KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2022.01.11

北総7800形にまさかの4本目の編成が登場。

D38718.jpg

北総7800形 7838編成
2022.1.5/西白井〜白井

▲12月中旬に登場した北総7800形7838編成。京成3700形3768編成をリースしたもので、7800形にまさかの4本目が出現した

12月中旬より北総7800形7838編成が登場している。同編成はこれまでの7800形と同じく京成3700形のリース車両で、車両番号の変更は次の通り。

3768-3767-3766-3765-3764-3763-3762-3761

7838-7837-7836-7835-7834-7833-7832-7831

上記の通り、7838編成はもと3768編成である。3768編成は11月5日の75K運行をもって京成車としての営業運転を終了。その後、宗吾車両基地において北総転属に向けた整備を行った。北総仕様への改造については2017年度にリースされた7828編成に準じた内容となっており、前面の車両番号も7828編成と同じくプレート式である。

改造を終えた3768編成改め7838編成は、12月18日に89N運行として宗吾車両基地から印旛車両基地への臨時回送を実施。翌19日の626Nよりさっそく北総車としての営業運転を開始した。

◆ ◆ ◆

北総車については2017年度末に京成より3778編成が7828編成としてリースされ、予備車2本の体制でデジタルSR無線への対応工事を順次実施していくはずだった。そんな中で発生した7818編成の脱線事故。同編成が使用不可となり、予定より1編成が欠けた状態で定期検査や無線改造工事をこなさざるを得なくなったわけだが、この間の車両のやりくりはさぞ大変なことだったと思われる。

以上のような経緯を踏まえれば、7838編成が7818編成の代替であることは疑いようのないところである。7838編成が登場したことで予備車2本体制に戻り、北総の担当者も一安心といったところだろうか。

  • 北総鉄道
  • タグはありません

関連記事

京成3700形3748編成 6両編成で営業運転復帰

京成3700形3748編成が6年9ヶ月ぶりに復帰。12月上旬より京成3700形3748編成が6両編成として営業運転に復帰している。同編成はもと北総7800形7818編成で、昨年6月に発生した青砥...

京成3700形3748編成 6両編成で営業運転復帰
北総7800形7818編成 京成に返却・6両編成化

北総7800形7818編成、6両編成で宗吾車両基地へ。10月30日の終電後、北総7800形7818編成が6両編成で印旛車両基地から宗吾車両基地に回送された。2020年6月12日に発生した青砥駅...

北総7800形7818編成 京成に返却・6両編成化
55K:3152編成 京成3100形が京成本線を走る

京成3100形が京成本線を走る。6月12日に京成本線青砥駅構内で発生した列車脱線事故。押上線八広〜青砥が終日運休になり、ダイヤが大幅に乱れるなど各線に大きな影響を及ぼした。翌13日7時40分ごろ...

55K:3152編成 京成3100形が京成本線を走る
北総7800形7828編成 登場

2017年度も年度末に近づくにつれ、京成電鉄や京成グループで車両の動きが出てきている。北総鉄道では、7800形7828編成が登場した。7800形7828編成は京成3700形のリース車両となって...

北総7800形7828編成 登場
北総鉄道(千葉ニュータウン鉄道)9800形 登場

​まもなく2017年が終わろうとしている。本年最後の記事として今年に登場したヘンテコ電車の話題を取り上げて、2017年を締めくくろう。春は別れの季節であり、出会いの季節でもある。それは鉄道車両...

北総鉄道(千葉ニュータウン鉄道)9800形 登場

最新記事

北総7300形 臨時特急「ほくそう春まつり号」運転(2024年)

今年も春がやってきた。4月21日、北総鉄道が主催する「ほくそう春まつり」の開催に合わせて臨時特急「ほくそう春まつり号」が運転された。昨年、八千代台始発として5年ぶりに運転された当列車だが、今年は...

北総7300形 臨時特急「ほくそう春まつり号」運転(2024年)
千葉シーサイドバス路線図 2024年4月1日版

当Webサイトでは、2023年3月の「千葉シーサイドバス路線図 2023年3月1日版」と題する記事にて千葉シーサイドバスの路線図を公開していたところであるが、約1年ぶりに改訂版を発行する。千葉...

千葉シーサイドバス路線図 2024年4月1日版
京成グループ 車両の動き(2023年度)

京成グループにおける2023年度の車両の動きをまとめてみよう。まずは京成。ここ数年は列車無線のデジタル化に伴う予備車の存在や2度にわたる脱線事故の影響などでイレギュラーな車両の動きが続いていたが...

京成グループ 車両の動き(2023年度)
北総7500形 「北総1期線開業45周年記念」ヘッドマーク

北総線開業45周年記念。北総鉄道では、3月上旬より7500形おいて「北総1期線開業45周年記念」ヘッドマークの掲出を行っている。表題のとおり北総1期線(新鎌ヶ谷〜小室)の開業45周年を記念した...

北総7500形 「北総1期線開業45周年記念」ヘッドマーク
タイ国鉄 フアランポーン駅の現在

クルンテープ・アピワット中央駅に続いて、かつての中央駅、フワランポーン駅も訪ねてみた。2023年1月にバンコクの中央駅の地位をクルンテープ・アピワット中央駅に譲ったフアランポーン駅。中央駅の移転...

タイ国鉄 フアランポーン駅の現在