KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2022.06.28

京急車が京成線内を快速特急で走る。

D39592.jpg

京急1000形 1201編成
2021.5.17/八 広

▲京急1000形の快特三崎口行・・・? 否、快速特急三崎口行である。2022年2月ダイヤ改正で、三崎口・京急久里浜〜青砥・京成高砂を走る一部列車が京成押上線内で快速特急として運転されるようになった
X83999.jpg

青砥駅 列車案内装置
2022.6.7/**

▲快速特急三崎口行を案内する青砥駅の列車案内装置。対して、京急車は「快速特急」の種別幕がないため「快特」と表示する

京成線で2022年2月に実施されたダイヤ改正は、スカイライナー青砥停車の正式ダイヤ化や日中時間帯の京成本線特急の快速への格下げなど、新型コロナウイルスの感染拡大による利用状況の変化を受けての総まとめのようなダイヤ改正であった。そんな中で、一部の運行系統にも変化が発生。三崎口・京急久里浜から青砥・京成高砂を発着する列車の一部が京成押上線内で普通から快速特急に変更され、京急車が京成線内を快速特急として走るという新たな日常風景が見られるようになっている。

こうした変化は、これまで都営浅草線内をエアポート快特として運転していた列車のうち、青砥・京成高砂発着系統の列車を各駅停車に格下げしたことによる。この羽田空港〜青砥・京成高砂発着の列車は従来、青砥で京成本線特急と接続していたが、種別の格下げに伴い接続を解消せざるを得なくなった。そこで、羽田空港発着の列車の代わりに三崎口・京急久里浜発着の列車の一部を押上線内で快速特急とすることで、青砥で京成本線特急改め快速との接続を確保。京成本線〜都営浅草線の速達移動という役割も受け持っているというわけだ。

Z00160.jpg

都営浅草線〜京成押上線 運行パターン

▲2022年2月ダイヤ改正における都営浅草線〜京成押上線の日中時間帯40分サイクルの運行パターンの変化のイメージ。羽田空港〜青砥系統の列車が都営浅草線内と押上線内で普通に格下げされた代わりに、三崎口・京急久里浜発着の列車の一部が押上線内で快速特急に変更された(※再掲、西馬込〜泉岳寺間の区間列車は省略)

これまで京急車が京成線内で快速特急として走ったのは、2010年5月ダイヤ改正で設定された1753H快特京成成田行のわずか一例のみ(※当時は快速特急ではなく快特)。したがって、今回のダイヤ改正で登場した京急車の快速特急青砥行と快速特急京成高砂行、快速特急京急久里浜行、快速特急三崎口行は、いずれも京成線内では初出の列車となっている。なお、京急車は種別幕に「快速特急」がないため、種別表示は「快特」で代用している。京急線内ではお馴染みの「快特青 砥」や「快特三崎口」といった行先表示が、京成線内でも見られるようになったのは面白いところである。

関連記事

都営5300形 孤軍奮闘する5320編成

孤軍奮闘する5320編成。東京都交通局では、2017年度より浅草線の第三世代となる新型車両5500形を導入、5300形の置き換えを実施したところである。5500形は2021年9月にも全27編成の...

都営5300形 孤軍奮闘する5320編成
京成線青砥駅 スカイライナー停車駅になる

青砥駅、昇格おめでとう。京成線では、2月ダイヤ改正において青砥をスカイライナー停車駅とした。同駅へのスカイライナー停車は、新型コロナウイルス感染症の影響で2020年4月より臨時停車という格好で...

京成線青砥駅 スカイライナー停車駅になる
都営5500形 アクセス特急の運行開始

都営5500形のアクセス特急が運行開始。都営浅草線を始めとした四直各線では、2月26日にダイヤ改正を実施した。このダイヤ改正において都営車のアクセス特急が新規に設定され、5500形が京成成田...

都営5500形 アクセス特急の運行開始
京成本線 日中時間帯から特急が消えた件について

日中時間帯の京成本線から特急が消えた件について、考察してみよう。京成電鉄では、2月26日にダイヤ改正を実施した。新型コロナウイルス感染症の感染拡大後における利用状況を反映した運行見直しが主な内容...

京成本線 日中時間帯から特急が消えた件について
京成線 2022年2月26日ダイヤ改正

京成電鉄では、2月26日にダイヤ改正を行う。今回のダイヤ改正について、プレスリリースや乗換案内サイトなどで現在公開されている情報を基に、その内容を見てみよう。本稿では、2021年10月30日現在...

京成線 2022年2月26日ダイヤ改正

最新記事

新京成8800形 機器非更新のリニューアル車が出現

新京成8800形に新たな形態が出現。新京成8800形で2016年度より進められている車体のリニューアル工事について、異変が生じている。8800形のリニューアル工事は、VVVFインバーター装置の...

新京成8800形 機器非更新のリニューアル車が出現
京成3400形 3418編成に残る「北総・公団線」表示

京成3400形に残る「北総・公団線」表記。京成高砂から東松戸、新鎌ヶ谷を抜けて千葉ニュータウンに至る北総線は、かつて北総・公団線と言っていた。千葉ニュータウン内の鉄道整備において、諸々の事情から...

京成3400形 3418編成に残る「北総・公団線」表示
京成3000形 「パンダ来日50周年記念」ヘッドマーク

パンダが日本に来てから半世紀。京成電鉄では、10月下旬から12月末まで3000形に「パンダ来日50周年記念」ヘッドマークの掲出を行った。1972年10月に日本で初めてジャイアントパンダ「カンカン...

京成3000形 「パンダ来日50周年記念」ヘッドマーク
新京成電鉄 新年ヘッドマーク(2023年)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、今年も毎年恒例の新年ヘッドマークの掲出を行っている。今年で15年目となるヘッドマークの干支は「卯」。新年...

新京成電鉄 新年ヘッドマーク(2023年)
京成3500形 走り続けて50周年

走り続けて半世紀。京成電鉄における最古参の車両として走る3500形。そんな3500形は2022年12月、めでたくデビュー50周年を迎えた。1972年12月26日に竣工(入籍)した3504編成...

京成3500形 走り続けて50周年

京急日常