KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2022.03.31

年度末ということで、京成グループにおける2021年度の車両の動きをまとめてみよう。

D34031.jpg

京成3400形 3428編成
2020.6.10/京成酒々井〜宗吾参道

▲昨年度に引き続き廃車が発生した3400形。今年度は3428編成が廃車になった。3400形は残り3編成に
D39059.jpg

京成3700形 3748編成
2022.3.6/検見川〜京成稲毛

▲2020年6月に発生した青砥駅構内脱線事故の影響で京成に復帰した3700形3748編成。復帰にあたっては中間の2両を廃車とし、6両編成化されている

D36634.jpg

京成3700形 3768編成
2021.3.20/ユーカリが丘〜京成臼井

▲北総7800形7818編成の代替として新たに北総へリースされた3768編成。京成車として走る姿は見納めになった

京成電鉄

- 新 造 - カッコ内は入線日
3155-8-3155-7-3155-6-3155-5-3155-4-3155-3-3155-2-3155-1(11/13)
3156-8-3156-7-3156-6-3156-5-3156-4-3156-3-3156-2-3156-1(9/30)

- 返 却 - ※北総鉄道から
3748-3747-3746-3745-3744-3743-3742-3741
(↑7818-7817-7816-7815-7814-7813-7812-7811)

- 貸 出 - ※北総鉄道へ
7838-7837-7836-7835-7834-7833-7832-7831
(↑3768-3767-3766-3765-3764-3763-3762-3761)

- 廃 車 - カッコ内は最終運行日
3428-3427-3426-3425-3424-3423-3422-3421(9/29)
3520-3519-3518-3517+3550-3549(11/11)
3744、3742

- 改 番 -
3745→3742

2021年度、京成電鉄は3100形8両編成2本を導入した。2本は成田スカイアクセス線仕様の3150番台で、日本車両製の3155編成が11月中旬に、総合車両製作所(J-TREC)製の3156編成が9月下旬にそれぞれ営業運転を開始している。これに伴い、成田スカイアクセス線仕様の3050形2本(3054編成・3055編成)が京成本線仕様に変更された。

一方、廃車となったのは3400形8両と3500形6両、3700形2両となっている。3400形は3428編成が編成丸ごと、3500形は6両編成を組んでいた3520〜17+50-49がその編成のまま廃車になった。

車両の動きが例年よりも複雑化しているが、これは2020年6月に発生した青砥駅構内脱線事故の当該となった北総7800形7818編成の処遇が絡んでいるため。まず、脱線事故により編成中の一部車両に大きな損傷が生じた7818編成は北総車としての復帰が断念され、京成に返却されることになった。同編成は京成3748編成として復帰するが、復帰にあたり損傷激しい3742号車(7812号車)を外す格好で6両編成化。3700形で生じた廃車はこの3742号車と組成の都合で余った3744号車である。3700形に廃車が発生するのは初めてのこと。なお、6両編成化の際に編成内で連結位置が変更された3745号車は改番が実施され、3742号車(2代目)になった。

さらに、3748編成が8両編成ではなく6両編成で復帰したため、3500形3520編成が廃車になっている。7818編成が脱線事故を起こしていなければおそらく単純に3400形2本が廃車になっていたはずで、3520編成が巡り巡って割を食う形になった。

また、7818編成の代替として3768編成が北総にリースされ、12月中旬より7838編成として走っている。3768編成は京成車としての営業を終了したことになるが、これもまた7818編成の事故がなければ北総に行くことはなかったであろう。こうしてまとめてみると、あの事故が車両の動きに及ぼした影響は甚大である。

北総鉄道
D30417.jpg

北総7800形 7818編成
2018.7.27/京成立石〜青砥

▲青砥駅における脱線事故の当該車両となった7800形7818編成。北総車として復帰することは適わず、失意のままリース終了となった

- 除 籍 - ※京成電鉄に返却
7818-7817-7816-7815-7814-7813-7812-7811

- 入 籍 - ※京成電鉄よりリース
7838-7837-7836-7835-7834-7833-7832-7831

前述のとおり、2020年6月に発生した脱線事故の当該車両である7800形7818編成が京成に返却され、北総から除籍された。7818編成の代替として京成より3700形3768編成がリースされ、12月中旬より7838編成として走っている。

新京成電鉄

続いて、新京成の車両の動きも見てみよう。

X77519.jpg

新京成8000形 8518編成・8512編成
2019.11.13/京成津田沼

▲11月上旬に引退、形式消滅した8000形。43年間の活躍に終止符を打った

- 新 造 -
80026-80025-80024-80023-80022-80021

- 廃 車 -
8512-8024-8023-8022-8021-8511

- 更 新 -
8812-6-8812-5-8812-4-8812-3-8812-2-8812-1

2021年度は80000形1本が新造され、8000形1本が廃車になった。2019年度にデビューした80000に早くも2本目が登場した。廃車となった8000形は最後の1本となっていた8512編成で、同編成の廃車により8000形は引退、形式消滅した。

概ね年度につき1編成が対象となっている8800形のリニューアル工事は、8812編成において実施された。これまでのリニューアル車と同じく、VVVFインバーターなどの機器と内装の更新が行われている。8800形のリニューアル車は8812編成で7本目。もとよりリニューアルは9編成を対象に実施することが明らかになっているので、残すは2編成となった。そして、8000形の引退により8800形が新京成の最古参となったわけなので、来年度以降、リニューアル対象外の編成から廃車が始まるものと思われる。

関連記事

北総7800形7838編成 登場

北総7800形にまさかの4本目の編成が登場。12月中旬より北総7800形7838編成が登場している。同編成はこれまでの7800形と同じく京成3700形のリース車両で、車両番号の変更は次の通り...

北総7800形7838編成 登場
京成3500形3520編成 営業運転終了

京成3500形に廃車が発生。3100形3155編成の導入に伴い、車両に動きが生じている。3500形3520編成が11日の(B21→)05運行をもって営業運転を離脱。いっしょに編成を組んでいた...

京成3500形3520編成 営業運転終了
新京成8000形8512編成 営業運転終了

くぬぎ山のタヌキ、43年の歴史に幕。新京成電鉄では80000形の2次車として80026編成を導入したところだが、これに伴い8000形8512編成が営業運転を終了した。最終運行となったのは11月...

新京成8000形8512編成 営業運転終了
北総7800形7818編成 京成に返却・6両編成化

北総7800形7818編成、6両編成で宗吾車両基地へ。10月30日の終電後、北総7800形7818編成が6両編成で印旛車両基地から宗吾車両基地に回送された。2020年6月12日に発生した青砥駅...

北総7800形7818編成 京成に返却・6両編成化
京成3400形3428編成 営業運転終了

京成3400形に廃車が発生。京成電鉄では9月30日より今年度分の新造車となる3100形3156編成が運行を開始したところだが、これに伴い3400形3428編成が運用を離脱、廃車になった模様である...

京成3400形3428編成 営業運転終了

最新記事

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化
京急600形 大師線を走る

京急大師線の新たな日常風景。京急電鉄では2020年度よりL/C座席を装備した新型車両1000形1890番台を導入し、1500形4両編成を置き換えているところである。1500形はこれまでに...

京急600形 大師線を走る

京成タグはありません