KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2021.12.21

京成3700形3748編成が6年9ヶ月ぶりに復帰。

D38654.jpg

京成3700形 3748編成
2021.12.10/西登戸〜新千葉

▲12月2日より京成の6両編成として営業運転に復帰した3700形3748編成。10日にはB01運行に充当し、千葉・千原線への初入線を果たした
X83027.jpg

京成3700形 「3748」プレート
2021.12.10/**

▲前面の車両番号はプレートにて掲示。同様のものは7800形や9800形でも見られるが、3700形では唯一の形態

12月上旬より京成3700形3748編成が6両編成として営業運転に復帰している。同編成はもと北総7800形7818編成で、昨年6月に発生した青砥駅構内脱線事故の当該となり運用離脱、今年に入って京成に返却された車両である。既報のとおり10月末に印旛車両基地から宗吾車両基地に回送され、復帰に向けた整備が行われていたところだが、このほど1年半ぶりに営業運転に入った。3748編成が京成車として走るのは6年9ヶ月ぶりのこととなる。

3748編成は12月1日に重要部検査に伴う試運転を八千代台〜宗吾参道間で実施した後、翌2日の1844(宗吾参道18時7分発普通京成上野行)より営業運転を再開。以降、6両編成の一員として3000形や3500形などとともに運用に入っている。10日にはB01運行に充当し、3700形の前期型(1〜5次車)として初めて千葉・千原線に入線した。

北総から京成への返却に伴う車両番号は表題のとおり3748編成とされ、リース前の原番号に復帰した。各車両の番号の変更は以下の通りとなっている。

7818-7817-7816-7813-7815-7811

3748-3747-3746-3743-3742-3741

D38663.jpg

京成3700形 3742号車(海側)
2021.12.17/**

▲連結位置が変更された3745号車は改番されて2代目3742号車に。シングルアーム式パンタグラフと下枠交差式パンタグラフが混在する特異な外観となっている

復帰にあたり5号車から2号車に変更された7815号車(3745号車)のみ、連結位置を考慮して3742号車への改番が行われている。3745号車は2代目3742号車になった。近年の京成において改番が実施されることはきわめて珍しく、AE形の走り装置を活用して製造された3400形が書類上ではAE形からの改造・改番であることを除けば、少なくとも平成以降初めての事例となる。

その3742号車だが、外観もヒトクセある車両となっている。連結位置の変更に伴う「2号車化」改造によりシングルアーム式パンタグラフが増設されたことは既にお伝えしているとおりだが、既存のパンタグラフがオリジナルの下枠交差式のままとされたため、2種類のパンタグラフが混在することとなった。シングルアーム式パンタグラフと下枠交差式パンタグラフの混在は編成単位では3400形で事例があるが、1両でというのは3742号車が初めて。いかにも何かありましたという印象を与えている。

なお、編成から外された7814号車(3744号車)と7812号車(初代3742号車)については、既に印旛車両基地から搬出され、解体業者において解体が行われている模様である。残念ながらこの2両が3700形における初めての廃車となってしまった。

関連記事

北総7800形7818編成 京成に返却・6両編成化

北総7800形7818編成、6両編成で宗吾車両基地へ。10月30日の終電後、北総7800形7818編成が6両編成で印旛車両基地から宗吾車両基地に回送された。2020年6月12日に発生した青砥駅...

北総7800形7818編成 京成に返却・6両編成化
京成3100形 2024年度に京成本線仕様の車両を導入か

6月30日、京成電鉄はバリアフリー法に基づく2021年度の移動等円滑化取組計画書を公表した。その中で、3100形の今後の導入計画が明らかになっている。どういった内容なのか見てみよう。京成が6月...

京成3100形 2024年度に京成本線仕様の車両を導入か
55K:3152編成 京成3100形が京成本線を走る

京成3100形が京成本線を走る。6月12日に京成本線青砥駅構内で発生した列車脱線事故。押上線八広〜青砥が終日運休になり、ダイヤが大幅に乱れるなど各線に大きな影響を及ぼした。翌13日7時40分ごろ...

55K:3152編成 京成3100形が京成本線を走る
京成線 青砥駅脱線事故で市川真間行などが走る

6月12日10時15分ごろ、京成本線青砥駅構内で列車脱線事故が発生した。この影響で京成線ならびに直通している都営浅草線、京急線、北総線の各線では、大幅にダイヤが乱れた。本稿は、この事故の概況と...

京成線 青砥駅脱線事故で市川真間行などが走る
北総7800形7828編成 登場

2017年度も年度末に近づくにつれ、京成電鉄や京成グループで車両の動きが出てきている。北総鉄道では、7800形7828編成が登場した。7800形7828編成は京成3700形のリース車両となって...

北総7800形7828編成 登場

最新記事

京急車の京成押上線内快速特急運転

京急車が京成線内を快速特急で走る。京成線で2022年2月に実施されたダイヤ改正は、スカイライナー青砥停車の正式ダイヤ化や日中時間帯の京成本線特急の快速への格下げなど、新型コロナウイルスの感染拡大...

京急車の京成押上線内快速特急運転
北総7500形 「会社創立50周年記念」ヘッドマーク

祝・北総鉄道会社創立50周年。2022年5月10日に会社創立50周年を迎えた北総鉄道では、これを記念したヘッドマーク電車の運転を行っている。ヘッドマークを掲出しているのは7500形7502編成...

北総7500形 「会社創立50周年記念」ヘッドマーク
芝山鉄道3500形 赤と緑の「芝鉄カラー」に変更

赤と緑の「芝鉄カラー」が約8年半ぶりに復活! 芝山鉄道は今年の10月に開業から20周年を迎える。そんな節目の年に、赤と緑の「芝鉄カラー」の電車が蘇った。京成から芝山鉄道にリースされている3500形...

芝山鉄道3500形 赤と緑の「芝鉄カラー」に変更
東洋バス路線図 2022年5月1日版

当Webサイトでは、2019年4月の「東洋バス路線図 2019年4月16日版」と題する記事にて東洋バスの路線図を公開していたところであるが、約3年ぶりに改訂版を発行する。東洋バスでは5月1日に路線...

東洋バス路線図 2022年5月1日版
四直珍列車研究 121 - 平日 2386H

平日深夜に運転されていた快速神奈川新町行。平日2386Hレは、かつて平日深夜に運転されていた快速神奈川新町行である。快速神奈川新町行が定期列車として走るのは、2002年10月ダイヤ改正で現行の...

四直珍列車研究 121 - 平日 2386H

京成タグはありません