KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2022.02.05

さようなら、京急川崎駅の「パタパタ」。

X80305.jpg

京急川崎駅 反転フラップ式案内表示装置
2020.10.25/**

▲2月中旬までに引退することになった京急川崎駅の「パタパタ」発車案内装置。京急線の主要駅を中心に見られた「パタパタ」がいよいよ見納めとなる

京急線の「パタパタ」がまもなく終わりを迎えようとしている。京急電鉄によれば、京急川崎駅で使用している同社最後の「パタパタ」発車案内装置を更新により2月中旬までに引退させるとのこと1)。この記事を公開した時点で既に上りホーム(6・7番線)に設置されていた3基がLCD式の新しい案内装置に交換済み、下りホーム(4・5番線)に残る2基が更新されるのも時間の問題となっている。

「パタパタ」と通称されるこの装置は、正式には反転フラップ式列車発車案内表示装置という。文字や図柄などを上下に分割して印刷したフラップと呼ばれる薄い板を、縦方向に回転させることで表示を切り替えて行うものである。「パタパタ」とは、このフラップが回転して表示が切り替わる時の動作音。パタパタパタ・・・と小気味よい音とともに目まぐるしく表示が切り替わっていくのが「パタパタ」の最大の特徴である。

日本では1950年代より案内表示装置としてターミナル駅や空港などに導入され始め、以降、多くの旅行者をそれぞれの目的地に導いてきた。京急で「パタパタ」が初採用されたのは京急川崎駅で、1986年12月とのこと。現在使われているのは2001年2月ごろに設置された2代目である。京急では主要駅を中心に最大で10駅ほどにこの「パタパタ」が設置されていたが、時代とともにLEDやLCDを用いた装置に置き換えられていき、数が減少。最後に残ったのが京急川崎駅の「パタパタ」だった。

X83244.jpg

京急川崎駅 反転フラップ式案内表示装置
2022.1.25/**

▲パタパタパタ・・・と小気味よい音を立てながら動作する「パタパタ」。表示切り替えの際に、普段使われていない表示がチラ見えするのが楽しい

ちなみに、京急川崎の「パタパタ」は、京急で最後と同時に関東最後の「パタパタ」でもあるということのよう。関東で最後まで残った「パタパタ」がどこかのローカル私鉄などではなく、大手私鉄の主要駅のものだったというのも驚きだ。

◆ ◆ ◆

「パタパタ」が人々の心をくすぐるのは、やはりフラップが動作する時にチラ見えするさまざまな表示であろう。現在では使われなくなった表示や非常用として用意されている表示が見られるのは、表示の切り替えが一瞬で完了するLEDやLCDの表示装置にはない面白さである。動作する「パタパタ」を眺めながら、その表示はいったいいつ使われるんだろうと考えを巡らせるのも乙なこと。以下、京急川崎駅の「パタパタ」に収録されている表示の一覧をご覧いただこう。

こちらもどうぞ:【パタパタ】京急川崎駅の「パタパタ」発車案内装置をスロー再生してみた

▽種別(※(飛)=飛行機マーク)

  • 通快
  • 快特
  • 特急
  • 急行
  • 普通
  • (空白)
  • 回送
  • (空白4)
  • (飛)快特
  • (飛)特急
  • (空白)
  • (飛)急行

▽行先

  • 成田
  • 東中山
  • 小岩
  • 高砂
  • 青砥
  • 押上
  • 浅草橋
  • 泉岳寺
  • 品川
  • 京急川崎
  • 神奈川新町
  • 横浜
  • 上大岡
  • 金沢文庫
  • 金沢八景
  • 逗子・葉山
  • 堀ノ内
  • 浦賀
  • 京急久里浜
  • 三浦海岸
  • 三崎口
  • (空白)
  • 新鎌ヶ谷
  • 西白井
  • 千葉ニュータウン中央
  • 金町
  • うすい
  • 佐倉
  • 宗吾参道
  • 東成田
  • 成田空港
  • (空白)
  • 京急蒲田
  • 羽田空港
  • 印西牧の原
  • 京成津田沼
  • 印旛日本医大
  • (空白)
  • 京急久里浜・逗子・葉山
  • 三崎口・逗子・葉山
  • (空白)
  • 京急久里浜・浦賀
  • 三崎口・浦賀
  • (空白10)
  • 通過
  • (空白)
  • 当駅止まり
  • (空白2)
  • 遅れが出ています

▽備考

  • 新橋・日本橋方面は品川駅到着ホームで乗り換え
  • 品川行終車
  • 品川・新橋・日本橋・浅草橋方面直通
    前4両品川止まり
  • 神奈川新町行終車
  • 金沢文庫行終車
  • 高砂行終車
  • 鮫洲で快特通過待合わせ
  • 品川・新橋・日本橋・浅草橋方面直通
    後4両品川止まり
  • 平和島で羽田空港方面からのエアポート急行に連絡
  • 前4両品川止まり
    新橋・日本橋方面は泉岳寺駅到着ホームで乗り換え
  • 当駅で後4両連結
    金沢文庫から普通逗子・葉山行
  • 平和島で快特通過待ち合わせ
  • 京急蒲田から各駅に停車
  • 金沢文庫から後4両普通逗子・葉山行
  • 神奈川新町で特急待合わせ
  • 京急久里浜で三崎口行に連絡
  • 生麦で通過列車待合わせ
  • 品川・新橋・日本橋・浅草方面直通
  • 後4両金沢文庫止まり
  • 品川方面泉岳寺行
    新橋・日本橋方面は泉岳寺駅到着ホームで乗り換え
  • 品川まで先に到着
  • 平和島まで先に到着
  • 上大岡まで先に到着
  • 子安で通過列車待合わせ
  • 浦賀まで先に到着
  • 堀ノ内で浦賀行終車に接続
  • 堀ノ内で浦賀行に接続
  • 上大岡終車
  • 京急久里浜行終車、金沢八景で逗子・葉山行終車接続
  • 泉岳寺で高砂行終車に連絡
  • 南太田まで先に到着
  • 金沢文庫から後4両普通浦賀行
  • 南太田で通過列車待合わせ
  • 前4両金沢文庫止まり
  • ご乗車できません
  • 後4両当駅止まり、ご乗車できません
  • 当駅で後4両、金沢文庫行を連結
  • 鮫洲まで先に到着
  • 後4両切り離し/当駅より普通浦賀行
  • 神奈川新町で普通金沢文庫行に連絡
  • 三浦海岸行終車、上大岡で浦賀行に連絡
  • 後4両切り離し、当駅より普通逗子・葉山行
  • 三崎口行終車堀ノ内で浦賀行に連絡
  • 深夜特急・普通車との接続はありません
  • 神奈川新町で始発特急に接続
  • 当駅で後4両連結
    金沢文庫から普通浦賀行
  • 後4両切離し
    当駅より普通金沢文庫行
  • 金沢文庫から後4両普通逗子・葉山行
    京急久里浜で三崎口行に連絡
  • 金沢文庫から後4両普通浦賀行
    京急久里浜で三崎口行に連絡
  • 生麦で特急・神奈川新町で快特の通過待合わせ
  • 只今電車が遅れております。ご迷惑をおかけ致しております。
    行先等を変更する場合がございますので予めご了承下さい。
  • 只今ダイヤが乱れております。大変ご迷惑をおかけ致しております。
    行先等を変更する場合がございますので予めご了承下さい。
  • 堀ノ内で三崎口行に連絡
  • 京急蒲田で羽田空港からの快特に連絡
  • 京急蒲田で羽田空港からのエアポート急行に連絡

関連記事

京急線 品川駅の整列乗車

京急線品川駅の整列乗車、難しすぎ・・・? 日本人は並ぶのが好きと言われている。好きと言われても嫌いかもしれないけど、美味しいラーメンを食べるのにやっぱり並んでしまうのだから仕方がない。鉄道において...

京急線 品川駅の整列乗車
京急線 神奈川新町駅構内における踏切脱線事故の調査報告書を読む

2月18日、運輸安全委員会は2019年9月5日に発生した京急線神奈川新町駅構内における踏切脱線事故についての調査報告書を公開した。私としてもこの事故がどうして起きてしまったのか気になっていた...

京急線 神奈川新町駅構内における踏切脱線事故の調査報告書を読む
京急線 こんにちは逗子・葉山行

こんにちは、逗子・葉山行(9ヶ月遅れ)。3月14日、京急電鉄では以下の6駅について駅名変更を実施した。京急によれば、大師橋、花月総持寺、京急東神奈川、逗子・葉山の4駅は沿線地域の活性化に繋げる...

京急線 こんにちは逗子・葉山行
京急線 さようなら新逗子行

さようなら、新逗子行。3月14日に予定されている京急線の駅名変更まで残すところ1週間。駅名変更は羽田空港国際線ターミナル(→羽田空港第3ターミナル)と同国内線ターミナル(→同第1・第2ターミナル...

京急線 さようなら新逗子行
京成押上線 八広駅のパタパタ発車標

2016年現在、京成線で唯一使われている八広駅の反転フラップ式発車標。2001年9月の3番線ホーム使用開始に合わせて設置されたものだが、パタパタと小気味良い音を立てながら表示がめまぐるしく...

京成押上線 八広駅のパタパタ発車標

最新記事

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化
京急600形 大師線を走る

京急大師線の新たな日常風景。京急電鉄では2020年度よりL/C座席を装備した新型車両1000形1890番台を導入し、1500形4両編成を置き換えているところである。1500形はこれまでに...

京急600形 大師線を走る

京急駅施設