KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2022.04.20

北総車の快特青砥行が初登場。

D39297.jpg

北総7500形 7501編成
2022.3.29/立会川

▲快特青砥行として走る平日1439N・1439N。日中時間帯に北総車が羽田空港〜青砥の運行系統に入ることで実現した珍列車となる
  • [平日]1239N 快特青 砥
  • 始発:羽田空港第1・第2ターミナル1203 → 青 砥1255
  • ダイヤ:2022.2.26改正
  • 備考:品川から普通
  • [平日]1439N 快特青 砥
  • 始発:羽田空港第1・第2ターミナル1403 → 青 砥1455
  • ダイヤ:2022.2.26改正
  • 備考:品川から普通

平日1239N・1439Nは、北総車で運転される快特青砥行である。2022年2月ダイヤ改正で設定されたもので、北総車の快特青砥行は平日に2本だけ見られる珍列車となっている。北総車の快特青砥行が定期列車として走るのは初めてのこと。

珍列車の出現の仕方としては珍しく日中時間帯に走る珍列車となっているが、これは日中時間帯に設定されている羽田空港〜青砥の運行系統に北総車が入ったことで実現したものとなる。この運行系統はもともと都営浅草線内をエアポート快特、京成線内を快速特急として走っていたが、同ダイヤ改正で乗車機会均等化のため都営浅草線内、京成線内とも各駅停車に格下げ。これまでこの運行系統は京成車と都営車が独占していたが、エアポート快特で走らないなら北総車が入ってもいいよね(?)ってことで、北総車が参戦することになった。都営浅草線を中心とする四直では、時おり自社線とは関係のないところで車両が走るいわゆるアルバイト運用が発生するが、それに新たな事例が加わった。

快特青砥行は京成車にも設定があるが、京成車の快特が「快速特急」表示となるのに対して北総車ではきちんと「快特」と表示される。京成車と同じ顔を持つ北総車だが、行先表示のおかげで快特青砥行はなんだか新鮮に映る。

関連記事

四直珍列車研究 119 - 土休日 1808K

京成線ではまもなくダイヤ改正が行われる。ダイヤ改正直前というわけで、恒例としている消えてしまう珍列車をご紹介しよう。土休日1808Kレは快速特急羽田空港行である。快速特急羽田空港行そのものは特に...

四直珍列車研究 119 - 土休日 1808K
四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b

ヤツは時刻表に2回現れる。土休日1846bレは、京成本線を走る珍列車である。この列車の面白さは時刻表に表れている。まずは京成時刻表を確認してみよう。時刻表で1846bレを探すと2本の列車が...

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b
四直珍列車研究 117 - 平日 1730T

京成本線を走る都営車の特急が12年ぶりに復活。平日1730Tレは、都営車で運転される特急西馬込行である。都営車の特急西馬込行は朝のラッシュ時間帯に北総線からの列車が何本か設定があるが、京成本線を...

四直珍列車研究 117 - 平日 1730T
四直珍列車研究 116 - 土休日 回1070・回1072

蒲田ローカル廃止に伴う回送列車。回1070・回1072は、土休日に設定されている定期回送列車である。2021年3月ダイヤ改正で新設された列車で、運転区間はいずれも京急川崎→神奈川新町となっている...

四直珍列車研究 116 - 土休日 回1070・回1072
四直珍列車研究 115 - 土休日 2373K

2ヶ月間だけ走った浅草橋行。京成車編。新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い政府より1月8日に発出された2回目の緊急事態宣言では、夜間の外出抑制のため各線で終電の繰り上げが実施されることに...

四直珍列車研究 115 - 土休日 2373K

最新記事

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化
京急600形 大師線を走る

京急大師線の新たな日常風景。京急電鉄では2020年度よりL/C座席を装備した新型車両1000形1890番台を導入し、1500形4両編成を置き換えているところである。1500形はこれまでに...

京急600形 大師線を走る

北総鉄道珍列車