KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2023.02.28

京成3500形と3600形でワンマン運転用の方向幕が登場。

D40976.jpg

京成3500形 3508編成
2023.2.24/京成高砂〜柴又

▲京成線で2022年11月ダイヤ改正から始まった閑散線区でのワンマン運転。ワンマン運転の開始から少し遅れて12月下旬よりワンマン列車で使用する行先・種別幕が登場した
X85186.jpg

京成3600形 行先表示「ワンマン普通京成高砂〜京成金町」
2023.2.24/**

▲種別幕の「普通/ワンマン」はワンマン列車運行時に、行先幕の「京成高砂⇔京成金町」は金町線での運用時にそれぞれ使用される

京成線で2022年11月ダイヤ改正から実施が始まった閑散区間でのワンマン運転。ワンマン運転を行う列車においては車両前面の貫通扉にワンマン札の掲出を行っていたところだが、12月下旬より新たにワンマン運転用の種別・行先表示が登場した。種別幕に「普通/ワンマン」、行先幕に「京成高砂⇔京成金町」の表示がそれぞれ追加され、ワンマン運転に対応した3500形と3600形4両編成で順次使用が開始されている。「普通/ワンマン」表示はワンマン列車運行時に、「京成高砂⇔京成金町」表示は金町線での運用時にそれぞれ使っている。

今回のワンマン運転用の表示の整備は、既存の方向幕を改修することで行われている。前面方向幕と側面方向幕ともに「京成高砂⇔京成金町」については基準位置から数えて25コマ目に、「普通/ワンマン」は同じく9コマ目にそれぞれシールを貼る格好で表示を追加した。この際、既に全てのコマが埋まっていた種別幕への追加となった「普通/ワンマン」は、現在使用していない「(飛)快速」の上から重ねて貼るというパワープレイを展開。このため、よく見ると「(飛)快速」の表示が透けている。これでは特に暗いところで表示が見づらくなりそうな気がするが、この表示を使用するのは主に日中時間帯ということで問題なしという認識だろうか。

D40838.jpg

京成3600形 3668編成
2022.12.17/京成高砂〜柴又

▲ワンマン列車が当初掲出していたワンマン札は使用取り止めに

一方、ワンマン運転開始当初に行われていた前面貫通扉へのワンマン札の掲出は暫定的な扱いだった模様で、ワンマン運転用方向幕の使用開始とともに掲出は取り止められた。ワンマン札を掲出するための吸盤フックも撤去されている。ワンマン札を掲げた3500形と3600形はわずか1〜2ヶ月だけの限定的な姿に終わった。

注:種別幕の飛行機マークを(飛)と表現しました。

関連記事

京成3500形 走り続けて50周年

走り続けて半世紀。京成電鉄における最古参の車両として走る3500形。そんな3500形は2022年12月、めでたくデビュー50周年を迎えた。1972年12月26日に竣工(入籍)した3504編成...

京成3500形 走り続けて50周年
京成線・芝山鉄道線 ワンマン運転始まる

京成線と芝山鉄道線でワンマン運転が始まる。京成電鉄と芝山鉄道では、11月26日ダイヤ改正より両社で初となるワンマン運転を開始した。ワンマン運転を行うのは金町線と千原線、東成田線、芝山鉄道線で...

京成線・芝山鉄道線 ワンマン運転始まる
芝山鉄道3500形 「芝山鉄道線開業20周年記念」ヘッドマーク

祝・芝山鉄道線開業20周年。2022年10月27日に開業20周年を迎えた芝山鉄道は、同社に所属する3500形3540編成にこれを記念するヘッドマークを掲出している。「芝山鉄道線開業20周年記念...

芝山鉄道3500形 「芝山鉄道線開業20周年記念」ヘッドマーク
京成3600形3668編成 デジタルSR無線とワンマン運転に対応

京成3600形に新たな動き。2017年度より列車無線の更新が絶賛進行中の京成電鉄。2021年4月には新しい無線となるデジタルSR無線の運用が始まったところである。今年度末までの新無線への完全移行...

京成3600形3668編成 デジタルSR無線とワンマン運転に対応
京成3500形のワンマン運転対応改造

京成線、ワンマン運転を実施へ。京成電鉄で最古参となっている3500形。まもなく車齢が50年になる車両が出てこようとする中で昨年10月からデジタルSR無線への対応が進められているところだが、ここに...

京成3500形のワンマン運転対応改造

最新記事

京成本線 実籾〜八千代台間の線形改良が完了

京成本線実籾〜八千代台間、実籾カーブの線形改良が完了。京成電鉄が進めている本線実籾〜八千代台間の線形改良工事に大きな動きが生じている。5月19日終電後から翌20日未明にかけて上り線の切り替え工事...

京成本線 実籾〜八千代台間の線形改良が完了
京成線 駅別乗降人員ランキング(2022年度)

2022年度の京成線の駅別乗降人員ランキング! 京成線の全69駅において、どの駅の利用が多いのか少ないのか。京成電鉄が毎年公表しているデータを基に、2022年度の駅別乗降人員をランキング形式で見て...

京成線 駅別乗降人員ランキング(2022年度)
京成電鉄「2023年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

今年も大型連休が終わり、鉄道各社から設備投資計画が発表される季節がやってきた。京成電鉄でも18日に発表があったところなので、これを読んで今後の動きを探ってみよう。2023年度における鉄道事業の...

京成電鉄「2023年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
ちばレインボーバス197号車 リゾートカラーの日野ブルーリボン

リゾートカラーのちばレインボーバスが登場。北総線沿線の印西市に本社を構えるちばレインボーバスは、自社導入の車両のほか、京成バスグループ各社からの経年の移籍車で営業を行っている。同社の移籍車に...

ちばレインボーバス197号車 リゾートカラーの日野ブルーリボン
京成AE形 特別装飾「KENTY SKYLINER(ケンティスカイライナー)」運転(第2期)

お客様がお姫様になっちゃうスカイライナー。第2弾。京成電鉄では、2021年7月より運行を開始したAE形「KENTY SKYLINE(ケンティスカイライナー)」についてリニューアルを実施、2022年...

京成AE形 特別装飾「KENTY SKYLINER(ケンティスカイライナー)」運転(第2期)