KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2021.09.05

京成バス新都心営業所のオリパラ対応。その2。(その1はこちら

X82505.jpg

京成バス 4554号車
2021.9.5/千葉市美浜区中瀬

▲東京オリンピック・パラリンピック競技大会に伴う交通規制の影響で海側に大きく迂回するコロンブスシティ線[幕22]
X82112.jpg

京成バス 4516号車
2021.7.30/千葉市美浜区浜田

▲イオンモール幕張新都心線はオリパラ対応と京葉線の新駅工事で大幅な経路変更を実施。写真はE街区に移転したイオンモール幕張新都心ファミリーモール前のバスターミナル

千葉市の幕張新都心エリアを中心に運行している京成バス新都心営業所では、東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催に伴って、6月上旬より一部の路線において運行の内容を変更している。6月下旬の記事にて新都心・幕張線[幕01]と袖ヶ浦団地線[津46]の行先変更をご紹介したが、その後7月より更なる変更が生じているところなので、改めてレポートする。

イオンモール幕張新都心線[イオン31][イオン36][イオン63][イオン65]ほか

イオンモール幕張新都心線では、海浜幕張駅を発着する[イオン63]と[イオン65]が東京オリンピック・パラリンピック競技大会に伴う交通規制によりメッセ大通りが通行禁止となったため、7月1日よりセンターストリートへ経路変更となっている。さらに、京葉線幕張新都心拡大地区新駅1)工事に伴い、イオンモール幕張新都心ファミリーモール前のバスターミナルがE街区に移転。前記2系統に加えて幕張本郷駅発着の[イオン31]、[イオン36]なども影響を受けることとなった。

これらはダイヤ改正を伴っていることから、後述の2路線とは異なり迂回運行ではなく正式な経路変更をしているものと思われる。

Z00536.jpg

京成バス 新都心営業所のオリパラ対応

▲イオンモール幕張新都心線[イオン31][イオン36][イオン63][イオン65]の経路図。破線は土休日に設定されている渋滞回避用の迂回経路

面白いのはイオンモール幕張新都心ファミリーモール前発の[イオン36]と[イオン65][イオン31]と[イオン63]で、土休日の一部時間帯に限って近隣商業施設2)の駐車場入場待ち渋滞回避のための迂回運行便が設定されている。イオンモール幕張新都心ファミリーモール前を出たバスは通常において最初の交差点で左折するところ、迂回運行では県道15号まで直進。図中の破線で示したような経路で大きくぐるっと回って次のイオンモール幕張新都心グランドモール前に至る。直線距離でわずか600mのところを12分もかけて走るので、ファミリーモール前バス停にはグランドモール前も合わせて利用してほしい旨の案内が書かれている。

ポケットバス[海61][海62]
Z00561.jpg

京成バス 新都心営業所のオリパラ対応

▲ポケットバス[海61][海62]の迂回運行

ポケットバスの[海61]と[海62]もやはりメッセ大通りが通行禁止となっていることから、7月1日より迂回運行を実施している。メッセ大通りのひとつ海側の海浜大通りへ迂回し、幕張メッセ中央は経由しない。

コロンブスシティ線[幕22]
Z00522.jpg

京成バス 新都心営業所のオリパラ対応

▲コロンブスシティ線[幕22]の迂回運行。迂回は海浜幕張駅行のみで実施され、幕張本郷駅行は通常どおり運行した

コロンブスシティ線[幕22]は、東京オリンピック・パラリンピック競技大会開催期間中の7月19日〜8月8日と8月24日〜9月6日の間、迂回運行を実施した。通常の運行経路的に影響がなさそうな同線だが、免許センター交差点がオリパラ開催に伴う交通規制により左折禁止となり、センターストリートに出られなくなったための措置。海浜幕張駅行のみ影響を受ける格好になっている。

バスは免許センター交差点を直進。メッセ大橋交差点から海浜大通り〜国際大通りへと大きく迂回して海浜幕張駅へ。富士通とNTT、テクノガーデンの3バス停は通過扱いとした。

※9/7一部訂正

  • 1)京葉線新習志野〜海浜幕張間に設置される新駅。2023年春開業予定。
  • 2)コストコホールセール幕張倉庫店。

関連記事

京成バス 新都心営業所に新型連節バス(3代目)が登場

幕張新都心を走る連節バス。3月末より3代目となる新型車両が登場している。京成バス新都心営業所では、3月末より新都心・幕張線で3代目となる連節バスの運行を開始した。新型となる連節バスは3代目という...

京成バス 新都心営業所に新型連節バス(3代目)が登場
京成バス 新都心営業所の東京オリンピック・パラリンピック対応

京成バス新都心営業所のオリパラ対応。千葉市の幕張新都心エリアを中心に運行している京成バス新都心営業所では、東京オリンピック・パラリンピックの開催に伴って6月上旬より一部の路線で一時的な行先変更を...

京成バス 新都心営業所の東京オリンピック・パラリンピック対応
京成バス1009号車 いすゞエルガデュオLX525Z1

初物づくしの1台。2020年10月、東京都心と臨海副都心を結ぶ新しい交通機関として東京BRTが開業した。開業時より9台の車両で運行していることは以前の記事でご紹介したとおりだが、ここでは特に...

京成バス1009号車 いすゞエルガデュオLX525Z1
東京BRT プレ運行開始 2 - 東京BRTの車両たち

2020年10月1日に運行開始した東京BRT。前回の記事では東京BRTの概要や将来の計画などを紹介したが、今回東京BRTの車両たちを見てみよう。東京BRTでは、運行開始より9台の車両を使用して...

東京BRT プレ運行開始 2 - 東京BRTの車両たち
東京BRT プレ運行開始 1 - 東京BRTの概要

祝・東京BRTプレ運行開始。2020年10月1日、東京BRTが開業した。まずはプレ運行(1次)ということで虎ノ門ヒルズ~新橋~晴海BRTターミナルの1系統のみの運行となっているが、11月のある日...

東京BRT プレ運行開始 1 - 東京BRTの概要

最新記事

京急大師線 干支ヘッドマークのない正月

京急大師線の少し寂しいお正月。1899年1月に開業した大師電気鉄道に始まり、現在も川崎大師への参拝の足として親しまれている京急大師線。2022年正月、そんな大師線に異変が生じている。毎年恒例の...

京急大師線 干支ヘッドマークのない正月
新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、今年も毎年恒例の干支ヘッドマークの掲出を行った。今年で14年目となるヘッドマークの干支は「寅」。干支...

新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)
北総7800形7838編成 登場

北総7800形にまさかの4本目の編成が登場。12月中旬より北総7800形7838編成が登場している。同編成はこれまでの7800形と同じく京成3700形のリース車両で、車両番号の変更は次の通り...

北総7800形7838編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更

京成3050形3054編成と3055編成、京成カラーになる。12月上旬より京成3050形3054編成と3055編成がオレンジ色のアクセス線カラーから赤と青の京成カラーに変更され、運用に入っている...

京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更
2021年 四直界隈10大ニュース

2021年がまもなく終わろうとしている。というわけで、「2021年四直界隈10大ニュース」と題して2021年に都営浅草線を筆頭とした京成線、京急線、北総線のいわゆる四直界隈で起こったできごとを...

2021年 四直界隈10大ニュース

京成バス変則運行