KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2022.07.28

京急の電車の中に「すみっコぐらし」がいるよ。

X84127.jpg

京急1000形 「すみっコぐらし」特別装飾
2022.7.24/**

▲京急の電車内に出現した「すみっコぐらし」のキャラクターたち。「すみっコぐらし」の10周年を記念した特別装飾広告が京急の車両や駅で行われている
X84133.jpg

京急1000形 「すみっコぐらし」特別装飾
2022.7.24/**

▲「すみっコ」たちがいるのはもちろんすみっこ。蹴飛ばさないでね
X84137.jpg

京急1000形 「すみっコぐらし」特別装飾
2022.7.24/**

▲装飾は吊革の柄にも

いろいろなところのすみっこが好きという憎めない設定で人気を博している「すみっコぐらし」。そんな「すみっコぐらし」のキャラクター「すみっコ」たちが京急の電車内に出現している。「すみっコぐらし」の10周年を記念した広告という扱いで、特定の車両の車内に特別装飾を実施。座席や車両のすみっこに「すみっコ」たちが隠れている。かわいらしいキャラクターたちはもちろんのこと、側に添えられている「なぜだろうすみっこ席はみんなすき」や「すみっこに座れたとたん眠くなる」などといったメッセージにもいちいちほっこりしてしまう。

特別装飾が実施されているのは、車両番号の数字で3が連続する番号の車両ということのよう。対象となっているのは、1000形デハ1033、デハ1335、デハ1433、デハ1633、デハ1893-3、600形デハ603-3、デハ653-3、1500形デハ1533、デハ1733、サハ1933の10両である。装飾は1つの車両につき10ヶ所、全部で100ヶ所。全ての装飾をコンプリートするのは激ムズ??

このほか、京急川崎など5駅にも装飾を実施中。いずれも11月上旬までとのことなので、「すみっコ」たちを探しに京急線にお出かけしてみるのもいいかもしれない。

関連記事

京急1000形1890番台 「すみっコぐらし10周年号」運転

「すみっコぐらし」と京急蒲田駅付近の連続立体交差化完了の10周年を祝して。京急電鉄では、1000形1893編成を使用したラッピング電車「すみっコぐらし10周年号」の運転を行っている。人気キャラ...

京急1000形1890番台 「すみっコぐらし10周年号」運転
京急2100形「えこきゅん号」運転

祝・けいきゅん10周年。2011年の羽田空港第3ターミナル駅(旧・羽田空港国際線ターミナル駅)の開業1周年の日に誕生した京急電鉄のマスコットキャラクター「けいきゅん」。同社では2017年よりその...

京急2100形「えこきゅん号」運転
京急600形「マリンパークギャラリー号」運転

さようなら、「マリンパーク号」。京急電鉄では9月中旬より「マリンパークギャラリー号」の運転を実施している。これは京急油壺マリンパークが9月末で閉館することを記念したもので、車内では一般から募集...

京急600形「マリンパークギャラリー号」運転
京急1500形「けいきゅん号」運転(2020年)

祝・けいきゅん9周年。京急電鉄では、10月中旬より「けいきゅん号」の運転を行っている。10月21日に同社のマスコットキャラクターである「けいきゅん」が9歳を迎えることを記念したお誕生日...

京急1500形「けいきゅん号」運転(2020年)
京急電鉄「リラックマ15周年×京急120周年記念」ラッピング電車

京急線に1年半ぶりのリラックマが登場。京急電鉄では2月25日に創立120周年を迎えるにあたり、さまざまなキャンペーンや施策を行なっている。3月5日から人気キャラクターの「リラックマ」とコラボ...

京急電鉄「リラックマ15周年×京急120周年記念」ラッピング電車

最新記事

新京成8800形 機器非更新のリニューアル車が出現

新京成8800形に新たな形態が出現。新京成8800形で2016年度より進められている車体のリニューアル工事について、異変が生じている。8800形のリニューアル工事は、VVVFインバーター装置の...

新京成8800形 機器非更新のリニューアル車が出現
京成3400形 3418編成に残る「北総・公団線」表示

京成3400形に残る「北総・公団線」表記。京成高砂から東松戸、新鎌ヶ谷を抜けて千葉ニュータウンに至る北総線は、かつて北総・公団線と言っていた。千葉ニュータウン内の鉄道整備において、諸々の事情から...

京成3400形 3418編成に残る「北総・公団線」表示
京成3000形 「パンダ来日50周年記念」ヘッドマーク

パンダが日本に来てから半世紀。京成電鉄では、10月下旬から12月末まで3000形に「パンダ来日50周年記念」ヘッドマークの掲出を行った。1972年10月に日本で初めてジャイアントパンダ「カンカン...

京成3000形 「パンダ来日50周年記念」ヘッドマーク
新京成電鉄 新年ヘッドマーク(2023年)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、今年も毎年恒例の新年ヘッドマークの掲出を行っている。今年で15年目となるヘッドマークの干支は「卯」。新年...

新京成電鉄 新年ヘッドマーク(2023年)
京成3500形 走り続けて50周年

走り続けて半世紀。京成電鉄における最古参の車両として走る3500形。そんな3500形は2022年12月、めでたくデビュー50周年を迎えた。1972年12月26日に竣工(入籍)した3504編成...

京成3500形 走り続けて50周年

京急タグはありません