KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2019.10.23

新京成バスの分社化から15年。松戸新京成バスでは、昨年12月よりこれを記念した特別塗装の車両を走らせている。

X75914.jpg

松戸新京成バス 3307号車
2019.9.22/紙敷車庫

▲電車と同じジェントルピンクが採用された特別塗装の3307号車。電車の中でもとりわけ8800形をモチーフにしているらしく、屋根肩から上の部分に塗られたグレーによって電車らしさを出している
X75921.jpg

松戸新京成バス 3307号車
2019.9.22/紙敷車庫

▲うしろ側

2018年10月1日に創立15周年を迎えた松戸新京成バスでは、同年12月よりこれを記念した特別塗装車両を走らせている。特別塗装となっているのは紙敷車庫に所属する3306号車と3307号車の2台(いずれもいすゞエルガ2DG-LV290N2)。3306号車は松戸市の花である「つつじ」のイラストをあしらったもの、3307号車は新京成電車のジェントルピンクをイメージしたものがそれぞれ採用されており、両者で異なるデザインとなっている。

松戸新京成バスの従来のパープルカラーがベースとなっている3306号車に対し、見た目そのものが新京成電車のイメージとなっている3307号車の存在感は抜群だ。ジェントルピンクのツートンカラーはもとより電車のための塗装だが、バスにもよく似合っている。バス各社オリジナルのカラーもよいけれど、全部これにしちゃってもいいんじゃないの、と思ってしまう。

3307号車には車体3ヶ所に創立15周年のロゴが貼付されているが、これは1年間限定のデコレーション。まもなく剥がされてる予定となっている。新京成バスには車両番号で車両の位置を特定できる「Bus-Vision」という優れたバスロケーションシステムを持っているので、特別塗装車両を容易に捕まえることが可能となっている。

関連記事

京成バスE504号車 カモメカラーの日野ポンチョ

カモメカラーの京成バスが東京都内を走る。​​京成バスE504号車は、江戸川営業所に所属する日野ポンチョ(SDG-HX9JLBE、2012年式)である。同営業所が担当する臨海病院線「りんかい...

京成バスE504号車 カモメカラーの日野ポンチョ
京成バス0101・0102・0103号車 ピンク色の貸切車

路線バスから高速バスまでさまざまな車両を保有する京成バス。今回もその中から珍しい車両をご紹介しよう。0101号車、0102号車、0103号車は習志野出張所に所属する貸切用の車両である...

京成バス0101・0102・0103号車 ピンク色の貸切車
ちばレインボーバス308号車 ちばグリーンバスカラーのエルガミオ

ちばグリーンバスだと思ったでしょう? ちばレインボーバスだよー。ちばレインボーバス308号車は、2003年式のいすゞエルガミオ(KK-LR233J1)である。最大の特徴は見ての通りちばグリーンバス...

ちばレインボーバス308号車 ちばグリーンバスカラーのエルガミオ
千葉内陸バス1205号車 トミーテック×千葉内陸バス記念号

千葉内陸バスとトミーテックのコラボレーションが実現。千葉内陸バス1205号車は、2017年12月に導入された日野ブルーリボンハイブリッド(2SG-HL2ANBP)である。同社では初となる...

千葉内陸バス1205号車 トミーテック×千葉内陸バス記念号
ちばシティバスC207号車 いすゞエルガQKG-LV290Q1

ちばシティバスC207号車は、2016年2月に導入された車両である(いすゞQKG-LV290Q1)。2000年1月に京成バス千葉営業所新宿車庫の分社化により営業を開始したちばシティバス。千葉県の...

ちばシティバスC207号車 いすゞエルガQKG-LV290Q1

最新記事

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化
京急600形 大師線を走る

京急大師線の新たな日常風景。京急電鉄では2020年度よりL/C座席を装備した新型車両1000形1890番台を導入し、1500形4両編成を置き換えているところである。1500形はこれまでに...

京急600形 大師線を走る

京成バス周年記念