KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2021.12.01

列車無線のデジタル化に新しい動き。

X82963.jpg

京成3500形 SRアンテナ
2021.12.1/**

▲デジタルSR無線の対応工事が始まった3500形。SRアンテナは従来のIRアンテナに挟まる位置に設置されている
X82972.jpg

京成3000形 運転台
2021.12.1/**

▲SR無線関連の機器が増設された3500形の運転台。マスコンの左側にSR操作器、ブレーキ弁の上部に簡易モニターが見える。貫通扉を挟んで右側、運行番号表示器にぶら下がる格好で簡易アンテナも設置

2017年度より列車無線の更新を実施している京成電鉄。4月には新しい無線となるデジタルSR無線の運用が始まったところである。車両に対する改造工事は3000形や3700形、AE形が先行していたが、これまで一切工事が行われてこなかった3500形でも対応工事が始まった。3500形のデジタルSR無線対応第1号となったのは3512編成で、工事は10月下旬から11月下旬まで約1ヶ月間をかけて実施。デジタルSR無線自体は既に使用開始されていることから、3000形や3700形のように準備工事の段階を経ずに、一気に本設まで行われていることが特徴となっている。

3512編成は中間に3526-3525の2両を挟んだ6両編成1)で、編成中に3両の先頭車(3512号車、3525号車、3509号車)が組み込まれているが、今回デジタルSR無線に対応したのは3512号車と3509号車のみである。以前の記事で予想した通り、先頭に出ている車両だけを改造した格好だ。このまま3525号車がデジタルSR無線に対応しないとなると同編成は事実上の6両固定編成となるが、後で中間の2両を編成から一時的に抜いて3525号車の工事を実施するという可能性もあり得るので、現時点では何とも言えないところ。今後の動向が注目される。

8月に実施された編成組み換えで2+2+2の6両編成となった3500形は5本。このうちの3512編成がデジタルSR無線に対応したことで、少なくとも残り4本の6両編成も同様にデジタルSR無線に対応する可能性が濃厚となった。3500形は来年にも登場から半世紀を迎えようとしているが、それすらを越えて2023年度以降も走ることが確定した2)。まだまだ元気な姿を見られそうでなによりである。

  • 1)2021年12月現在、3512編成は次のような6両編成である。[3512-11+26-25]+10-09]。
  • 2)列車無線設備の更新が2022年度末までなので、デジタルSR無線に対応した車両は2023年度以降も走ることが確定する。

関連記事

京成3500形3520編成 営業運転終了

京成3500形に廃車が発生。3100形3155編成の導入に伴い、車両に動きが生じている。3500形3520編成が11日の(B21→)05運行をもって営業運転を離脱。いっしょに編成を組んでいた...

京成3500形3520編成 営業運転終了
京成3500形 6両編成を一斉に編成組み換え

京成3500形の6両編成に異変。なんだか大変なことが起きている。京成3500形において、編成組み換えが行われている。どういった内容なのか見てみよう。編成組み換えは以下の通りとなっている。ご覧の...

京成3500形 6両編成を一斉に編成組み換え
京成線・北総線 デジタルSR無線を使用開始

半世紀ぶりの大変革。4月17日、京成線と北総線において始発列車よりデジタルSR列車無線(SR無線)の使用が開始された。SR無線を使用する区間は、京成線全線(北総線と重複する区間を除く)と北総線...

京成線・北総線 デジタルSR無線を使用開始
まだまだ頑張る京成3500形更新車

まだまだ頑張る京成3500形更新車。京成では現在3100形の導入と、3600形と3400形の廃車が進められていることは車両の動きでもお伝えしているとおりである。そんな3600形や3400形を...

まだまだ頑張る京成3500形更新車
京成3000形・3700形 デジタルSR無線アンテナの本設始まる

2021年3月に運用開始を予定している京成線のデジタルSR列車無線の導入について、このほど新しい動きがあったので見てみよう。2017年度より進められている京成線の列車無線更新。これに関連して...

京成3000形・3700形 デジタルSR無線アンテナの本設始まる

最新記事

京急大師線 干支ヘッドマークのない正月

京急大師線の少し寂しいお正月。1899年1月に開業した大師電気鉄道に始まり、現在も川崎大師への参拝の足として親しまれている京急大師線。2022年正月、そんな大師線に異変が生じている。毎年恒例の...

京急大師線 干支ヘッドマークのない正月
新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、今年も毎年恒例の干支ヘッドマークの掲出を行った。今年で14年目となるヘッドマークの干支は「寅」。干支...

新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)
北総7800形7838編成 登場

北総7800形にまさかの4本目の編成が登場。12月中旬より北総7800形7838編成が登場している。同編成はこれまでの7800形と同じく京成3700形のリース車両で、車両番号の変更は次の通り...

北総7800形7838編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更

京成3050形3054編成と3055編成、京成カラーになる。12月上旬より京成3050形3054編成と3055編成がオレンジ色のアクセス線カラーから赤と青の京成カラーに変更され、運用に入っている...

京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更
2021年 四直界隈10大ニュース

2021年がまもなく終わろうとしている。というわけで、「2021年四直界隈10大ニュース」と題して2021年に都営浅草線を筆頭とした京成線、京急線、北総線のいわゆる四直界隈で起こったできごとを...

2021年 四直界隈10大ニュース

京成改造