KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2023.12.26

京成電鉄、宗吾車両基地の拡張後の姿が明らかになる。

D34114.jpg

京成3000形 3037編成
2020.6.17/京成酒々井〜宗吾参道

▲京成本線京成酒々井〜宗吾参道を行く3000形の快速。京成酒々井第4号踏切で撮影したものだが、宗吾車両基地の拡張後はこの背後に巨大な建築物がそびえる予定

将来的な成田空港の機能強化に伴う空港利用者の需要増加に対応するため、かねてより拡張が行われることが明らかになっている宗吾車両基地。12月22日、その拡張工事についての住民説明会が実施された模様である。酒々井町議会の大石のりこ議員が自身のブログやX(旧Twitter)で明らかしている1)

これまで同基地の拡張については、酒々井町議会などによってやんわりと南側へ拡張されることだけが明らかになっていたが、住民説明会で配布されたとみられる資料には完成時のイメージが掲載されており、宗吾車両基地の拡張後の姿が初めて公になった格好。以下は、その資料を基に拡張後の平面計画を描いてみたものである。

Z00614.jpg

宗吾車両基地の拡張

▲宗吾車両基地拡張のイメージ。敷地は京成本線に沿って南側に拡張される。※完成イメージを基に描画したため、敷地境界は正確ではない
Z00615.jpg

宗吾車両基地の拡張

▲拡張部分の平面計画の概要。水色の部分は高架構造で建設される部分。グレーで表したのは建築物で、中央の巨大建築物は新たな工場を含んだ建物となる

車両基地は現在の敷地の南端より京成本線に沿って南側へ約400mほど拡張され、列車の撮影地として有名な京成酒々井第4号踏切付近まで至る規模となる。現在の車両基地とは高低差のある敷地だが、現在の敷地と一体利用できるように高架方式での建設となる模様。拡張される敷地は大雨で印旛沼の水が氾濫した場合に1m〜3mの浸水が予想されるエリアを含んでいるので2)、高架方式の採用は災害対策も兼ねていると言える。

完成イメージの中で目立つのは、拡張された南側の中央に鎮座するクソデカ建築物。京成は11月14日に公表した四半期報告書3)において車両基地の拡張工事に伴い新工場を建設することを明らかにしていることから、これが新たな工場を含んだ建物になるものとみられる。現在の工場は1982年に竣工したもので、稼働開始から40年が経過している。同基地の拡張は、単に容量を拡大するだけではなく、工場機能の一新を伴った一大プロジェクトだ。

同報告書によれば、工事は今年度より着工し、2029年3月の完成を予定しているとのこと。ただし、これは新工場の完成予定であり、旧工場などの撤去およびその跡地を活用した新たな設備の設置まで含まれているかどうかはわからない。いずれにせよ、2030年代までに在来線で最速となる160km/h運転で成田空港アクセスを担うスカイライナーの運行拠点としてふさわしい車両基地に進化することは間違いないはずだ。

  • 1)住民説明会 - 酒々井町議会議員大石のりこ、2023年12月23日
  • 2)酒々井町ハザードマップ
  • 3)京成電鉄、第181期第2四半期報告書

関連記事

京成線 駅別乗降人員ランキング(2022年度)

2022年度の京成線の駅別乗降人員ランキング! 京成線の全69駅において、どの駅の利用が多いのか少ないのか。京成電鉄が毎年公表しているデータを基に、2022年度の駅別乗降人員をランキング形式で見て...

京成線 駅別乗降人員ランキング(2022年度)
京成電鉄「2023年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

今年も大型連休が終わり、鉄道各社から設備投資計画が発表される季節がやってきた。京成電鉄でも18日に発表があったところなので、これを読んで今後の動きを探ってみよう。2023年度における鉄道事業の...

京成電鉄「2023年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京成線・北総線新鎌ヶ谷駅 スカイライナー停車駅になる

青砥に続いて新鎌ヶ谷もスカイライナー停車駅になる。京成電鉄では、2022年11月ダイヤ改正よりスカイライナーの新鎌ヶ谷停車を開始した。スカイライナー停車駅となった新鎌ヶ谷について、あれこれを...

京成線・北総線新鎌ヶ谷駅 スカイライナー停車駅になる
成田スカイアクセス線10周年 3 - 成田スカイアクセス線の将来を考える

祝・成田スカイアクセス線10周年。7月17日に成田スカイアクセス線は開業10周年を迎えた。これを記念して、過去2回の記事でスカイライナーとアクセス特急について開業からの10年間を振り返ってみた...

成田スカイアクセス線10周年 3 - 成田スカイアクセス線の将来を考える

最新記事

京成電鉄「2024年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

今年も大型連休が終わり、鉄道各社から設備投資計画が発表される季節がやってきた。京成電鉄でも20日に発表があったところなので、これを読んで今後の動きを探ってみよう。2024年度における鉄道事業の...

京成電鉄「2024年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
四直珍列車研究 133 - 平日 1101T

平日1本のみ、都営車の三社局直通特急。平日1101Tは、都営車で運転される特急京成高砂行である。2023年11月ダイヤ改正で登場した列車で、始発駅は三崎口。遠路はるばる三社局を直通する、平日1本...

四直珍列車研究 133 - 平日 1101T
東洋バス路線図 2024年5月1日版

当Webサイトでは、2023年9月の「東洋バス路線図 2023年9月1日版」と題する記事にて東洋バスの路線図を公開していたところであるが、約8ヶ月ぶりに改訂版を発行する。東洋バスでは5月1日に...

東洋バス路線図 2024年5月1日版
京成線 市川真間駅が「市川ママ駅」になる(2024年)

市川真間駅が「市川ママ駅」になる。京成電鉄と京成バスでは、4月下旬より市川真間駅において「市川ママ駅」特別装飾を実施している。駅名の市川真間の読みが「いちかわまま」であることにちなんで母の日に...

京成線 市川真間駅が「市川ママ駅」になる(2024年)
京成線 駅別乗降人員ランキング(2023年度)

2023年度の京成線の駅別乗降人員ランキング! 京成線の全69駅において、どの駅の利用が多いのか少ないのか。京成電鉄が毎年公表しているデータを基に、2023年度の駅別乗降人員をランキング形式で...

京成線 駅別乗降人員ランキング(2023年度)