Sound

サウンド

仙台市交通局1000N系電機子チョッパ制御車として製造された仙台市の1000系ですが、2004年度より年1~3編成のペースで更新工事が実施されました。この工事は車内外のあらゆる箇所に対する大規模なもので、制御装置のVVVFインバータ化や冷房装置の新設、車いすスペースの新設、ドア上に案内LEDの新設など、内容は多岐にわたっています。VVVFインバータは三菱電機製のものが採用されました。更新工事が行なわれた車両は形式名称が1000系から1000N系となっていますが、各車両の番号自体に変更はありません。全21編成に対する更新工事は2013年度をもって完了しており、仙台市交通局から電機子チョッパの制御装置は消滅してしまいました。


仙台市交通局1000系1219 長町→長町一丁目

仙台市交通局1000系1219 勾当台公園→北四番丁

VVVFインバータは三菱電機製の2レベルIGBTで、E233系や京急1500形と似たような変調パターンの磁励音を聞くことができます。車内で納税の啓蒙放送を流すあたり、公営交通らしいですね。また、ホームにBGMが流れているのも仙台市交通局の特徴だと思います。

仙台市交通局1000系1219 台原→旭ヶ丘

現在では全駅への設置が完了しているホームゲートですが、収録当時は富沢駅から愛宕橋駅までとなっていました。一番上の音声ファイルでは聞こえるホームゲートのチャイムが下2つでは聞こえません。

関連項目

【三菱電機 IGBT-VVVF】 Update 2011.01.12 / Release 2011.01.12
タグ:仙台市交通局