が12年ぶりに復活。平日1730Tレは、都営車で運転される特急西馬込行である。都営車の特急西馬込行は朝のラッシュ時間帯に北総線からの列車が何本か設定があるが、京成本線を...

四直珍列車研究 117 - 平日 1730T
四直珍列車研究 115 - 土休日 2373K

2ヶ月間だけ走った浅草橋行。京成車編。新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い政府より1月8日に発出された2回目の緊急事態宣言では、夜間の外出抑制のため各線で終電の繰り上げが実施されることに...

四直珍列車研究 115 - 土休日 2373K
四直珍列車研究 114 - 平日 2259H

2ヶ月間だけ走った浅草橋行。京急車編。新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い政府より1月8日に発出された2回目の緊急事態宣言では、国や自治体などから鉄道事業者に対して夜間の外出抑制のため終電...

四直珍列車研究 114 - 平日 2259H
四直珍列車研究 113 - 平日 2361K

29年間、おつかれさまでした。平日2361Kレは、西馬込始発通勤特急京成佐倉行である。京成本線の下り終電として走る同列車だが、3月27日に実施される終電繰り上げ・始発繰り下げに伴うダイヤ変更に...

四直珍列車研究 113 - 平日 2361K
四直珍列車研究 112 - 土休日 20A04

お前、なんで快速なん??? 今回、珍列車としてご紹介するのは、土休日20A04レ快速京成成田行である。2019年10月ダイヤ改正で登場した列車である。快速京成成田行といっても、京成成田は京成線の...

四直珍列車研究 112 - 土休日 20A04

最新記事

京急大師線 干支ヘッドマークのない正月

京急大師線の少し寂しいお正月。1899年1月に開業した大師電気鉄道に始まり、現在も川崎大師への参拝の足として親しまれている京急大師線。2022年正月、そんな大師線に異変が生じている。毎年恒例の...

京急大師線 干支ヘッドマークのない正月
新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、今年も毎年恒例の干支ヘッドマークの掲出を行った。今年で14年目となるヘッドマークの干支は「寅」。干支...

新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)
北総7800形7838編成 登場

北総7800形にまさかの4本目の編成が登場。12月中旬より北総7800形7838編成が登場している。同編成はこれまでの7800形と同じく京成3700形のリース車両で、車両番号の変更は次の通り...

北総7800形7838編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更

京成3050形3054編成と3055編成、京成カラーになる。12月上旬より京成3050形3054編成と3055編成がオレンジ色のアクセス線カラーから赤と青の京成カラーに変更され、運用に入っている...

京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更
2021年 四直界隈10大ニュース

2021年がまもなく終わろうとしている。というわけで、「2021年四直界隈10大ニュース」と題して2021年に都営浅草線を筆頭とした京成線、京急線、北総線のいわゆる四直界隈で起こったできごとを...

2021年 四直界隈10大ニュース