KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2022.08.10

新京成バス、18年ぶりに路線バスのデザインを一新。

X84207.jpg

船橋新京成バス 1356号車
2022.8.5/船橋市本町

▲7月中旬より運行開始した新デザインの新京成バス。電車と同じジェントルピンクを基調カラーとして採用し、新京成グループの認知度向上とブランド力強化を狙う
X84221.jpg

船橋新京成バス 1356号車
2022.8.5/船橋市本町

▲うしろ側。ラッピングされることを見越して、社名や車両番号などの表記が窓に貼付されているのが特徴的

船橋新京成バスと松戸新京成バスでは、7月中旬より路線バスの新塗装となる新京成グループデザインのバスの運行を開始した。新京成バスのカラーリングが一新されるのは18年ぶりのこと。新京成バスでは2006年のバス事業分社化を機に各バス会社で独自のデザインのバスが導入されていたが、今回の新デザインの導入で再び同一の塗装をまとうことになった。

新デザインのコンセプトは「つながり」。デザインは新京成のコーポレートカラーであるジェントルピンクを基調とし、車体1周にぐるりと巻かれた白い帯が新京成グループとしての「結束」を表現している。その白い帯は前面でグループロゴのステップマークをイメージした「S」の字を描いているが、これは新京成バスのかつての標準塗装である赤バスへのオマージュだろうか。

ジェントルピンクを基調とした新デザインは言わずもがな電車にも適用されているものであり、電車とバスが同じカラーリングで揃えられることになった。目下、新型コロナウイルスの感染拡大で交通業界を取り巻く環境はいっそう厳しいものとなっているが、新京成グループとして共通のデザインの車両を走らせることで、グループの認知度向上やブランド力強化を狙う。

X84239.jpg

船橋新京成バス 1356号車
2022.8.5/船橋市本町

▲屋根はグレーで塗装。全体的には、松戸新京成バスで2018年度に導入した創立15周年記念の電車カラーバスをブラッシュアップしたものと言えそう

新デザインのバスは、今のところ船橋新京成バスで3台(1356号車、1357号車、1358号車)、松戸新京成バスで2台(3333号車、3334号車)が走っている。新京成によれば、今後新車で導入されるバスは一部の車両1)を除いて全てこの新デザインになるとのこと。なお、既存のバスの塗り替えは行わないため、今後しばらくは新デザインのバスと既存のカラーのバスが混在することになる。

  • 1)一部の車両とは、高速バスやコミュニティバス、貸切用車両を指しているものとみられる。
  • 京成バス
  • タグはありません

関連記事

船橋新京成バスF-132号車 さようなら船橋バス

さようなら、船橋バス。かつて船橋バスというバス事業者があったのを憶えているだろうか。船橋市高根町に本社を構えていた船橋バスは、船橋グリーンハイツの団地輸送のために設立されたバス会社であった...

船橋新京成バスF-132号車 さようなら船橋バス
松戸新京成バス3307号車 創立15周年記念特別塗装車両

新京成バスの分社化から15年。松戸新京成バスでは、昨年12月よりこれを記念した特別塗装の車両を走らせている。2018年10月1日に創立15周年を迎えた松戸新京成バスでは、同年12月よりこれを...

松戸新京成バス3307号車 創立15周年記念特別塗装車両
船橋新京成バス ふなっしーのバス停標識を探せ!

新京成電鉄とふなっしーのコラボレーション企画、こんどは船橋新京成バスのバス停にふなっしーが登場。新京成電鉄では、新京成線の開業70周年と船橋市の非公認ゆるキャラふなっしーの地上降臨5周年を...

船橋新京成バス ふなっしーのバス停標識を探せ!
船橋新京成バスM68号車 さようなら「赤バス」旧ボディカラー車両

「29年ありがとう赤バス」。9月4日、新京成バスで「赤バス」として親しまれてきた新京成電鉄自動車部時代のカラーリングをまとった車両が運行を終了した。最後の「赤バス」だったのは、船橋新京成バス...

船橋新京成バスM68号車 さようなら「赤バス」旧ボディカラー車両
新京成電鉄 新車両デザイン電車登場

新時代の新京成の幕開け。かねてよりプレスリリースで発表されていた新京成の新車両デザイン電車だが、このほど実車が登場し、8月29日より営業運転を行なっている。新車両デザインの第一号となったのは...

新京成電鉄 新車両デザイン電車登場

最新記事

京急1000形 「京急夏詣号」運転(2024年)

空とあなたと夏詣。京急電鉄では、6月末より「京急夏詣キャンペーン2024」の実施に合わせて、「京急夏詣号」の運転を行っている。「夏詣」キャンペーンは同社が2019年度より毎年実施しているもので...

京急1000形 「京急夏詣号」運転(2024年)
都営浅草線 自動放送どうするの問題を考える

都営浅草線の自動放送どうするの問題を考える。列車内における案内として重要なアナウンス。アナウンスでは列車の種別行先や次駅の案内が行われるが、昨今では自動放送が主流となっており、車掌が自らの肉声で...

都営浅草線 自動放送どうするの問題を考える
船橋新京成バス2741号車 「ふなっしー号」

「ふなっしー」なバスが走る。船橋新京成バス2741号車が特別仕様「ふなっしー号」として走ってる。「ふなっしー」といえば千葉県船橋市を中心に暴れている同市で人気の非公認キャラクターだが、2023年...

船橋新京成バス2741号車 「ふなっしー号」
北総車の京急線内特急運転が復活

約19年ぶりに復活した北総車の京急線内特急運転を見る。京急線に大きな変化をもたらした2022年11月ダイヤ改正。京急自ら「23年ぶりの大改正」としたこのダイヤ改正では、特に日中時間帯の運行...

北総車の京急線内特急運転が復活
京成3000形 「京成グループ花火ナイター号」(2024年)

今年も夏がやってきた。京成電鉄では、6月中旬より「京成グループ花火ナイター号」の運転を行っている。7月13日にZOZOマリンスタジアムで行われる千葉ロッテマリーンズvsオリックス・バファローズの...

京成3000形 「京成グループ花火ナイター号」(2024年)