KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2024.02.15

祝・開業90周年記念。

X86799.jpg

京成上野駅 開業90周年特別装飾
2024.1.11/**

▲2023年12月10日に開業90周年を迎えた京成上野駅では、劇場をモチーフにした特別装飾を実施している
X86838.jpg

京成上野駅 開業90周年特別装飾
2024.1.11/**

▲パンダの街ならではの記念ロゴも

京成電鉄では、2023年12月10日に京成上野駅が開業90周年を迎えたことを記念して、同駅にて特別装飾を行っている。特別装飾は改札外コンコースで実施。正面口やコンコースの柱に施された劇場をモチーフにした装飾は、「芸術の街上野」をイメージしている。天井に配置された昔の京成上野駅やかつての車両などの写真は、まさに劇場のスクリーンに映しだされているかのようだ。

京成上野駅は、1933年12月10日に上野公園駅として開業。当時、下町の押上をターミナルとしていた京成電気軌道にとって、都心に乗入れることは悲願であった。都心への延伸にあたっては、その認可をめぐって東武鉄道と激しい競争が繰り広げられたのは有名な話である。京成としては当初、東京随一の繁華街である浅草を目指していたが、疑獄事件を起こすなどして東武に敗れてしまったことで計画は頓挫。結局、上野からの鉄道敷設免許を取得していた筑波高速度電気鉄道を買収し、これを活用する格好で上野への延伸を果たしたのである。

もし京成が浅草への乗入れを果たしていたら・・・と歴史のifを想像することがあるが、浅草発着のスカイライナーは・・・結果的に上野でよかったのかもしれない。

X86808.jpg

京成上野駅 開業90周年特別装飾
2024.1.11/**

▲正面口の階段天井には過去の写真を展示。これらの写真は合わせて発売された京成上野駅開業90周年記念乗車券にも使用されている
X86841.jpg

京成上野駅 開業90周年特別装飾
2024.1.11/**

▲コンコースの柱にも同様の装飾。スカイライナー運転開始50周年記念装飾と同居している

近年は、広告などで使用されるスカイライナーの成田空港までの所要時間が日暮里からのものになるなど、山手線に直接接続する日暮里の台頭で存在感がやや薄くなってきているが、都心側の始発駅という地位は揺るがない。始発駅という安心感から外国人旅行者(インバウンド)の利用も多く見られる。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で閑古鳥が鳴いていた駅構内ももはや過去のもの、大量のスーツケースで溢れる光景は京成上野の日常となっている。

今やスカイライナーも20分間隔で運転されるようになり、成田空港からの東京の玄関口という地位を確固たるものにしているところである。同駅のますますの発展を祈念して、開業90周年という節目をお祝いしたい。

関連記事

京成線 四ツ木駅の『キャプテン翼』特別装飾をリニューアル

京成押上線四ツ木駅の『キャプテン翼』特別装飾が全面リニューアル。京成電鉄では、葛飾区と集英社の協力の下で実施している押上線四ツ木駅の『キャプテン翼』特別装飾について、2023年11月下旬に全面...

京成線 四ツ木駅の『キャプテン翼』特別装飾をリニューアル
京成線 青砥駅に「人生ゲーム」仕様の駅名標が登場

京成線青砥駅に「人生ゲーム」仕様の駅名標が登場。就職や結婚など人生のさまざまなイベントをテーマにしたボードゲーム「人生ゲーム」。1度はプレイされた方も多いものと思われる。そんな人生の山あり谷あり...

京成線 青砥駅に「人生ゲーム」仕様の駅名標が登場
京成線 江戸川駅に「ハナショウブ」イラスト入り駅名標が登場

京成本線江戸川駅に「ハナショウブ」イラスト入りの駅名標が登場。京成電鉄と江戸川区では、小岩菖蒲園の最寄り駅となる京成本線江戸川駅において「ハナショウブ」のイラストが入った特別デザインの駅名標の...

京成線 江戸川駅に「ハナショウブ」イラスト入り駅名標が登場
京成線 駅別乗降人員ランキング(2022年度)

2022年度の京成線の駅別乗降人員ランキング! 京成線の全69駅において、どの駅の利用が多いのか少ないのか。京成電鉄が毎年公表しているデータを基に、2022年度の駅別乗降人員をランキング形式で見て...

京成線 駅別乗降人員ランキング(2022年度)
京成線 柴又駅『男はつらいよ』特別装飾をリニューアル

京成線柴又駅の『男はつらいよ』特別装飾がパワーアップ。京成金町線柴又駅。映画『男はつらいよ』シリーズのロケ地にもなった柴又駅は、柴又帝釈天への最寄り駅として観光客で賑わいを見せている。そんな同駅...

京成線 柴又駅『男はつらいよ』特別装飾をリニューアル

最新記事

北総7300形 臨時特急「ほくそう春まつり号」運転(2024年)

今年も春がやってきた。4月21日、北総鉄道が主催する「ほくそう春まつり」の開催に合わせて臨時特急「ほくそう春まつり号」が運転された。昨年、八千代台始発として5年ぶりに運転された当列車だが、今年は...

北総7300形 臨時特急「ほくそう春まつり号」運転(2024年)
千葉シーサイドバス路線図 2024年4月1日版

当Webサイトでは、2023年3月の「千葉シーサイドバス路線図 2023年3月1日版」と題する記事にて千葉シーサイドバスの路線図を公開していたところであるが、約1年ぶりに改訂版を発行する。千葉...

千葉シーサイドバス路線図 2024年4月1日版
京成グループ 車両の動き(2023年度)

京成グループにおける2023年度の車両の動きをまとめてみよう。まずは京成。ここ数年は列車無線のデジタル化に伴う予備車の存在や2度にわたる脱線事故の影響などでイレギュラーな車両の動きが続いていたが...

京成グループ 車両の動き(2023年度)
北総7500形 「北総1期線開業45周年記念」ヘッドマーク

北総線開業45周年記念。北総鉄道では、3月上旬より7500形おいて「北総1期線開業45周年記念」ヘッドマークの掲出を行っている。表題のとおり北総1期線(新鎌ヶ谷〜小室)の開業45周年を記念した...

北総7500形 「北総1期線開業45周年記念」ヘッドマーク
タイ国鉄 フアランポーン駅の現在

クルンテープ・アピワット中央駅に続いて、かつての中央駅、フワランポーン駅も訪ねてみた。2023年1月にバンコクの中央駅の地位をクルンテープ・アピワット中央駅に譲ったフアランポーン駅。中央駅の移転...

タイ国鉄 フアランポーン駅の現在