KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2023.01.20

京成3400形に残る「北総・公団線」表記。

D38421.jpg

京成3400形 3418編成
2021.11.6/東松戸

▲印旛日本医大行として北総線を走る3400形3418編成。方向幕をよく見ると・・・?
X85098.jpg

京成3400形 行先表示「印旛日本医大」(前面)
2023.1.11/**

▲ほ、北総・公団線・・・?! お主、2004年7月に改称されたはずでは

京成高砂から東松戸や新鎌ヶ谷を抜けて千葉ニュータウンに至る北総線は、かつて北総・公団線と言っていた。千葉ニュータウン内の鉄道整備において、諸々の事情から小室から先の区間が住宅・都市整備公団1)の千葉ニュータウン線として開業した経緯があるためである。北総・公団線と名乗っていたのは、当時の北総開発鉄道が小室から先の区間の第2種鉄道事業者となった1988年4月から、この区間の鉄道施設が公団から京成子会社の千葉ニュータウン鉄道に移管される2004年7月までの約16年で、駅の看板や路線図などでその表記は見られた。

そんな旧称であるはずの北総・公団線だが、ある箇所で復活を遂げている。その箇所とは、京成3400形3418編成の上野方先頭車、3418号車の前面方向幕。北総・公団線表記の入った行先表示が、同編成が時おり充当する北総線直通列車において見られる。こういった類のものは忘れ去られた古い設備などで発掘されることはあるが、よりによって車両の前面という目立つところで日常的に実使用されてしまっているのだから面白い。北総・公団線が改称されたのって、もう19年前っすよ・・・?

北総・公団線表記入りの行先表示は、京成車の方向幕の特徴のひとつであった。通常、方向幕は行先となる駅名だけをいっぱいに配置する体裁をとるが、印西牧の原と印旛日本医大の2コマについては駅名に加えて路線名を補助的に挿入。多くの人にとって馴染みの薄いであろうこれら行先の列車において、北総・公団線直通であることを明示していた。

ところが、前述のとおり2004年7月に北総・公団線は北総線に変わったわけである。方向幕については京成車の北総線直通運用が増加した2010年より対応が開始され、北総・公団線表記の部分に上からシールを貼って消すという改修が行われた2)。その後、2016年に新しく製作された方向幕で前記2コマの北総・公団線表記は完全に消えることとなるが、どういうわけか文字の割付がそれ以前と変わらなかったため、北総・公団線表記の痕跡が不自然な余白として残っている。

X82931.jpg

京成3400形 行先表示「普通印旛日本医大」(側面)
2021.11.6/**

▲現行方向幕の「印旛日本医大」表示。上部の不自然な余白は、コマずれではなく北総・公団線表記があった名残である

3418編成においても全車両で漏れなく北総・公団線対応が行われたはずだが、方向幕は劣化したり破損したりしてしまうもの。何らかの時に方向幕を交換した際、未改修の古いものが装着されてしまったものとみられる。いつからこのようなことになっているかはよくわからないが、少なくとも1年以上はこの状態。願わくば3418号車ではなく北総線直通列車として走る際に先頭になる3411号車がこうだったらと思うが、それはそれで早いところ対策されてしまいそうだからこれでよかった??(よくない)

  • 1)都市基盤整備公団を経て現在の都市再生機構。
  • 2)北総・公団線改称から方向幕が改修されるまで6年の間があるわけだが、2004年7月の時点で京成車は北総線への定期運用がなく、2006年12月ダイヤ改正で復活した北総線直通列車も2010年まで平日に1〜2往復だけだったため、方向幕はそのままだった。

関連記事

京成3400形3418編成 営業運転終了

京成3400形に廃車が発生。3100形の導入などで2020年度より置き換えが進んでいる3400形だが、このほど3418編成が営業運転を終了した模様だ。現在、同編成は既に一部の機器類の取り外しが...

京成3400形3418編成 営業運転終了
京成3400形 千葉・千原線を走る

京成3400形が千葉・千原線を走る。12月18日、京成トラベルサービスが主催する「3400形貸切列車による千葉線・千原線入線ツアー」が催行され、これに伴う団体臨時列車が運転された。ツアーは表題の...

京成3400形 千葉・千原線を走る
京成3400形3428編成 営業運転終了

京成3400形に廃車が発生。京成電鉄では9月30日より今年度分の新造車となる3100形3156編成が運行を開始したところだが、これに伴い3400形3428編成が運用を離脱、廃車になった模様である...

京成3400形3428編成 営業運転終了
京成3400形 成田スカイアクセス線を走る

京成3400形が成田スカイアクセス線を走る。9月5日、京成3400形が終電後に宗吾参道○→京成高砂→印旛日本医大△、印旛日本医大○→空港第2ビル→宗吾参道△という行路で試運転を実施した。試運転の...

京成3400形 成田スカイアクセス線を走る
京成3400形3408編成 営業運転終了

京成3400形に初の廃車が発生。京成電鉄では今年度、新型車両となる3100形を2編成導入する予定となっているところだが、3153編成の導入に伴い3400形3408編成がこのほど運用を離脱、廃車に...

京成3400形3408編成 営業運転終了

最新記事

北総7300形 臨時特急「ほくそう春まつり号」運転(2024年)

今年も春がやってきた。4月21日、北総鉄道が主催する「ほくそう春まつり」の開催に合わせて臨時特急「ほくそう春まつり号」が運転された。昨年、八千代台始発として5年ぶりに運転された当列車だが、今年は...

北総7300形 臨時特急「ほくそう春まつり号」運転(2024年)
千葉シーサイドバス路線図 2024年4月1日版

当Webサイトでは、2023年3月の「千葉シーサイドバス路線図 2023年3月1日版」と題する記事にて千葉シーサイドバスの路線図を公開していたところであるが、約1年ぶりに改訂版を発行する。千葉...

千葉シーサイドバス路線図 2024年4月1日版
京成グループ 車両の動き(2023年度)

京成グループにおける2023年度の車両の動きをまとめてみよう。まずは京成。ここ数年は列車無線のデジタル化に伴う予備車の存在や2度にわたる脱線事故の影響などでイレギュラーな車両の動きが続いていたが...

京成グループ 車両の動き(2023年度)
北総7500形 「北総1期線開業45周年記念」ヘッドマーク

北総線開業45周年記念。北総鉄道では、3月上旬より7500形おいて「北総1期線開業45周年記念」ヘッドマークの掲出を行っている。表題のとおり北総1期線(新鎌ヶ谷〜小室)の開業45周年を記念した...

北総7500形 「北総1期線開業45周年記念」ヘッドマーク
タイ国鉄 フアランポーン駅の現在

クルンテープ・アピワット中央駅に続いて、かつての中央駅、フワランポーン駅も訪ねてみた。2023年1月にバンコクの中央駅の地位をクルンテープ・アピワット中央駅に譲ったフアランポーン駅。中央駅の移転...

タイ国鉄 フアランポーン駅の現在