KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2022.11.12

一時代の終焉。

D39031.jpg

京急1000形 1057編成
2022.2.22/京成高砂

▲京急でドイツ・シーメンス製の制御装置を搭載した最後の編成だった1000形1057編成。このほど機器更新のため入場し、京急におけるシーメンス製VVVFインバーターは終焉を迎えることとなった
X84547.jpg

京急1000形 車両番号ステッカー
2022.10.16/**

▲車両番号のステッカーにはシーメンスのロゴも掲載されていた。「Powered by SIEMENS」ってカッコいいよね

11月11日、京急1000形1057編成が全般検査ならびに機器更新などのため久里浜工場に入場した。同編成は現在国産メーカーへの換装が進んでいるドイツ・シーメンス製のVVVFインバーターを搭載した最後の編成だったため、これにより京急からシーメンス製の制御装置が消滅となる模様だ。

シーメンス製VVVFインバーターの最後の営業運転となったのは10日の1709A快特京急久里浜行で、回送で久里浜検車区に入庫、そのまま入場となったようである。同社製のVVVFインバーターと言えば、昨年にも「歌う電車」「ドレミファインバーター」などと通称されたGTO方式の装置が盛大なさよならイベントとともに引退したが、それからわずか1年4ヶ月、IGBT-VVVFも消えることになった。

京急におけるシーメンス製IGBT-VVVFインバーターは1000形3次車で採用されたもので、2004年度からの3年間で導入した8両編成4本と4両編成8本が搭載していた。比較的少数派ではあったが、強烈なのはその個性。モーターが奏でる金切り音に近い絶叫系サウンドは国内では唯一無二のもので、「悲鳴インバーター」とも呼ばれた。日本におけるシーメンスサウンドと言えば1000形GTO-VVVF車やJR東日本E501系の「ドレミファ・・・」の印象が強いが、シーメンスらしさという点であればこちらのIGBT-VVVF車のほうが上だと思う。

機器更新については、先に出場した編成にならって一部の電動車を電装解除の上、東洋電機製VVVFインバーターに換装されることになるものとみられる。これにより、2100形と1000形で実施されてきた海外製制御装置などの機器更新は終了、全ての制御装置が国産のものに再統一される。イニシャルコストやメンテナンスの低減などを理由とした外国製品の積極導入の一環で採用されたシーメンス製VVVFインバーターだったが、その時代は終わりを迎えることとなった。

走行音

京急1000形デハ1056 京成立石→四ツ木

京急1000形デハ1056 日本橋→宝町

関連記事

京急1000形1890番台 「すみっコぐらし10周年号」運転

「すみっコぐらし」と京急蒲田駅付近の連続立体交差化完了の10周年を祝して。京急電鉄では、1000形1893編成を使用したラッピング電車「すみっコぐらし10周年号」の運転を行っている。人気キャラ...

京急1000形1890番台 「すみっコぐらし10周年号」運転
京急1000形「夏詣」ヘッドマーク(2022年)

しあわせな、夏詣。京急電鉄では、6月末より「夏詣」ヘッドマークの掲出を行っている。同社が8月末までの予定で実施している「夏詣」キャンペーンをPRするもので、ヘッドマークを掲出するのは今年で3年目...

京急1000形「夏詣」ヘッドマーク(2022年)
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 1 - 登場、そして迷走

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 1 - 登場、そして迷走
京急1000形 さようなら「ドレミファインバーター」

さようなら、「ドレミファインバーター」。7月20日、京急1000形1033編成が更新工事前の運行を終了した。同編成は2100形より採用されたドイツ・シーメンス製のGTO-VVVFインバーターを...

京急1000形 さようなら「ドレミファインバーター」

最新記事

新京成8800形 機器非更新のリニューアル車が出現

新京成8800形に新たな形態が出現。新京成8800形で2016年度より進められている車体のリニューアル工事について、異変が生じている。8800形のリニューアル工事は、VVVFインバーター装置の...

新京成8800形 機器非更新のリニューアル車が出現
京成3400形 3418編成に残る「北総・公団線」表示

京成3400形に残る「北総・公団線」表記。京成高砂から東松戸、新鎌ヶ谷を抜けて千葉ニュータウンに至る北総線は、かつて北総・公団線と言っていた。千葉ニュータウン内の鉄道整備において、諸々の事情から...

京成3400形 3418編成に残る「北総・公団線」表示
京成3000形 「パンダ来日50周年記念」ヘッドマーク

パンダが日本に来てから半世紀。京成電鉄では、10月下旬から12月末まで3000形に「パンダ来日50周年記念」ヘッドマークの掲出を行った。1972年10月に日本で初めてジャイアントパンダ「カンカン...

京成3000形 「パンダ来日50周年記念」ヘッドマーク
新京成電鉄 新年ヘッドマーク(2023年)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、今年も毎年恒例の新年ヘッドマークの掲出を行っている。今年で15年目となるヘッドマークの干支は「卯」。新年...

新京成電鉄 新年ヘッドマーク(2023年)
京成3500形 走り続けて50周年

走り続けて半世紀。京成電鉄における最古参の車両として走る3500形。そんな3500形は2022年12月、めでたくデビュー50周年を迎えた。1972年12月26日に竣工(入籍)した3504編成...

京成3500形 走り続けて50周年

京急タグはありません