KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2022.02.25

京成線ではまもなくダイヤ改正が行われる。ダイヤ改正直前というわけで、恒例としている消えてしまう珍列車をご紹介しよう。

D37522.jpg

京成3100形 3153編成
2021.6.26/四ツ木

▲土休日に走っていた1808K快速特急羽田空港行。アクセス運用で唯一の快速特急羽田空港行だった
  • [土休日]1808K 快速特急羽田空港
  • 始発:京成高砂1826 → 終着:羽田空港第1・第2ターミナル1924
  • ダイヤ:2019.10.26改正
  • 備考:押上からエアポート快特、泉岳寺からエアポート急行

土休日1808Kは快速特急羽田空港行である。快速特急羽田空港行そのものは特に珍しい存在ではないが、この列車のポイントは列車番号が示すとおりアクセス特急専用車の担当となってこと。アクセス運用の快速特急羽田空港行はこの1本のみで、オレンジ色の3050形あるいは3100形で見られる珍列車となっていた。列車が登場したのは2019年10月ダイヤ改正でのことだが、残念ながらわずか2年で消滅することになった。

運用としては、午前中に高砂検車区に入庫してた09K運行の再出庫列車となっている。なぜこのタイミングで09K運行が再出庫するかというと、19時台以降の夜間時間帯、アクセス特急が西馬込発着主体となるため。羽田空港発着となる日中時間帯には2本の京急車がアクセス運用に入っている(59H運行、71H運行)が、これらをそのままアクセス運用で使い続けると車両を京急側に返すタイミングを失ってしまう。そこで、19時台に京急車をアクセス運用から引っ込めて、代わりに京成車を出していたというわけだ。

日中時間帯の快速特急羽田空港行であれば、押上からエアポート快特、泉岳寺から快特となって折返し青砥行で戻ってくるが、この列車に限っては泉岳寺からエアポート急行になって、羽田空港到着後成田空港行として折返す。日中時間帯から夜間のダイヤに移行するタイミングで生じるダイヤのイレギュラーパターンを利用する格好で、うまい具合に青砥・京成高砂発着の快速特急から成田スカイアクセス線の運行系統にスライド。アクセス特急羽田空港行から折返し京成高砂行となって入庫する平日1007K(〜1107K)の逆パターンとも言えるが、なかなかスマートな出庫の仕方だと思う。

なお、今回のダイヤ改正では羽田空港〜青砥・京成高砂を快特〜エアポート快特〜快速特急で走る運行系統にも変化が生じ、種別が格下げされて泉岳寺〜青砥・京成高砂を各駅停車で走るようになる。押上線内の快速特急運転を三崎口・京急久里浜発着の列車に譲る形で、青砥・京成高砂発着の快速特急羽田空港行も過去のものとなる。

関連記事

四直珍列車研究 120 - 平日 1239N・1439N

北総車の快特青砥行が初登場。平日1239Nレ・1439Nレは、北総車で運転される快特青砥行である。2022年2月ダイヤ改正で設定されたもので、北総車の快特青砥行は平日に2本だけ見られる珍列車と...

四直珍列車研究 120 - 平日 1239N・1439N
四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b

ヤツは時刻表に2回現れる。土休日1846bレは、京成本線を走る珍列車である。この列車の面白さは時刻表に表れている。まずは京成時刻表を確認してみよう。時刻表で1846bレを探すと2本の列車が...

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b
四直珍列車研究 117 - 平日 1730T

京成本線を走る都営車の特急が12年ぶりに復活。平日1730Tレは、都営車で運転される特急西馬込行である。都営車の特急西馬込行は朝のラッシュ時間帯に北総線からの列車が何本か設定があるが、京成本線を...

四直珍列車研究 117 - 平日 1730T
四直珍列車研究 116 - 土休日 回1070・回1072

蒲田ローカル廃止に伴う回送列車。回1070・回1072は、土休日に設定されている定期回送列車である。2021年3月ダイヤ改正で新設された列車で、運転区間はいずれも京急川崎→神奈川新町となっている...

四直珍列車研究 116 - 土休日 回1070・回1072
四直珍列車研究 115 - 土休日 2373K

2ヶ月間だけ走った浅草橋行。京成車編。新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い政府より1月8日に発出された2回目の緊急事態宣言では、夜間の外出抑制のため各線で終電の繰り上げが実施されることに...

四直珍列車研究 115 - 土休日 2373K

最新記事

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化
京急600形 大師線を走る

京急大師線の新たな日常風景。京急電鉄では2020年度よりL/C座席を装備した新型車両1000形1890番台を導入し、1500形4両編成を置き換えているところである。1500形はこれまでに...

京急600形 大師線を走る

京成珍列車