KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2021.11.17

京成3050形に異変。

D38442.jpg

京成3050形 3054編成
2021.11.11/京成臼井〜京成佐倉

▲特急成田空港行として京成本線を下る3050形3054編成。10月上旬より3050形が成田スカイアクセス線仕様のまま京成本線を走るという異変が生じている

9月下旬より今年度新造の3100形が営業運転を開始したのに伴い、3050形が成田スカイアクセス線から京成本線に転用されている。3156編成の導入により3054編成が10月2日から、3155編成の導入により3055編成が11月13日からそれぞれ京成本線での運用を開始した。・・・って、あれ? 両編成ともオレンジ色のままなんですけども???

3100形の導入による3050形の京成本線転用は、2019年度の3051編成、2020年度の3052編成と3053編成に続く格好となっている。しかし、これら3編成がきっちりと赤と青の京成カラーにお色直ししてから京成本線に投入されたのに対し、今回転用された3054編成と3055編成は成田スカイアクセス線仕様のまま京成本線を走っているという点で大きく様相が異なる。特に、昨年度転用の3052編成と3053編成は2019年10月ダイヤ改正でいったんオレンジ色に変更された後、京成本線転用のため1年足らずで京成カラーに再変更されるという念の入れようだっただけに、昨年度と今年度で起きている事象の落差が激しい。

京成車の8両編成は京成本線と成田スカイアクセス線で運用が明確に分かれており、何もなければそれぞれの仕様の車両が各々の運用に入る。一時期はこうした車両の使い方がガバガバしていた時もあったが、2019年10月ダイヤ改正で成田スカイアクセス線仕様の車体色として同線の案内カラーと同色のオレンジ色が導入されてからは、運用が特に厳格化。これ以降、成田スカイアクセス線仕様の車両が京成本線を走るのは、ダイヤ乱れなどのやむを得ない事情がある時だけに限られていた。そんなわけなので、オレンジ色の3050形が京成本線の運用に日常的に、しかも2編成が同時に入っているのは、きわめて異例な事態なのである。

なぜ3054編成と3055編成が成田スカイアクセス線仕様のまま京成本線を走っているのかは不明。京成カラーに変更する予定が遅れているのか、あえてそのままにしているのか、それとも別に何か事情があるのか・・・。しかし、いずれにしても成田スカイアクセス線仕様の車両のオレンジ色を誤乗防止のためのもの1)としている以上、オレンジ色の車両が京成本線を走る状態はあまりよろしくないものと思われる。はたしていつになったら解消されるのだろうか。

関連記事

京成3100形・3050形「成田スカイアクセス線開業10周年」ヘッドマーク

祝・成田スカイアクセス線開業10周年。京成電鉄では7月17日に成田スカイアクセス線開業10周年を迎えるにあたりさまざまな記念施策を実施している。AE形にヘッドマークを掲出していることをお伝えした...

京成3100形・3050形「成田スカイアクセス線開業10周年」ヘッドマーク
京成3050形3052編成・3053編成 赤と青の京成カラーに変更

京成3050形3052編成と3053編成が赤と青の京成カラーに変更。京成本線に転用へ。京成電鉄では今年度の新車として3100形3153編成と3154編成を導入したところであるが、これに伴い...

京成3050形3052編成・3053編成 赤と青の京成カラーに変更
55K:3152編成 京成3100形が京成本線を走る

京成3100形が京成本線を走る。6月12日に京成本線青砥駅構内で発生した列車脱線事故。押上線八広〜青砥が終日運休になり、ダイヤが大幅に乱れるなど各線に大きな影響を及ぼした。翌13日7時40分ごろ...

55K:3152編成 京成3100形が京成本線を走る
京成3050形3051編成 赤と青の一般色に変更

京成3050形3051編成、赤と青の京成カラーに変更。京成本線に転用へ。12月上旬より京成本線への転用のためのデザイン変更が実施されていた3051編成だが、このほど赤と青の京成カラーになって...

京成3050形3051編成 赤と青の一般色に変更
京成3050形 新アクセス色登場と初代アクセス色の運行終了

京成3050形、装いを新たに。10月26日ダイヤ改正におけるスカイライナーの大増発や3100形(3150形)の運行開始で、開業以来の大変革が訪れている成田スカイアクセス線。同線の開業時より...

京成3050形 新アクセス色登場と初代アクセス色の運行終了

最新記事

京成3500形 デジタルSR無線対応工事始まる

列車無線のデジタル化に新しい動き。2017年度より列車無線の更新を実施している京成電鉄。4月には新しい無線となるデジタルSR無線の運用が始まったところである。車両に対する改造工事は3000形や...

京成3500形 デジタルSR無線対応工事始まる
京成電鉄「2021年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

11月4日、京成電鉄は2021年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。例年は5月中旬頃に発表されている京成の鉄道事業設備投資計画だが、今年度も昨年度に...

京成電鉄「2021年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京成3100形3155編成・3156編成 登場

9月下旬より、京成3100形の3次車にあたる3155編成と3156編成がお目見えしている。3次車の特徴と営業運転開始までの動きをまとめておこう。京成電鉄では、2021年度の新造車として3100形...

京成3100形3155編成・3156編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 成田スカイアクセス線仕様のまま本線転用

京成3050形に異変。9月下旬より今年度新造の3100形が営業運転を開始したのに伴い、3050形が成田スカイアクセス線から京成本線に転用されている。3156編成の導入により3054編成が10月...

京成3050形3054編成・3055編成 成田スカイアクセス線仕様のまま本線転用
京成3500形3520編成 営業運転終了

京成3500形に廃車が発生。3100形3155編成の導入に伴い、車両に動きが生じている。3500形3520編成が11日の(B21→)05運行をもって営業運転を離脱。いっしょに編成を組んでいた...

京成3500形3520編成 営業運転終了

京成タグはありません