KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2022.03.12

都営5500形のアクセス特急が運行開始。

D39140.jpg

都営5500形 5512編成
2022.3.8/新鎌ヶ谷

▲都営5500形のアクセス特急成田空港行。2月ダイヤ改正で都営車の成田スカイアクセス線乗入れが解禁され、アクセス特急が新規設定された。京成車や京急車と同様、成田スカイアクセス線内を120km/hで走る

都営浅草線を始めとした四直各線では、2月26日にダイヤ改正を実施した。このダイヤ改正において都営車のアクセス特急が新規に設定され、5500形が京成成田スカイアクセス線を走り出した。

2010年7月ダイヤ改正で運行を開始したアクセス特急は、成田スカイアクセス線内で120km/h運転を行うことから使用する車両を京成車と京急車の一部に限定していた。都営車は5300形が120km/hで走れないばかりにこの運行系統から外されていたが、東京都交通局は5300形の後継となる5500形を120km/h運転に対応した車両として導入。2021年9月に全27編成が出揃ったことから、満を持して都営車もアクセス特急の運用に参戦することになったのである。

運用としては、平日では成田スカイアクセス線を終日走るものが2運用(03T、19T)、朝だけあるいは夜間だけ走るものが3運用(11T、33T、43T)設定されている。土休日は、終日1運用(03T)、夜間2運用(35T、43T)という具合。平日10往復分、土休日6往復分のアクセス特急が都営車の運用に置き換えられ、アクセス特急の勢力図が大きく変わった。ダイヤ改正前後でのアクセス特急の分担は次のとおり(単位:往復)。

  • 平日:京成車22.5→17、都営車0→10、京急車4.5→0
  • 土休日:京成車18→12、都営車0→6、京急車9→9

改めて数字を見てみると、都営車はこれまでアクセス特急に入れなくてすいませんでしたっっと言わんばかりの大量進出。特に、平日では京急車の運用が全て置き換えられており、京急車のアクセス特急が見られるのは土休日のみとなった。興味深いのは京成車の運用も喰っている点で、京成3050形・3100形に集中していた負担が都営車を介して軽減されている。

都営車のアクセス運用で面白いのは、成田空港までの往復で片道だけ成田スカイアクセス線経由、もう片道を京成本線経由で走るという運用が1日1往復分設定されている点。片道だけアクセス特急となるのは、平日843T、土休日2043T※(往路:成田スカイアクセス線経由、復路:京成本線経由、※宗吾車両基地で停泊)、平日1732T、土休日1834T(往路:京成本線経由、復路:成田スカイアクセス線経由)の4本。こうした運用は基本的にアクセス特急専用で使われている京成3050形・3100形にはできない芸当である。成田スカイアクセス線と京成本線の両方に乗入れる5500形ならではの動きだが、逆に言えば5500形を京成に上手いこと使われているともとれる。

なお、ダイヤ改正以降、5300形で唯一残る5320編成も引き続き(しぶとく?)走っているが、当然ながらアクセス特急には入らない。先に挙げたアクセス特急に関係する各運用は5500形に限定され、5300形はそれらを外した格好で運用されている。

X83306.jpg

都営5500形 行先表示「アクセス特急成田空港」
2022.3.1/**

▲都営5500形アクセス特急の行先表示あれこれ

行先表示などはデビュー時よりアクセス特急に対応済みであり、それを使用している。そしてなんと、5500形は京成線内における自動放送にも対応。アクセス特急運行時に限り、乗務員が携帯するタブレット端末1)によるものではなく、車両側に搭載された自動放送が使用されている。5500形、なんてできる子なの・・・!

【アクセス特急成田空港行】押上発車後

【アクセス特急成田空港行】京成高砂停車中

こちらもどうぞ:【走行音】都営5500形 京成高砂→成田空港(アクセス特急)【120/km運転】

  • 1)当初のタブレット端末による自動放送にはアクセス特急にかかわる内容は収録されていなかったが、2021年春ごろよりアクセス特急にも対応するようになった。タブレット端末によるアクセス特急の自動放送は、主に自動放送装置を搭載していない京急車で使用されている。

関連記事

都営5500形 全27編成の投入完了

都営5500形、全27編成の投入が完了。東京都交通局では2017年度より新型車両5500形を導入しているところであるが、このほどそのラストナンバーとなる5527編成がお目見えしている。同編成は...

都営5500形 全27編成の投入完了
都営5500形 試運転で成田スカイアクセス線に入線

都営5500形が成田スカイアクセス線を走る。6月20日、都営5500形が終電後に宗吾参道○→成田空港→京成高砂→成田空港→京成高砂→成田空港→宗吾参道△(99T運行、京成高砂〜成田空港はいずれも...

都営5500形 試運転で成田スカイアクセス線に入線
都営5500形 行先表示に小変化

都営5500形、行先表示に小変化。2月上旬より、都営5500形の行先表示が改修されている。今回の行先表示の改修で最も大きな変化は、京成線で「京成」を冠する駅名についてその冠称を含めた正式名称を...

都営5500形 行先表示に小変化
都営浅草線 5500形導入と5300形の置き換え状況

増える5500形、減る5300形。東京都交通局では2017年度より浅草線に5500形を導入している。東京都交通局では2017年度より浅草線に5500形を導入している。5500形は2018年6月の...

都営浅草線 5500形導入と5300形の置き換え状況
都営5500形 直通運用へ

6月末に営業運転を開始した都営浅草線の新型車両、5500形。長らく都営浅草線内のみの運用となっていたが、9月3日より京成線や京急線、北総線への直通運転が始まった。直通運転初日となった9月3日は...

都営5500形 直通運用へ

最新記事

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化
京急600形 大師線を走る

京急大師線の新たな日常風景。京急電鉄では2020年度よりL/C座席を装備した新型車両1000形1890番台を導入し、1500形4両編成を置き換えているところである。1500形はこれまでに...

京急600形 大師線を走る

東京都交通局タグはありません