KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2022.01.16

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

X83173.jpg

新京成8800形 8811編成
2022.1.14/二和向台〜三咲

▲2022年の干支ヘッドマークを掲出した8800形。掲出対象は今年も8811編成

新京成電鉄では、今年も毎年恒例の干支ヘッドマークの掲出を行った。今年で14年目となるヘッドマークの干支は「寅」。干支ヘッドマークは2019年より沿線の高校とのコラボレーション企画として実施されているが、今年は千葉県立津田沼高等学校の高校生2名が制作を担当。デザインを担当した安藤さんと中山さんによれば、ヘッドマークのコンセプトは「正月らしいめでたい色合いにしつつ、赤の彩度を少し落として深みのある色合いに」ということだそう。

ヘッドマークを掲出したのは8800形8811編成。干支ヘッドマークを8811編成に掲出するのも毎年恒例になりつつあり、2016年から7年連続のことである。

関連記事

新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2021年)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、今年も毎年恒例の干支ヘッドマークの掲出を行っている。2021年「丑年」のヘッドマークを掲出しているのは...

新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2021年)
新京成8800形「新京成ドリームトレイン」運転

子どもたちの夢を乗せて走る電車。新京成電鉄では、9月中旬より8800形を使用した「新京成ドリームトレイン」を運転している。新型コロナウイルス感染症の感染拡大が人々の暮らしに大きな影響を与えている...

新京成8800形「新京成ドリームトレイン」運転
新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2020年)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、今年も2020年の干支ヘッドマークの掲出を行っている。掲出の対象となっているのは8800形8811編成...

新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2020年)
新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2018年)

あけましておめでとうございます。2018年もよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、元日から15日まで2018年の干支ヘッドマーク掲出を行なった。今年の干支は「戌」。犬を鏡餅のようにデザイン...

新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2018年)
新京成8800形「ふなっしートレイン」ラッピング電車

新京成に非公認なあいつがやってきた。新京成電鉄では、7月1日よりラッピング電車「ふなっしートレイン」の運転を行なっている。新京成線の開業70周年と船橋市の非公認ゆるキャラふなっしーの地上降臨...

新京成8800形「ふなっしートレイン」ラッピング電車

最新記事

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化
京急600形 大師線を走る

京急大師線の新たな日常風景。京急電鉄では2020年度よりL/C座席を装備した新型車両1000形1890番台を導入し、1500形4両編成を置き換えているところである。1500形はこれまでに...

京急600形 大師線を走る

新京成電鉄ヘッドマーク